スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプ・レゲール@依頼者宅②ワヤンの始まり<2016年12月>

wsl.n.4-30/12/16
こんにちは。12月30日のサプ・レゲール儀礼の続きです。
Sekar Tamanの曲が速度を緩めて終わると、ダランはランプに火を入れた。
※ダラン:ワヤン・クリの人形遣いで、儀礼で行う場合は聖水を作る僧侶としての役割も担うため、
マンクー・ダランとも呼ばれる。

舞台の天井から吊り下げたワヤン上演用のランプは、ココナッツ油を使ったものだ。
その揺らめく炎で、人形たちの影をスクリーンに映し出す。

演奏はすぐに2曲目、Bima Niuに入る。
ダランは人形箱の蓋を開ける前に、舞台を浄め、上演の準備をしていく。
ダラン左側の人形箱の上にも、供物がのっている。
wsl.n.6-30/12/16
後ろにいる助手たちが、様々な手伝いをする。
ランプの炎が安定してくると、ようやく少し明るくなり、私もほっとする。
手前にグンデルのうち2台の鍵板がちょっと見えているが、
鍵板を見ずに弾くのがまだ難しい私には、少しの明るさでもありがたい。

ダランは花を聖水に浸し、バナナ茎の舞台の土台(ここにワヤン人形の軸棒を刺す)に、
少しずつふりかけていく。
線香の煙と花、聖水で舞台を浄めると、マントラを唱え、祈りを捧げる。
wsl.n.7-30/12/16
ワヤン・クリに向けて空気が整っていく、この時間は身が引き締まる感じだ。
やがてBima Niuの曲が終わると、舞台の内側はシンとして、
でも中庭の会場からは人々の声、ざわめきが聞こえてくる。
儀礼でのワヤン・クリは、神事そのもの、または神々に向けての上演という意味が強く、
人間の参列者がずっと見ている必要はなく、誰も見ていないことさえある。
でもワヤン・サプ・レゲールだけは、特にこの儀礼を受ける対象の人は、
これをしっかり見ることも、儀式のうちになっているようだ。
「ほら、ワヤンがもう始まるよ!」って感じの声が会場から聴こえてくる。

明日も、ワヤン・クリの様子を中心に、この儀礼の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは♪
いつも思うのですが
里花さんの写真、記録としても
貴重ですよね。
テレビのドキュメンタリーでもめったに
観ることができないのではないでしょうか。

ココナツ油のランプや線香の香り、ざわめき、祈りの声
とても神聖な世界が広がっているのでしょうね。

こんにちは

日本だと影絵は、子供のための娯楽ですものね。
こういう儀礼に欠かせないものというのが、とても不思議な気がしますね。
夜にココナッツオイルの灯火の中で行われる神々の物語。
幻想的な舞台の本物を見てみたいです。

こんにちは!

いよいよサプ・レゲールの始まりですね!
ワヤンマラムの幻想的な世界に入っていく瞬間ってドキドキしますよね。

昨日、バリに戻りました。
寒さと乾燥の世界から、一気にバリのムワっとした生ぬるい空気に包まれ、「そうそう、これ。」と嬉しくなりました。
体が慣れるまでもうちょっとかかりそうですが・・・^^;

⭐️ゆずさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

バリ芸能の中でも、踊りは目にする機会が多いと思うけど、
特にワヤン・クリは機会が少ないかもしれませんね。
観光向けの定期公演もあるにはあるのですが、
実は私自身、あまり観たことがなかったんです。
まだ知らないことも多く、写真やビデオも、
後で調べよう、なんて自分の勉強のためでもあります。

儀礼の空間は、神聖な中にも華やいだ雰囲気があり、
いろんな香りや音も入り混じって、不思議な世界だなといつも思います!

⭐️カミさんさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

そういえば、日本の子供が楽しんできた影絵も、
語られるのは昔話で、そこに教訓などもあったのでしょうね。
バリの儀礼で上演されるワヤン・クリも、古い物語が演じられ、
人々が神話や伝説を知ったり、生き方を学んだりする、
そういう意味合いもあるのだろうと思います。
幻想的なワヤン・クリを観ていると、見える世界と見えない世界、
それに現代と古代もすぐ近くにあるような気がしてきます。
炎の揺らめきも、そんな思いを誘ってくれますね。

⭐️lotusyaさま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

ワヤン・マラムは暗くてスクリーンで区切られているだけに、
空気がだんだん変わり、その世界に入っていく感じが強くて、
始まる時は本当にドキドキしますね!
その感じが経験できて、ますます好きになりました。

バリに戻られたんですね!
今、季節の変わり目でそちらは暑いようですね・・・。
でも日本の寒さと乾燥の世界から帰ると、「そうそう、これ!」と
一気に体も緩んでホッとするのではないでしょうか。
私も、あのムワッとした空気が恋しいです!
温度&湿度のあまりの差に、体はびっくりしてるかもしれませんね。
体が慣れるまで、気をつけてお過ごしくださいね♪

No title

こんにちは♪
ココナッツ油のランプで照らし出される人形たちの影
人形箱の蓋を開ける前に、舞台を浄め
人形箱の上にも、供物
すべてのものに命が宿り、清められ浄化されて
神聖な気分です

⭐️sheep☆さま♪こんにちは

いつも訪問&コメントありがとうございます♪

ワヤン・クリが始まる前、舞台が浄められていくと、
すべてが整って古代の世界と繋がっていくようで、
人形たちも生き生きと出てきて、動き出す気がします。
あらゆるものに命が宿っていると、すんなり感じられるから、
大切に供物を捧げたり、浄めたりするのでしょうね。
日本人にも、根底にはそういう心が流れていると思います。
でも現代の生活では忘れかけていることばかりで、
バリでこうした儀式に出会うと、ぐっと胸に迫るのかもしれません。


プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。