非日常のリゾートを見物<2017年8月>

sore1-15/08/17
今朝も爽やかに晴れたバリ島から、こんにちは。
昨日の夕方は、ジンバランエリアのアヤナリゾートというホテルを
見物に行きました。
空間も”非日常”ならお値段も非日常、私たちが泊まることはまずないと思うけど、
どんなところかな〜という、本当にただの見物でした。
部屋を見ていないので、お勧めかどうかはわかりませんが、
せっかくなので歩いて見たところを紹介します。
ロビーを抜けると、視線の先にはインド洋の海が広がります。
ちなみに、ロビーに入る前には荷物チェックがありますが、これがなかなか厳しいです。
私はショルダーバッグなのでOKでしたが、夫はデイパックだったため、
中身はほとんど空(財布程度)にも関わらず、預けてくださいと言われました。
そこで夫は財布をポケットに入れ、ほぼ空のデイパックをそこで預けました。
ちなみに、アヤナリゾートのオフィシャルサイトには、
リゾート内に飲食物持ち込み禁止と書いてあります。
ということは、外でビールを買ってきて部屋で飲むのもダメなんでしょうね。
セキュリティがきついのは安心ですが、ちょっと窮屈かも〜と思いました。

ずんずんと階段を降りて、振り返るとロビーの建物はこんな感じです。
sor2-15/08/17
いかにも非日常、リゾートらしい感じがいっぱいです。
以前お茶だけしたことがある、ヌサドゥアエリアのグランドハイアットに
すごーく感じが似ているな、と思いました。

さらに進んでいくと、海に溶け込むようなプールがあります。
sore3-15/08/17
こういうのを”インフィニティプール”と言うんだそうです。
バリ島のリゾートにはあちこちにこの”インフィニティプール”がありますが、
私たちはそういうリゾートには泊まってなくて、体験はしてません。
でも海をバックにしたプールは、絵になりますよね。
ここは日本人ゲストが多い、と以前在住していた友人に聞いたのですが、
見た感じでは、今は某国人ゲストの方が圧倒的に多そうでした。
みんなおしゃれしてドレスやハイヒールの方もいるので、
普段着に古いサンダルの私はちょっと場違い感がありました。

さらに先の階段を海に向かって降りていくと、海辺のプールが見えました。
sore4-15/08/17
おお!これがよくパンフレットなどで見かけるあのプールか!と思いました。
そして、想像以上に打ち寄せる波が荒くてびっくりです。
見応えはあるけど、ちょっと怖いなあと思いました。

階段を挟んで反対側には、眺めのいいテーブル席が並びます。
(前を行く男性は知らない人です)
ここでサンセットを眺めたら気持ち良いでしょうね。
sore5-15/08/17
奥に見える桟橋の上にも、テーブルがセットされていました。
1卓だけなので、ロマンティックディナーか何かでしょうか。
素敵・・・というより、砕ける波の迫力がありすぎて、やっぱり怖いですね。

海岸に降りる階段は、危険なせいか通行止になっていて、
そのギリギリからプール側を見た写真です。
sore6-15/08/17
こんなところで優雅にプールに浮いてみたら、それはそれで気持ち良いでしょうね。
このリゾート内にいる限り、安心してひたすら非日常が楽しめそうです。

ちなみに、ロビーのエントランス近くでは、男性と女性の2人で、
リンディック(竹のガムラン)の生演奏をしていました。
生演奏があると、一層非日常のリゾートらしさがありますよね。
以前は、ホテルロビーのガムラン演奏は男性しか見ませんでしたが、
最近は女性も演奏しているところがあります。
ガムランの中でもリンディックは、竹のポクポク、という音で、
青銅製のグンデルワヤンなどとはまた違う、のんびりできる味わいがあります。
私は日本でも、家で朝食を食べながらよくリンディックのCDを聴いています。

さて、今朝も日の出頃の空はとてもきれいでした。
pagi1-16/08/17
オレンジ色に染まる雲の模様は毎朝違うので、いつも新鮮な風景です。

浜辺のワルンでコピを飲むと、近くで高校生くらいの子たちが、
何やら練習をしていてにぎやかでした。
pagi2-16/08/17
2人組で、お腹に風船を挟んで、歩いたり踊ったりしてるんですが、
うまくいかないときゃあきゃあ笑って、楽しそうです。
明日が独立記念日なので、何かイベントの練習かもしれません。

今日も午後からレッスンに行ってきます!
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

アヤナリゾートは、有名なホテルですから、名前だけは知っています。
こんな崖の場所に立っていたんですね。
ビックリです。
こういう場所もあるのですね。
里花さまのブログでは、こんなに波の荒い海岸って見たことなかったので、バリではどこも穏やかな海岸のような気がしていたのですが。
でも、わたしはいつも里花さまのブログで見かけるような海のほうが好きですよ。
穏やかで優しいバリの人たちのような海ですものね。

No title

わぁ、すごいですね〜。
ホント非日常感涌きますね〜。
お部屋はどんな感じなのかしら?
と思って、ジンバランエリアのアヤナリゾート、
気になってネットで見てひっくり返りそうになりました。
ヤバイです。どこのお姫様、はたまた社長さんが泊るのでしょう(汗
かつては日本人のお客さん多かったんですか? 今や大陸の方々かしら?
なんなんでしょうねぇ〜。いろんな溜め息出ちゃうわ〜。

No title

非日常の空間に憧れます。
今は仕事もリタイアしましたが、
現役だったらきっと行ってたかも。
素敵な場所ですね。

No title

お早うございます!

アヤナは裏道を使うと、うちから車で10分程度の場所にあります。
けれども、日本から来る友人が宿泊をしない限り、私は行くことは無いんだろうな~!距離的にはすっごく近くにあるけれども、立ち入ることのない遠い場所(世界)だな~と思います(^_^;)

とても素敵なプールや景色・・・バリにあるものの、少し場所が違うと非日常の世界があって、とっても不思議な感覚になります!非日常の世界があるのも、旅行者にとってはバリの魅力の1つだなと思います(*'▽')

No title

ジンバランのホテルは違いますね
セキュリティも厳しいんですね
海に続くようなプール素敵です 泳いだらどんな感じでしょう
日本にはないですね〜
二つめのプールもいいです
打ち寄せる波が激しいんですね


⭐️カミさんさま♪こんにちは

私も、ここは雑誌などで知ってはいたけれど、実際に行ってみて、
この断崖や海の感じが、何となく伊豆半島みたい、なんて思いました。
ここは元リッツ・カールトンだったところで、施設はそのまま生かしているようです。
(ちなみに現在は別の場所にリッツ・カールトンがあります)
実はバリ島全体では、穏やかな海岸は意外と少ないようで、
港に適した場所なども少ないと、本で読んだことがあります。
また、穏やかな海辺には既存のリゾートがたくさんあるので、
断崖絶壁の地域に新しいホテルがどんどんできているようです。
海を望む眺めも絶景!ではあるのですが、波の荒さと迫力にびっくりで、
私も個人的には穏やかな海の方が好きだな〜と思いました。
ほんと、海の雰囲気で全く印象が違いますよね!


⭐️さとちんさま♪こんにちは

お、ネットでも見てくださったんですね。
ほんと、ここは素敵すぎて私には落ち着かないほど非日常でした。
ここは元リッツ・カールトンで、その頃からこんな感じだったようです。
(今はヌサドゥアエリアに新しくリッツ・カールトンができてます)
高級感あふれ、海が一望できる、これはもう某国人大好きですね!
日本人スタッフもいるので(会ったことないけど)、
日本人にとっても泊まりやすいホテルの一つだと思います。
旅行会社のツアーでオフシーズンに来れば、多少手が届く料金かな?
とは思います。(でも私には無理〜。)

⭐️太巻きおばばさま♪こんにちは

ここは思いっきり非日常の空間で、私には素敵すぎました。
2〜3日のんびりここで過ごしたら、日常を全て忘れてしまえそうですね。
ここに泊まったら、外へ観光に行くのはもったいないくらいです。
この贅沢な空間を存分に味わう、そんな滞在が向いていそうです。

⭐️シロブチさま♪こんにちは

おお、やっぱりお近くだったんですね!
ここは本当に素敵すぎてあまりにも非日常で、帰り道、
道すがらのワルンを見て、ああここにも生活がある〜なんて
ちょっとホッとしたりしてました。
素朴な日常の風景と、ゴージャスな非日常、そんなギャップも、
バリの魅力の一つかもしれませんね!
思えば日本では、高級ホテルや旅館でもここまで非日常ってそうないかもですね。
こんな景色もあるんだな〜と面白い見物になった一日でした。

⭐️ハワイアイランドさま♪こんにちは

はい、カバンの中身チェックは他のホテルでも以前あったけど、
預けないといけない、というのは初めてでびっくりしました。
大きさというより、リュックタイプがダメみたいです。
で、ビール買って持ち込もうとしても、ここでチェックされたら
アウトなのかな〜と思いました。
私には素敵すぎて落ち着かないけど、ここなら完全な非日常を、
安心して楽しめるのでしょうね!
プールに入ったら、ずっとぼーっとしていたくなりそうですね。
打ち寄せる波の荒さにはびっくりしました!
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。