FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国内旅行編>日本の空の旅④東北上空<2017年7月>

touhoku1-07/2017
こんにちは。7月上旬の国内旅行編、北海道のことを書いていましたが、
今日はその旅の帰り、機内から見えた東北地方の景色のことを書きます。
新千歳空港から飛行機に乗る頃には日が沈んでいたのですが、
離陸して高度を上げていくと、また雲の上に夕日が見えてきました。
津軽海峡を越え、青森県の上を飛んでいます。
大きな湖が見えました。

十和田湖です。
touhoku2-07/2017
行ったことはないけど、いつか行ってみたい場所の一つです。
奥入瀬渓流を散歩して、十和田湖畔でのんびりしてみたいな〜と思っています。

いつか行きたい土地が、夢のように夕日に包まれていきます。
touhoku3-07/2017
はるか奥には、日本海も見えています。

やがて、岩手山が見えてきました。
雲のかかった辺りが岩手山です。
奥には秋田県の男鹿半島が見えています。
touhoku4-07/2017
岩手山は、初めてテント泊で登山した思い出の山でもあります。
緊張と疲れと寝不足で、標高はそれほど高くないのに高山病っぽくなりましたが、
山小屋より自由な感じがいいなあと、テント泊も好きになりました。
下山時は雨で、レインウェアもビショビショのドロドロになり、
麓の松川温泉に入って生き返ったのを思い出します。
下山した晩は、自然公園の東屋でテントや濡れた靴を乾かしながら野宿し、
翌朝爽やかな高原の風で目覚めた時は、素晴らしい気分でした。
それ以来数年間、テント泊登山にはまってあちこちに登っていました。

やがて、秋田県の田沢湖が見えてきました。
touhoku5-07/2017
田沢湖は湖畔を車で通りかかってちらりと見たことはあるけど、
いつかまたゆっくり訪ねて眺めてみたいです。

この後は日が暮れて、景色は見えなくなり、写真を撮るのもおしまいにしました。
東京→石垣→那覇→新千歳、そしてニセコに泊まって東京に戻った旅でしたが、
空からの眺めがこんなに楽しめると思っていなかったので、感激でした。
見える景色の中に、かつて訪ねた場所があって忘れていた思い出が蘇ったり、
いつか行きたいんだよな!と思っていた場所があったり、ワクワクし通しでした。

さて、7月上旬の国内旅行編はこれでおしまいにします。
明日からまたバリ島編です。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

里花りんさま こんにちは

飛行機から見る夕景色はとても綺麗ですね。

十和田湖や田沢湖が綺麗に映っていますね。

こんにちは

旅の最後は、飛行機から見る夕陽だったんですね。
素晴らしい夕陽と景色ですね。
なんて素敵な1泊2日。
こんなに濃い1泊2日って、なかなかないと思います。

No title

機上からの夕日や朝日を見るのが大好きです。
下に広がる景色で行きたい場所に
夢を抱くのって素敵だと思います。

No title

やー、すっごい飛行機旅(エア旅?)でしたねー!!
旅慣れない僕には、石垣島と那覇はもったいない気が。
とっても、ぜいたく!
でも、おかげさまで飛行機から観る日本列島、楽しめました。
ホントに地図と同じカタチをしているんだ、
って確かめられますよね。(笑)
おっしゃる通り、十和田湖や奥入瀬渓流など、
行ったことのあるところの思い出も蘇り、
晴れていれば、エア旅って新しい旅のやり方かも、って思いました。
僕は、隅田川の花火大会を
飛行機で空の上から観たことがありますよ(2度)。

今の時期の北海道は、花盛りですねー。
知らない植物ばかりでびっくりです。

ご案内ありがとうございました。

⭐️花さか爺サンさま♪こんにちは

地上ではもう沈んだ夕日が、飛行機で上空に出たらまた見えて、
しばらくの間、美しい夕景色が楽しめました。
十和田湖、田沢湖は、上空からもよくわかって感激でした。
空から景色を眺めると、新鮮でいいものだな〜と思います。

⭐️カミさんさま♪こんにちは

はい、地上ではもう夕日が沈んでいたので、空の景色は夜景かと思ったら、
雲の上に出たらもう一度夕日が見えて、忘れがたい美しい風景でした。
旅の終わりを締めくくるのにぴったりだ〜とまた感激。
本当に濃い旅となりました!

⭐️太巻きおばばさま♪こんにちは

機上からの夕日や朝日は、とっておきの景色ですよね。
下に広がる景色が、頭の中で地図と一致すると、
まだ行ったことがない土地なら、わあ〜行ってみたい!とワクワクします。
空からの景色、飛行機旅のご馳走の一つですね。

No title

素敵な空の旅でしたね〜。
いやー、里花さんがそんなに登山家だったとは知りませんでした。
山へ海へほんとにアクティブにお過ごしだったんですね☆
私も若い時にそういう経験しておけばよかったな〜。

⭐️つかりこさま♪こんにちは

”エア旅”この言い方、いいですね!(今度使わせてもらいます)
私も最初、すごーく無駄な旅だよなあ、と思ったんですが、
晴れたおかげでこんなに景色が楽しめて、これならアリだな、と思えました。
日本列島を飛行機から眺め、本当に地図と同じだ〜というのは感激です。
そして、一日で移動したおかげで、日本列島の長さも体感できました。
地上から見たことのある懐かしい景色、そしてまだ地上から見たことない景色、
それぞれに思いがけないほど心が踊り、楽しい旅でした。

花火を空の上から見る!しかも隅田川の花火大会のような大きな大会だと
見応えもあって面白そうですね〜。
こう考えると、いろんなエア旅ができそうですね!

北海道、こんなに行っていながら、学生時代や若い頃も含めて、
実は7月だけはまだ未体験だったんです!
(ハイシーズンでいつも高いことが多いので・・・今回は意外に安く取れた)
7月ってこんなにお花が咲いて綺麗なんだ〜とこれも感激でした。
そうそう、真狩の辺りも畑が青々としてて、
道の駅とかも野菜がいっぱいありましたよ。
夏の北海道もいいですねえ♪



⭐️さとちんさま♪こんにちは

晴れたおかげで日本列島がバッチリ見えたので、
予想以上に楽しい空の旅となりました。
(やっぱりこれは、晴れ女の面目躍如かしら?)
そうそう、若い時には本当に山も好きで、あちこち登りました。
かつて登った山が見えると懐かしい〜のですが、
最近は登山をしてないので、また登りたい!と心踊ります。
テント泊は荷物が重いのでちょっと大変なんですが、年は年なりに、
若い頃とはまた違うのんびり登山をするのもいいな〜なんて思ってます。
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。