FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプ・レゲール@依頼者宅③ワヤンその1<2016年12月>

wsl.n.8-30/12/16
こんにちは。12月30日のサプ・レゲール儀礼の続きです。
いっときの静寂ののち、いよいよダランがワヤン人形の箱を開ける。
木箱の蓋を手で3回叩き、中の人形たちに目覚めの時を告げる。
すかさず、グンデルはPemungkahの演奏に入る。
蓋をずらして箱を開けると、助手たちが手伝いながら、人形を覆った布をはずしていく。

再び舞台を聖水で浄め、すべての支度が整うと、ダランはカヨナンを手に持つ。
樹木の形のカヨナンは、森羅万象を象徴する人形で、宇宙樹と言われることもある。
演奏はこのタイミングで、Pemungkahの中のカヨナンのテーマに入る。
ダランが打ち振るカヨナンは、スクリーンいっぱいに、生き物のように動き回る。
そのカヨナンに合わせ、音は時にさざ波のように、時に大波となる。
wsl.n.10-30/12/16
カヨナンが舞うところは、ゾクゾクするほど好きな場面の一つだ。
(でも演奏は難しくて、実は私、速くなると左手が滑ってちゃんと弾けてない。)

やがてダランは、スクリーンの中央にカヨナンを突き立てる。
曲も少しゆったりした次の部分に移り、人形箱からは次々と、
人形たちが出されて、軸棒を立てて並べられていく。
wsl.n.11-30/12/16
カヨナンの後、人形たちが並んでいくこの部分が、私はとても好きだ。
曲調もどこか切ない感じになり、気持ちを古代の世界へと運んでくれる。

人形たちが目覚め、古くから伝わる物語の神々や王、従者など様々な姿で、
生き生きと勢ぞろいし、その息遣いや衣摺れの音さえ感じるように思える。
物語の善側で使われる人形は右側に、悪側の人形は左側に立てられ、
中央には主要な人形のいくつかが立てられる。
wsl.n.12-30/12/16
これだけ多くの人形が並ぶと圧巻だ。
といっても、演目によって使う人形は限られ、全部使うわけではない。
儀式を見守ると言う意味で、使わない人形たちも並べるようだ。
特にサプ・レゲール儀礼の場合は、並べる人形数が多いらしい。

ところで、ワヤン・クリの人形は、牛の皮に細かい彫刻と彩色を施して作られる。
昼間スクリーンを張らずに行うワヤン・ルマの時は、この人形がそのまま見える。
スクリーンを張ると、会場側からは影しか見えないのだけど、
実はふつう、裏側(舞台側)から見てもいいことになっているようだ。
特にワヤン・クリが好きな人は、人形そのものやダランもよく見えるので、
場所にもよるけど、数人は裏側からずっと見ていたりする。

人形が全て並ぶと、曲はPemungkahから次のPegunumanに入る。
続いて曲がTulang LindungからAlas Arumに入ると、ダランの語りが始まる。
ここで再びカヨナンが舞い、演目の物語の始まりとなる。
wsl.n.14-30/12/16
ダランは左右、上下だけでなく、カヨナンを前後にも打ち振って、小刻みに動かす。
カヨナンをスクリーンに近づければ影ははっきりし、逆にランプに近づければ
こんなふうに影はぼんやりし、スクリーンいっぱいに大きく映る。

明日も、このワヤン・クリの続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

幻想的な雰囲気のサプ・レゲール儀礼ですね。
世界中で幸せを願って色々な儀式が有るんですね。
こんな慣習を大事にして欲しいと思います。

No title

お早うございます!
「カヨナンが舞うところは、ゾクゾクするほど好きな場面の一つだ。」のシーン、動いているところを想像すると本当にゾクっと鳥肌が立ちました!
裏舞台のシーンは凄く貴重な画像で、例えバリに住んでいてもなかなか見ることができないと思います!

とっても素敵な内容で、続きが楽しみです~(^O^)/

⭐️太巻きおばばさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

夜の闇の中、ランプの炎で演じられるワヤン・クリは
本当に幻想的で、遠い時空とつながるかのようです。
大勢の人々が参列し、供物でいっぱいの会場、
手間も費用も大変なサプ・レゲール儀礼ですが、
こうした儀式を大切にするのは素晴らしいと思います。
穢れを祓い、幸せに健康にと願う人の心は、世界中で同じで、
国によって色々な儀式になっているのでしょうね。

⭐️シロブチさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

カヨナンが舞うところ、ここはもう何回見ても、私も鳥肌が立ちます!
昼間見ても好きですが、夜だといっそう、その場の空気が一変すると
感じられました。
ワヤン・クリもそうですが、儀式の場での芸能はどれも、
地元の主催者側の人々は忙しくて、あまり見てないかもですね!
座ってゆっくり見てるなんて年輩の人やご招待の人くらい?
関係者、特に女性はお茶出しやら何やらで忙しそうですしね。
(シロブチさんの、親戚の結婚式の記事を見ていても
そう思いました!)
思えば、家族が演奏や出演などしてる人は見るだろうけど、
そうでもないと、あまり裏から見る機会はないかもですね。

そして自分も、演奏で手一杯のためリアルタイムではほとんど見てなくて、
ビデオを見て、「おお、このタイミングで曲に入るのか!」とか
「こういう人形が出ていたんだな〜」なんて勉強しています。
(お恥ずかしい話ですが、その場では何もわかってない・・・。)

No title

こんにちは♪
木箱の蓋を手で3回叩き、中の人形たちに目覚めの時を告げる
私 もうここでゾクッときちゃいました。
里花さまもこの雰囲気の中での演奏
いい経験ですね
素晴らしい儀式です。

こんにちは

裏から見ても良いというのが、おもしろいですよね。
これを見て、人形浄瑠璃を思い出しました。
日本の人形浄瑠璃は、操る人たちの姿がそのまま出ていますが、見えるけど見えないものだという暗黙の了解。
バリの操り手もそういう感じなのでしょうか?

⭐️sheep☆さま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

私もね、この木箱の蓋を3回叩くところ、
いつもゾクッとしちゃうんです。
魂のある人形たちを目覚めさせる、そんな不思議な力が
ぐぐっと感じられます。
その直後にすぐ演奏を始めるので、自分が演奏に参加の時は、
出遅れてはいけないと、目を皿のようにして(笑)必ず見てます。
この雰囲気を味わいながら演奏するのも、
とても勉強になりました!

⭐️カミさんさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

私はバリ島のワヤン・クリしか実際見たことがないのですが、
ジャワ島のワヤン・クリでは、裏から見る観客の方が多いと
何かで見たことがあります。
バリ島でも、地元の”通”の方や好奇心いっぱいの子供などは
結構裏から見ています。
また、スクリーンを張らない昼間のワヤン・ルマでは、
人形遣いも舞台裏も、表からそのまま見えています。

そういえば日本の人形浄瑠璃、演じ手がそのまま見えますものね。
”見えるけど見えないもの”という暗黙の了解なのは同じでしょうね。
見る側も自然と想像力を働かせて、その世界を味わうのですよね。
思えばそのこと自体、見える世界と見えない世界との境界を
曖昧にしているのかもしれない、とさえ思えてきます。
面白いものですね♪

プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。