FC2ブログ

バリのライスワイン「ブルムバリ」(2014年8月)

rice wine08/08/14
こんにちは。今日もこの8月のバリ島滞在のことを書きます。
滞在8日目、午後からのレッスンで師匠宅に行くと、
冷蔵庫から冷えたビン入りの飲み物を出してきてくれました。
「ブルム」というバリのライスワインです。
黒もち米を発酵させたお酒で、グラスに注ぐと、赤ワインより紫がかった色です。
味はワインより甘く、酸味もあり、「ポートワインに似ている」とも言われます。
つまりとても美味しいのですが、実はビールより安く、
地元の人も時々楽しむ、お手頃なアルコール飲料なのです。
アルコール度数は約5%ですから、ビールと同じくらいです。
「ブルムバリ」は、バリの老舗メーカー「デウィスリ」の商品名で、
200ml入りのこの小瓶は、スーパーやコンビニでも手に入ります。

可愛い女性の顔マークは、稲の女神「デウィスリ」をかたどったロゴです。
rice wine2-08/08/14
デウィスリ社は、小さな家内工場から始まり、3代続いて、
今ではブルムの代表的メーカーに成長した会社です。
お手軽な飲み物の割に生産工程は複雑で、2段階の発酵をするため、
ボトルに詰める前に8ヶ月もの発酵期間が必要だそうです。
甘味料、保存料、添加物も一切使用していないとのことです。
そのまま飲むほか、ジュースと混ぜてカクテルなどにしても美味しいです。
地元では、寝る前にライムジュースと生卵を混ぜて、
一種の健康飲料として飲むこともよくあるそうです。

上の写真の「ブルムバリ」はメーカーの商品ですが、
「ブルム」はもち米に麹をまぶして発酵させた「どぶろく」のような形で、
もう少し簡単に、家庭でも作ることがあります。
それを瓶に入れておき、家でちびちび飲むのです。
酒造法の関係で、自家製のお酒を自由に作れない日本に比べ、
おおらかでいいなあと思います。

また「ブルム」の作りかけを、お菓子としてお供えにし、食べることもあります。
そのお菓子は「タベ」といい、それを絞ると「ブルム」になるのです。
つまり「タベ」は、お酒を絞る前の酒粕みたいなもので、
アルコールの香りがぷんぷんして、発酵の甘味がなかなか美味しいです。
「タベ」は以前一度だけ、師匠宅でお母様が作ったのをいただきました。

バリ産のお酒は他に、ココヤシやロンタルヤシの実から作る蒸留酒もあり、
そちらは「アラック」と呼ばれます。
日本同様、お酒は、儀式の時大地を浄めるのに使うこともあるそうです。

お茶請け、というかおつまみには、とうもろこしのスナックをいただきました。
snack1-08/08/14
ポップコーンというよりは揚げた豆菓子のような感じです。
原材料はとうもろこし、塩、にんにく、植物油、とあります。
バリ料理にもにんにくはよく使われますが、お菓子もにんにく味をよく見かけます。
カリッとしたスナックは、もちろん「ブルムバリ」によく合いました。

この後おやつに、お麩菓子のようなスナックもいただきました。
snack2-08/08/14
これも名前はわからないのですが、表面はごまたっぷり、
中はまさにさくさくの麩菓子、という感じでした。

もう1つ、これはココナツが入った生地のお菓子です。
snack3-08/08/14
味はほんのり甘く美味しいのですが、意外に固くてなかなか噛み切れず、
1つ食べるのに時間がかかりました。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

※「ブルムバリ」とデウィスリ社については、日本の輸入代理店サイトの
 記載を参考にしました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

このライスワイン珍し〜!
ビンタンビールのほかに、こういうお酒もあるんですね。
さすが吞ん兵衛里花さん(確定済)、発掘してきますね〜。
無添加というのがいいですね。甘いお酒は苦手ですが、これは飲んでみたいわ☆

麩菓子のようなスナック、これってお米を炒ってはじかせたものじゃないですか?
沖縄に「はちゃぐみ」というお菓子があるのですが
それはたぶん、これを溶かした黒糖で丸く固めたものですよ。
子どもの頃好きだったな〜。バリでは固めないのかな〜。

こんにちは

ライスワインなんていうものがあるんですね(^◇^)
輸入代理店サイトで見れるという事は、日本に入っているんですよね。
何処で売っているのでしょう?
カルディなどで売っていそうですが…
今度、プチ都会の静岡に行ったら、ちょっと探してみようかしら。

ブルム

わ~、これまた珍しいですね。
ライスワインとは初めて聞きました。
興味津々、日本で買えないかしら~。
「ブルム」の作りかけがお菓子になるなんて
これまた面白いですね。
本当にバリの文化が楽しく
読ませてもらっています。

No title

ライスワイン?
これはおもしろいですねー!
生まれて初めて聞きました。

もち米で作って、色がコーラみたいな感じは
紹興酒を思い出しますねー。
呑んでみたいですー。

No title

はじめまして(*^。^*)

ブルムは私も大好きです!ちょっとクセがありますが好きな人にはたまらない味でしょうね~。

今ちょうど我が家の冷蔵庫に前回に持ち帰ったブルムが出番を待ってるんですよ(*^。^*)

アラックはこれまた持ち帰ってちびちび飲んでますが、タペはまだ未体験なんです!

いつか食べてみたいな~!

知らなかったことをいろいろ教えてもらえそうなステキなブログですね!

さかのぼって読ませていただきますね!

これからもどうぞよろしくお願いします<m(__)m>

☆さとちんさんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

ライスワインは、ライスとはいえ米っぽい感じはあまりなく、
なかなか飲みやすいですよ♪
ふふふ、私、お酒はとても好きなんですが、あまり強くないので、
アルコール度数の低いお酒だと安心して飲めます!

沖縄の「はちゃぐみ」は知らなかったなあ!
でもそっちも美味しそうだわ〜。
このごまごまのは、中身は何だかよくわからないけど、
何かふくらませたようなさくさくのお菓子でした。
バリならヤシ砂糖で固めたのがありそうですね。

☆カミさんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

ライスワインといっても、これはお米っぽくなくて、
甘過ぎないジュースみたいで美味しかったです♪
輸入したものは、通販で販売しているみたいでした。
でも古い日付のサイトだったので、今もあるかわからないのです。
今は、アジア料理のお店で出してるところはあるみたいです♪

☆ゆずさんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

「ライスワイン」といっても、これはあまりお米っぽくなく、
甘酸っぱくて飲みやすかったです♪
輸入代理店では通販で売ってたみたいですが、
古い日付のサイトだったので、今あるかはわからないんです。
アジア料理のお店で出してるところはあるみたい。
家庭で作る作りかけのもの、不思議な感じでした〜。
発酵したお米そのもので、つぶつぶの甘酒みたいな、
できかけの日本酒みたいな、そんな味でした(でも美味しかった!)

☆つかりこさんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

紹興酒かあ!たしかに、もち米が原料なので、
ちょっと似た感じはあるかもです。
でもブルムはアルコール度数が低いので、気軽に飲めます。
(これも熟成させてアルコール度数を上げることもあるようです)
瓶入りの「ブルムバリ」は、意外に米っぽさはなくて、
ほどよい甘酸っぱさで飲みやすかったです。
家庭で作るできかけのお菓子は、かなり日本酒っぽい香りぷんぷんだったので、
自家製だともっとお米っぽい、お酒っぽい感じになるかもです。

☆お気楽妻さんに♪こんにちは

はじめまして〜!訪問&コメントありがとうございます♪

おっさすがですね!ちゃんと冷蔵庫にスタンバイ中とは(笑)。
ブルム、私も最初おそるおそる飲んでみましたが、
意外に飲みやすいのですぐ気に入っちゃいました。
アラックもですか〜。お気楽妻さん、いける口ですね!

「タベ」は私も知らずに師匠宅で出してもらって食べたのですが、
「うわ〜このお酒っぽいものは何?」という感じでした。
発酵したお米そのものというか、甘酒のできかけみたいな、
絞る前の日本酒みたいな、これ食べたら酔っぱらうねって感じでした。
でも私日本酒も好きなんで、美味しかったんですよ〜。
お気楽妻さんも、お友達がいっぱいいらっしゃるから、
きっとどこかで機会があることと思います!

私もお気楽妻さんのブログで、知らないこといっぱい教わってます。
朝食の持ち込みとか(笑)←これやってみたい〜。
早速リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いしますね♪


No title

へ〜〜〜。

バリにハウスワインがあるんですね!!

それは飲みたかった!!!

☆Akiyoさんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

これは、ビールと違ってゆっくり飲むといい感じです。
ポートワインを軽くして、ちょっと酸味があるような味です。
ぜひ次回にお試しあれ!!

No title

こんにちは♪
ライスワインですか
初めてですわぁ~
ワインといえば、定番はぶどうからですが
いろいろあるのですね
う~ん ちょっと味見してみたい(笑)
あら~家でも作れるのですね
そうそう日本では自家製のお酒って作れないのに
いいですよね~

☆sheep☆さんに♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

そうそう、「ワイン」といってももち米原料の醸造酒なので、
日本酒の親戚みたいなもんかな〜と思いました。
「日本でも、お米からお酒を造るんだよ〜」と話したら、
「そうか、同じだな〜」と、師匠も嬉しそうでした。
これは市販品ですが、家でも普通に造るみたいで、
うらやましい話ですよね。
写真のボトルのは、ほどよく甘酸っぱい感じの味で、
きっとsheep☆さんならいけると思いますわ(笑)。
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。