《北海道編》2日目③森林公園<2017年5月>

sinirnkouen5-13/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
2日目の土曜日午後、森林公園を散歩しました。
曇り空でフリースを着ても寒いほどでしたが、水辺にはぽわぽわと、
エゾノバッコヤナギの雄花が可愛く目立ちました。
※普通のバッコヤナギ(ヤマネコヤナギ)もよく似ていて見分けがつかないんですが、
とりあえず北海道なのでエゾノバッコヤナギ、ということにしてます。
”キツネヤナギ”というのも似てるんですが、バッコヤナギ(エゾノバッコヤナギ)だと、
新芽の葉が外側に巻くのだそうです。
写真で見ると、確かに新芽の葉のふちが、微妙に外側に巻いています。

エゾノバッコヤナギは雄木と雌木があることも、調べて後で知りました。
花の雰囲気が違うこちらは雌花、つまり雌木ということになります。
sinrinkouen8-13/05/17
受粉すると子房が大きくなり、また違った感じに見えるようです。

雌花はうぶ毛のような短い毛に覆われて、何となくふわっと白っぽく見えます。
sinrinkouen6-13/05/17
雄花と雌花が咲いて、まだ寒い水辺のヤナギにも春が来ています。

足元の枯れ草に、おや?と思う不思議な塊がありました。
カエルの卵でした。
sinrinkouen7-13/05/17
きっと、産卵した時はここもまだ雪解けの水たまりだったのでしょう。
周りの雪がとけ、水が引いてしまって、このままで大丈夫かな?と思いました。

枯れ枝の中に、散りかけの黄色い花が見えました。
sinrinkouen8-13/05/17
この特徴ある葉、たぶんフクジュソウと思います。
花が散ったところには、実ができかけていました。

今回、あちこちでちょうど桜が咲いていたのですが、森林公園でも、
エゾノヤマザクラが花盛りでした。
sinrinkouen1-13/05/17
まだ寒い曇り空の下でも、健気に精一杯開いていました。

桜の花と淡い新緑の向こうには、ニセコアンヌプリ山の山肌が
ちらりと見えています。
sinrinkouen2-13/05/17
まだ雪が残る山は、ほとんど雲に隠れていました。

この辺りは豪雪地帯で、10月末から5月初めくらいまで、すっぽり雪に覆われます。
木々の枝や幹も、雪の重みで折れたり、曲がってまた伸びたりしています。
sinrinkouen3-13/05/17
この桜の木も、ぐにゃっと曲がってまたそこから伸び上がり、
見事に花を咲かせているので、すごいなと思いました。

冷えた体を温めに、散歩の後コーヒーを飲みに行きました。
cake13/05/17
コーヒーも豆の種類で風味が違いますが、私は割と酸味があるのが好きです。
自家焙煎のコーヒーが何種類もあって選べるこの店で、
酸味があるタイプを選んだら、ガトーショコラにもよく合いました。

夕方遅くにまた温泉に行くと、ちょうど宿泊客の食事時間だったせいか、
浴場は空いていて、のんびり入ることができました。
戻ってきて、お待ちかねのサッポロクラシックビールと夕食です。
サラダやジンギスカンの他、”季節野菜の天ぷら”を頼んでみました。
tempura13/05/17
嬉しいことに山菜がいくつか入ってました。
山うど、こごみ、たらの芽、ふきのとう、それに行者にんにく、
ほろ苦い味と山の香りが、ビールによく合って最高でした。

明日は3日目、ニセコから帰る日のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※植物については、次の本とサイトを参考にしています。
   本:「新版 北海道の樹」辻井達一、梅沢俊、佐藤孝夫著 北海道大学図書刊行会
   サイト:秋田県の植物図鑑サイトより「ヤナギ楕円形葉《ヤナギ科》」
          http://mrkoma.fc2web.com/Gyanagioval.htm
      「木のぬくもり・森のぬくもり」より「ヤマネコヤナギ」
          http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-yamanekoyanagi.htm
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは~♪

沖縄から北海道!
行動力の里花さん♪すてきです~。

同じ日本なのに、まるで空気が違ってみえます。
植物も違うし、おもしろいですね。

No title

北の地にも春の息吹を感じます。
蛙の卵、大量ですね。
一匹だけの卵なのでしょうか・・・

ヤナギに雄、雌があるのは知りませんでした。

No title

おや?文章が以前のようになっていますね。
親父はこの方が読みやすいです(笑)
良いですねぇ!山菜の天ぷら、あのほろ苦さを思い出しました。
10年口にしていません。

⭐️ゆずさま♪こんにちは

沖縄と北海道、同じ日本でも気候も植物も全然違いますね!
近い時期に続けて訪れたので、違いをいっそう感じて
面白かったです。
暑い〜から寒い〜へ行って、体がついていくのが
ちょっと大変でした(笑)。

⭐️太巻きおばばさま♪こんにちは

カエルの卵も、春らしいなと思ったんですが、
場所がこんなところで、大丈夫かな?と思いました。
大きめのカエルの卵っぽいなと思いますが、
一匹が生んだものかな?どうなんでしょうか。
うまくかえって、池にたどり着いてくれるといいのですが。

ヤナギの雄木と雌木、私も今までよく知らずにいて、
たまたま違う感じの花があったので、調べてわかりました。
自然の仕組みは、面白いものですね。

⭐️親父さま♪こんにちは

自分でもこの慣れた文章の方が書きやすいなと気づきました。
ありがとうございます!

山菜のあのほろ苦さは、やはり冬の時期を越えてこそ、
春になって出てくる味なんでしょうね。
東京でも時々八百屋さんで出回りますが、やっぱり北海道では
種類も多く新鮮だな!と思いました。
山の恵みはいいですね♪

No title

こんにちは♪
うわぁ  カエルのたまごですか
ビックリ! よく発見できましたね(笑)
お待ちかねのサッポロクラシック(笑)
おいしかったでしょ
山うど、こごみ、たらの芽、ふきのとう、行者にんにく
山菜の天ぷらいいですねぇ
そうそうビールに最高でしたね(^^)/

⭐️sheep☆さま♪こんにちは

カエルの卵、実はこれ、夫が発見しました(笑)。
なにこれ!って感じで、私もびっくり。
元気にカエルになってくれるといいな〜。

サッポロクラシック、温泉に入った後ではいっそう、
「くう〜」となってしまいます(笑)。
ほろ苦い山菜、春の恵みと楽しめて幸せでした。
行者ニンニク、これは東京でもなかなか手に入らないので、
現地ならではのお楽しみでした♪
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。