FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫と海辺<2017年1月>

morning7-02/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月2日の続きです。
朝、遊歩道を散歩中、前とは別の場所でまた猫に出会った。
まだ子猫だろうか、お供えをつついて、何か食べている。
食べるのに夢中で、カメラを向けても逃げないので、私もその様子を
しばらく眺めていた。
バリの猫って耳が大きい感じで、日本の猫と少し雰囲気が違うけど、
それはそれで可愛らしい。

”漁師の像”のロータリー辺りでは、こんなに青空が広がっていた。
morning19-02/01/17
漁師の像も、日差しがまぶしそうだ。

リーフエッジでは、いい波が立っている。
morning20-02/01/17
遠くには、アグン山より東の山々も見えている。

すでにコーヒー屋さんで一度休憩していたが、またいつもの浜辺のワルンで
二度目のコピ休憩をした。
morning21-02/01/17
砂浜には結構たくさんの人が出ていて、のんびり散歩したり、
座っておしゃべりしたりしている。
ワルンの椅子に座っていたら、涼しい風が吹いてきた。
最初は気持ちいい・・・と思っていたが、やけに涼しい。
あ!この冷たい風は、スコールが来る前の風だ、
と気づいた瞬間、急に雨が降り出した。
この空で、まさか雨が急に来るとは思わないだろう、
浜辺でのんびりしてた人たちも、慌てて木の下や東屋などに駆け込んでいた。

私も急いでコピを飲み終えて、とにかく帰ろう、と歩き出した。
あと少しで着く、という辺りで、ザーッと激しく降り始めた。
風も強まり、雨が顔に当たって目に入る。
急いで歩き続けたが、傘もないのですぐに全身ずぶぬれだ、
部屋に着くとバスルームに駆け込み、温かいシャワーを浴びて、ようやくほっとした。
雨は時折弱まりながらも、お昼頃まで降り続いた。

この日は夕方からのレッスンで、午後はのんびり過ごした。
日中は、師匠一家は親戚の結婚式に行っていたそうだ。
午後6時からのレッスンで、途中でミーゴレンをいただいた。
mie goreng02/01/17
すぐ近くの店でブンクス(持ち帰り)してきてくれたもので、
できたての熱々で、とても美味しかった。

滞在はまだ数日あったので、滞在中の宿題、ということで
まず師匠の演奏をビデオに撮って、それから少し練習した。
曲はSekar Sunsang Kayumas、つまりカユマス・スタイルのSekar Sunsangだ。
グンデル・ワヤンの曲は、村や集落、グループによって独自のものも多いのだが、
カユマス村やスカワティ村のものはよく知られており、CDも多く出ている。
Sekar Sunsangも、私は師匠の村のものを既に2種類習っているが、
カユマス村のものは、同名の曲でもかなり違う感じだ。
師匠グループの持ち曲も村独自のものが多いが、カユマスと共通の曲もあり、
全く同じではないがかなり似ている曲もある。
師匠の話では、カユマス村のグループとは交流があり、時折行き来して
お互いの曲を教え合ったりしてあるそうだ。
私もカユマスの曲を覚えたら、いつか他のグループの人とも
一緒に演奏できたりするかも、なんて思うと楽しい。

しかしこの曲、いざ練習を始めてみると、やはり難しかった。
何というか、音の連なりのパターンが師匠の村のスタイルと違う感じで、
なかなかすんなり頭に入ってこない。
それでいて、部分的には前に習った曲と似ているので、一層混乱する。
宿題、と言われたからには、帰ってからホテルでも練習して、
翌日までに少し覚えておかないと・・・これは忙しくなるな、なんて思う。
でも、また新しい曲に取り組む、という時はいつもワクワクする。
この日は結局師匠宅に夜10時頃までいて、帰った。

明日は翌日のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

青空が出ていても、あっと言う間に土砂降り。
日本の都市部でも、これと似たような天気になってきましたね。
エアコンの普及が、熱帯と同じような気象条件を作るなんて、思いもしませんから、驚いてしまいます。
長女の住む東京に行った時に、1度遭遇したことがありますが、まさにバケツの水をさかさまにしたような雨。
あれではあっという間に全身がびしょぬれになるのも、わかります。
それでも、もう少しの所まで来ていて良かったですね。

No title

ねこちゃん 一生懸命食べている姿ほんと可愛いです ほんと耳が大きいのも可愛いです
スコールが来るというのは風の様子でわかるんですね
青空が見えていたのに
本当に急ですね

⭐️カミさんさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

そういえば東京でも最近、夏に突然豪雨ということがありますね。
カミさんさまも、遭遇されたことがあるのですね!
夕立というより、まさに熱帯のスコールのようで。
バケツの水をひっくり返したような降り方。
夫とも「バリよりすごいスコールかも?」と驚くことがあります。

この朝の本場のスコールも、まさかと思うほど突然で、
それでもあと少しで着くところで、まだ良かったです!



⭐️ハワイアイランドさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

バリで見る猫ちゃん、ちょっと痩せている子が多いけど、
耳が大きいのが何だか可愛いです。
お供えも、野良の子には貴重な食料なのでしょうね。
(犬や鳥などライバルも多そうですが)
こんな青空で、まさか急にスコールとはびっくりでした。
スコールの前、急に妙な冷たい風が吹くのは、
以前沖縄で地元の人に教わったんです。
バリでも同じだ!と思いました。

No title

こんにちは♪
お供えの おさがりは猫がいただいたのですね(笑)
こちらでも お墓参りの お供えは ちゃっかり 空からカラス
振り向いたらもうありませんもの
まぁ 食べ物粗末にせずに食べてくれる動物や鳥がいるのは
それでいいかなぁ
里花さま 風でスコールがわかるのですね
スコールってほんとに一瞬の間にですから
ずぶぬれでしたでしょう~
師匠の演奏をビデオに撮って、滞在中は練習されてる様子
お利口さんですね(笑)
せっかくバリにいるんですもの、しっかり覚えて、自分のものに
されるのがいいですね。

⭐️sheep☆さま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

バリのお供え、地面に置かれたものはしばらくすると、
猫や犬、鳥たちがつついて食べてます。
haha様のお墓参りのお供えは、カラスがちゃっかりなんですね!
(きっとわかってて、待っているのでしょうね〜。)
でもそうですよね、動物たちのお腹を満たしていると思うと、
無駄にはならず、いいですよね。

急に冷たい風が吹いてくると、スコールがくるって、
以前沖縄で、地元の方に教わったんです。
風向きと雲の様子で、あとどのくらいで来るよ、なんて
いつも見ている人にはわかるようですね。
昔からの知恵、観天望気の一つなのでしょうね。
でもこの時は、急すぎて結局ずぶ濡れでした(笑)。

師匠から宿題が出てしまうと、ホテルでもさあやらなきゃ!
なんとか頑張って、3日くらいで覚えました。
せっかくバリにいる間は、たくさん練習したいし、
宿題となるとはりきって、忙しくなるのもまた楽し、ですね。



プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。