《北海道編》1日目①留寿都と真狩に寄り道<2017年5月>

rusutsu12/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末のニセコの旅のことを書いています。
早朝の飛行機で新千歳空港に着き、レンタカーでニセコに向かう途中、
留寿都(るすつ)村と真狩(まっかり)村にちょっと寄り道した。
留寿都には私の大好きな銘菓”わかさいも”の直営店があるので、
そこに寄って”わかさいも”を一箱買った。
前回もここに寄った時は、晴れて青空だった覚えがある。
この日も新千歳からの途中は曇り空だったが、車を止めると澄んだ青空が見えて、
ああ北の大地に来た!という気分になった。
山にはまだ少し、雪が残っていた。

その次に、真狩村の道の駅”真狩フラワーセンター”に寄った。
敷地内には何本か桜の木があって、満開でとてもきれいだった。
makkari1-12/05/17
野菜や加工食品を売る建物の横に、温室のようなガラス張りの建物がある。
真狩村はユリ根の名産地だが、花の栽培も盛んなようだ。
ガラス張りの建物の中や外では、花や野菜の苗をたくさん売っていた。

スズランの苗もあり、いいな〜と思った。
この苗は花茎より葉の方が長く、北海道や東北などに自生する種類のスズランと思う。
makkri2-12/05/17
日本の花壇や花屋さんでよく見るドイツスズランは、花が葉より上に出た感じになる。
それも可愛いけど、ひっそりと咲く感じの自生種のスズランは、また味わいがある。
北海道にはいくつか、群生して咲くスズランの名所もあるようだ。
私も以前、ホテル裏の林道を散歩して、林の中で見つけたことがある。
可憐な花の姿に似合わず、有毒植物であることはご存知の人も多いと思う。
特に北海道では、自生種のスズランの芽生えが行者ニンニクに似ていて、
生えてくるのも同じような場所なので、時々誤食による中毒事故があるようだ。

ナスタチウム(キンレンカ)の苗は、黄色や赤の花が元気に咲いていた。
makkri3-12/05/17
こちらはハーブとして花も葉も食べられる。

そういえば真狩村に、最近できたパン屋さんがあったはず、と思い出し、
道の駅のスタッフに場所を聞いてみた。
それがわかりにくく、周りに何もない場所にひっそりとあった。
makkri4-12/05/17
辺りをぐるぐる走って、もういいか、と思いかけていたところなので迷ったが、
結局車を止めて中に入ってみた。
確か、真狩村の有名レストラン”マッカリーナ”でパンを焼いていた人が、
独立して開いた店と雑誌で見た覚えがあった。
ハード系のパンが中心だが、クロワッサンやクグロフもあった。
いくつか買って、クロワッサンとクグロフはその日のうちにおやつに食べた。
香ばしくてとても美味しく、食べ応えもあった。
ハード系のパンは、東京に帰った翌朝、切ってトーストして食べたら、
これまた美味しくて、幸せな朝食になった。

看板も洒落ているけど、これは知らないと場所がわかりにくいお店だ。
makkri4-02/05/17
辺りは畑と雑木林で、何も目印がない。
レンタカーのカーナビでも、うまく場所が表示されなかったので、
もし行ってみたい方は、道の駅で場所を聞いてから向かうといいと思う。
日・月が休みと書いてあった。

この後ニセコに入り、ホテルにチェックインする前に、お昼を食べていくことにした。
明日は1日目のお昼と午後のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

ハードパン、きっと美味しいでしょうね。
お店が風景に溶け込んでしまっているので、よけいにわからないのかもしれません。
隠れ家のようなパン屋さんですね。

行者ニンニクの誤食で命を落とした方が、またニュースに出ていましたね。
こちらはイヌサフランだったようですが。
ただスズランもキレイな花ですが毒がありますから、間違って食べたら大変なことになりますね。
写真で見ても、全然素人には違いが判らないくらい似ています。
どうやって見分けるのかしら?

No title

ニセコも毎年行かれるんですね。
何だかバリ島、西表島、ニセコに順番に行かれてるのかな。
いつからでしたっけ?
文章の表現が変わりましたよね。
何か理由があって変えられたのかな~!

⭐️カミさんさま♪こんにちは

ハードパン、月曜の朝食に食べましたが、
買って3日後なのに、トーストしたらもっちりして美味しく、
しっかり食べ応えもあり、感激しちゃいました。
あまり派手に宣伝するより、パン好きな人に訪ねて来てほしい、
そんな店なのかもしれませんね。
私たちも道の駅で聞いたけど、農道は方向や距離感がわからなくて
思った辺りになくて、ここを抜けてなかったら帰ろう、と言っていたら
ひょっこり見つかったんです。

行者ニンニク、今年もやはり誤食事故が出てるんですね!
イヌサフラン、そういえば最近、北海道で花壇に植えてるのを
よく見かけます。
ひょっとしたら野生化して、紛らわしくなってるかもですね。
スズランとの誤食は以前からよくあって、これは雪解けの沢筋で、
同じような場所に生えるらしいんです。
同じ場所に行者ニンニクとスズランが混ざって生えることもあるそうです。
一応見た目も微妙な違いはあるようですが、わかりにくいので、
行者ニンニクの場合は葉の強烈な匂いで見分けるのが一番いいようです。
でも採る人は、1つ見つけたら全部それだと思って、
1つ1つの匂いなど確かめず、バーっと採ってしまうでしょうね。
山菜やきのこ採りは、よく知っている人と行くのが一番ですね!
私も、ふきのとうなど間違えようがないもの以外は、ちょっと怖いです。

⭐️親父さま♪こんにちは

西表島、ニセコにも大体毎年行っています。
沖縄、北海道は夫婦とも好きな場所で、実は移住先の候補地にも考え、
一時期家や土地を探したこともありました。
でもいいご縁がないうちに、候補地の一つであったバリ島で、
ガムランと運命の出会いをしてしまい(笑)。
今はもうバリ島だな!と心に決めている二人です。
その折には、いろいろお聞きするかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

文章の表現、気づいていただいたなんて嬉しいです!
ずっと丁寧体で書いていたのですが、特に旅先では
長い文章になりがちでまとめにくく時間もかかるので、
挨拶以外の本文は普通体にしよう!と5月から変えました。
とはいえ今もまだ迷いがあり・・・また変わるかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

⭐️鍵コメさま♪こんにちは

お気遣いありがとうございます!
私もね〜まだ迷うところがあって、また気まぐれに
コロコロ変えるかもしれません。
でもそんなふうに言っていただいて嬉しいです。
よろしければ、懲りずに今後もお付き合いくださいね♪

No title

里花さん!失礼かなと思ったんですが聞かずにはすまなかったもので失礼いたしました。
読みなれた文章が急に変わると何だかしっくりしなかったのと、具合が悪くなってゴーストライターが書いたのかと、思ったりしちゃいました。
バリも住む場所によりかなり雰囲気が違ってきますよ。
親父は観光地に6年、官庁街のそばの高級住宅地?に1年、ローカルど真ん中に2年いますが、それぞれの良さがあって楽しいですよ。

No title

真狩フラワーセンターお花がいっぱい🌸ユリ根の産地でもあるんですね
北海道ならではの花もあっておもしろそうですね
自生種のスズランも可愛いです

⭐️親父さま♪こんにちは

いえいえ、そんなふうに感想を言っていただけるってありがたいなと
すごく感謝してます!
実は私自身、どういう文章にしたら書きやすいか迷ってたところで、
気がついたら前と同じ文体で書いてて、後で直したりしてました。
で、結局書き慣れた形の方がすらっと書けるな、と気づいて、
とりあえずまた今日、自然に書ける方に戻してみました。
ブログですから、無理しない方がいいですね!
そう気づくきっかけをもらえて、良かったです。

バリも、それぞれの街で住み心地も違うでしょうね。
親父さまは、どの場所も楽しんでいらっしゃいますよね!
今のところ自分としては、師匠宅に通える範囲で、
自宅でもグンデルの練習ができるようなところがあれば、
なんて思っています!

⭐️ハワイアイランドさま♪こんにちは

この真狩フラワーセンター、11月に見た時はあまりなかったけど、
今回は春のせいか花の苗もいっぱいで、見てて楽しかったです。
真狩のユリ根は出荷量も多く、美味しくて有名みたいです。
(私が以前買ったのはニセコ産でしたが)
自生種のスズラン、控えめな感じの咲き方がとても可愛くて、
ここで見られて嬉しくなりました。
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。