大通りのスーパーへ行く①<2017年8月>

hardy’s7-09/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、8月9日の続きです。
お昼を食べたあと、みんなで大通り沿いのスーパーへ行きました。
食料品だけでなく、衣料品や日用品なども揃う大きなスーパーです。
正確に言うと、スーパーの中にデパートの出店と専門店が入ってる感じで、
入口に書かれた”Ramayana”は衣料品部分のデパート名です。
スーパーは大手チェーンのHardy's(ハルディス)という店で、
師匠宅や近所の人も、ここは”ハルディス”と呼んでいます。
メインの目的は、ちび娘の学校用カバンを買うことでした。

この2〜3日前から、ちび娘がカバンが壊れた〜と言ってたのです。
特に指定カバンはないけど、小学生は大体、デイパックくらいの大きさの
リュックサックを使ってます。
ちび娘も、入学祝にもらったアニメの絵柄入りリュックを使ってましたが、
ショルダーベルトと本体をつなぐ部分が破けてしまったのです。
仕方なく、お父さんの黒いリュックを背負って行ってたのですが、
早く新しいのが欲しい〜と騒いでいました。
それで、お昼を食べたあと、師匠の午後の仕事まで少し時間があったので、
じゃあ今からHardy'sに行こう、となったのです。

師匠宅から歩くには少し遠いので、師匠と奥様のバイクに乗って行きました。
hardy’s8-09/08/17
店の前は大きな駐輪と駐車場になっていて、モモタマナの木の緑が気持ちよく、
いい木陰を作ってくれています。

ちび娘は、欲しいカバンはもう見当をつけていたようで、
これ、とすぐに決まりました。
また可愛いアニメ柄かな〜と思ったら、意外にもシンプルなデザインで、
でも色はきれいなものでした。
そして、靴も買うということになり、靴コーナーへ行きました。
hardy’s1-09/08/17
子供たちは普段はサンダルですが、学校へは靴下と靴をきちんと履いて行きます。
ちび娘も入学して1年、最初に買ってもらった靴はもうきついのでしょうね。
通学用の靴はシンプルなもので、ちび娘が試し履きして決めたのも、
手前に写ってるような黒い靴でした。

子供だけでなく、大人も普段はサンダルの人が多いので、
靴コーナーもとにかくサンダルが豊富です。
hardy’s3-09/08/17
見本の下に各サイズの箱が積んであり、わかりやすいです。
そうだ、私も履きやすいサンダルが欲しいな、と思い、
手頃な値段でサイズもあったので、1つ買っちゃいました。
日本だとサンダルは夏しか出回らないけど、バリの店なら、
年中いつでもサンダルが手に入るので嬉しいです。
といえ品質はどうかなと思い、今まであまり買わなかったのですが、
今回買ったサンダルは、意外に履きやすく丈夫で良かったです。

このHardy'sというスーパーはチェーン店で、バリ島のあちこちにあります。
観光地の店舗は土産品なども多く、店舗によってだいぶ品物や雰囲気が違います。
ここはほぼローカルなエリアなので、衣料品も地元向けの普段着が多いです。
hardy’s2-09/08/17
私も、以前ここで正装用の下着を買いました。

せっかく来たので、ぐるっと店内を見て回りました。
文房具、学用品のコーナーもあります。
hardy’s5-09/08/17
ひと通りなんでも揃う感じですが、中国製のものが多いです。

たし算表みたいのもありました。
hardy’s6-09/08/17
算数は、日本の小学校みたいに算数セットでのんびりやる感じでなく、
入学前からひとけたの足し算引き算くらいは覚えさせちゃうみたいです。
他の家はわかりませんが、ちび娘も幼稚園の時から家で時々算数をやってて、
指を折って一生懸命数えて、足し算や引き算の問題をやってました。
慣れてくると「指じゃなく頭の中で数えろ!」なんて無茶を言われてたけど、
子供への教育熱は、ひょっとしたら日本よりすごいかもしれません。

小学校では当然、毎日宿題が出て、ちび娘もうんうん唸りながら頑張っています。
宿題は、親がチェックしてから提出するようなので、親もなかなか大変です。
忘れたとかできなかった、というわけにはいかないようで、
師匠か奥様が一緒に見てやっています。
私は小学生の頃、宿題はほとんどいつも忘れて先生に叱られてました。
忘れたというより、家に帰ると遊ぶ方が先で、結局やりそびれて翌朝になる、
という感じでした。
そんな自分を思い出すと、ちび娘偉いな〜大変だな〜と思っちゃいます。

ところで、バリの家には学習用の机がないことも多いです。
何しろ、家では食事もテーブルを使わないことが多いので、
子供の宿題用に、こんなミニ机が売られています。
hardy’s4-09/08/17
折りたたみ式のちゃぶ台みたいな感じで、持ち手がついています。
これは学校や幼稚園に持っていくこともあります。
ちび娘も幼稚園で、テラスでお絵かきの時間がある時は、
こういうミニ机を家から持参して使っていました。
私は朝の散歩中にも、同じような机を持って歩いてる小学生を見かけました。
小学校でも教室以外で何かする時に、家から持参するのかもしれません。

スーパーには家庭用品などもいろいろありました。
明日はこの続きで、もう少しスーパー店内の様子を書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

とうもろこしと卵のおかず<2017年8月>

lunch1-09/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、8月9日の続きです。
この日は午前中からレッスンで、師匠宅でお昼をいただきました。
やった〜と飛び上がるほど嬉しい、奥様の手料理でした。

初めて食べるおかずがありました。
lunch2-09/08/17
とうもろこしと卵を炒めたおかずで、唐辛子も入ってるけど辛さは控えめ、
それにとうもろこしの甘みでとても優しい味になっています。
うわあこれも大好き!と、またバリで好きなおかずが増えました。

スープはハヤトウリとタフ(豆腐)で、あっさりしたココナッツミルクカレー風味です。
lunch3-09/08/17
ハヤトウリは、バリでSayur Jipan(サユール・ジパン=日本の野菜)と呼ばれます。
一説には、かつて日本人が種を持ち込み、栽培を広めたのだと言われます。
もともと南米原産なので、バリの気候にも合ったのでしょうね。
市場やスーパーで普通に売られ、スープや炒め物、煮込み料理など広く使われます。
ちなみに日本で”ハヤトウリ(隼人瓜)”と呼ばれるのは、1917年に
鹿児島に最初に入ってきたことによるんだそうです。

さて、もう1つ魚のおかずがありました。
lunch4-09/08/17
Tongkol(トンコル)という魚を、トマトたっぷりのサンバルで炒め煮にしてあります。
Tongkolは和名スマ、サバ科の魚で、味はカツオっぽい感じです。
緑の葉っぱは、香り付けのコブミカンです。
少し辛いけど、やや濃いめの味付けが白いご飯にぴったりです。

各自で、お皿にご飯とおかずを盛り付けます。
美味しくて、もりもりお代わりして食べちゃいました。

この後、みんなで大通りのスーパーへ出かけました。
明日はそのことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

朝、海に金色の光<2017年8月>

morning2-09/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在のことを書いています。
8月9日、朝5時半に起きると、何と洗面所の水が出ませんでした。
フロントに聞いたら、原因不明だけどホテル全体が断水とのことで、
エンジニアスタッフが今ホテルに向かってる途中とのことでした。
以前より少なくはなってるけど、バリ島のホテルでは、
たまに停電、断水、お湯が出ない、などのことがあります。
困ったな〜と思いながら、ただ待っていても仕方ないので、
飲み水用のミネラルウォーターでざっと顔を洗い、散歩に出ました。
雲は多いけれど、その隙間から朝の光がこぼれ、
海にも金色の光の筋を作っていました。

浜辺のいつものワルンで、コピを飲みました。
morning1-09/08/17
今回、コピはマグカップで出してくれることが多く、
たっぷり入っているので、ゆったり味わえました。
コカコーラのロゴが入った赤いマグが多かったけど、
この朝は違うマグで、気分も変わっていいなと思いました。

散歩から戻り、部屋に着いて10分後くらいに、ようやく断水も復旧したようで、
水が出てきました。
おかげでいつも通りシャワーを浴びて、レッスンに行くことができました。

師匠宅に向かう途中、通り沿いにはいろんな店がありますが、
この朝、1つRp.3,000(約25円)と書かれたパン屋さんが気になりました。
bakery09/08/17
バイクの奥に見える右側の店で、手作りっぽい菓子パンがちらりと見えました。
1つRp.3,000なら、市場でジャジャンを買うのと同じお手ごろ値段です。
朝から開いているこんなパン屋さんが近所にあったら、
朝ごはんに時々買っちゃうかも〜と思いながら通り過ぎました。

師匠宅に着くと、コピとジャジャンをいただきました。
jajan1-09/08/17
パンも好きだけど、やっぱりバリのジャジャンもいいものです。
日本でも笹団子や沖縄のムーチーなど、葉っぱにくるまれた系はとても好きな私、
バリではバナナの葉に包まれたお餅がいつも気になります。

平たい方のお餅を開けると、こんな感じでした。
jajan2-09/08/17
小豆入りの米粉のお餅で、ココナッツミルクの風味が優しい味でした。
コピとジャジャンでお腹もほっとして、元気にレッスンのスタートでした。

明日は、この日師匠宅で頂いたお昼のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※現地通貨Rp.(インドネシアルピア)の円換算は、8月の両替レート:1円=約Rp.120で計算しています。
関連記事

クレポンとジャジャン、チャプチャイ<2017年8月>

morning1-08/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在のことを書いています。
8月8日の朝も曇り空でしたが、雲間からさす光がきれいでした。
海沿いの店で、木に吊るされたランプがシルエットになっています。

一年で一番涼しい乾季のこの季節、熱帯バリ島の木でも、
かなり葉を落とすものがあります。
遊歩道沿いのホテル前で、モモタマナやオオハマボウの落ち葉を
掃き集めて燃やしているスタッフがいました。
morning2-08/08/17
辺りにはもうもうと煙が立ち込めていますが、どこか懐かしい、落ち葉焚きの匂いです。

その手前はウッドデッキなのですが、かなりたわんでいて、
上に乗るのはもう危ない感じです。
morning3-08/08/17
ウッドデッキはいいなと思うけど、雨季の雨や海辺の湿気で傷みも早いだろうから、
手入れは大変ですね。

この朝は、散歩の途中でいつものクレポンを買いました。
morning4-08/08/17
パンダンの葉で色と香りをつけた緑色のお餅の中に、ヤシ砂糖蜜が入っていて、
少し塩気をつけたたっぷりのココナッツフレークがよく合います。
やっぱり大好きなこのクレポン、今回も滞在中何度か食べました。

レッスンは午後からで、師匠宅ではコピとジャジャンをいただきました。
jajan08/08/17
何種類かのジャジャンを盛り合わせた、このジャジョー・チャンプルも大好きです。
蒸した黒もち米やもち粉のパンケーキなど、もちもち系のお菓子に、
やはりヤシ砂糖蜜とココナッツフレークたっぷりでいただきます。

この日は、途中でまた他の男の子が習いに来て、その間は待っていました。
ちょっと退屈だなあと思っていたら、師匠のお父様が少し稽古をつけてくれました。
お父様は夫を教えているのですが、その休憩時に、私にもやるか?と言って、
数曲復習させてくれたのです。
一緒に向かい合わせで弾いてみると、師匠と弾くのとまた感じが違います。
師匠はグイグイ引っ張って弾いてくれるのですが、お父様はさりげなく、
引き出すように一緒に弾いてくれます。
すると、何度も弾いている曲でも、また違うところに気がついて、
とても勉強になりました。
男の子が帰ってから師匠とまたレッスンで、みっちり弾いた午後でした。

夕方には体もかなり疲れていて、ほっとするワルンで夕食を食べたくなりました。
capcay08/08/17
何度も通っているおばあちゃんのワルンで、いつものチャプチャイです。
熱々の汁たっぷりで、にんにくが効いて、これを食べると元気になるのです。
飲み物は、ジュルッ・ハンガッ(あったかいみかんジュース)にしました。
チャプチャイはRp.20,000(約166円)、ご飯は別でRp.5,000(約41円)、
ジュルッ・ハンガッはRp.10,000(約83円)です。
お腹いっぱいになって帰りました。

明日は翌朝のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※現地通貨Rp.(インドネシアルピア)の円換算は、8月の両替レート:1円=約Rp.120で計算しています。
関連記事

竹炭バンズのバーガー<2017年8月>

dinner2-07/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、7日目の続きです。
この日の夕食は、前日と同じ、新装開店したワルンで食べました。
以前の店はローカルメニューで、いつもチャプチャイにしてたのですが、
前と違いバーガー類がメニューにあったので、試しに食べてみました。
チキンカツバーガーで、カリッと揚がった薄めのカツも美味しく、
黒いバンズがふわふわで、いい感じでした。
この黒いバンズ、竹炭を練り込んだパンのようでした。
以前から他の店で使われ話題になってたので、きっとメニュー刷新と同時に、
話題のパンを使ってみようと思ったんでしょうね。

サイドメニューに頼んだイカリングも美味しかったです。
dinner1-07/08/17
あまり期待はしてなかったのに、ビンタンビールのつまみにぴったりで、
夫も気に入っちゃいました。

新しくコーヒーマシンも入れてるのが見えたので、
試しにカプチーノとかも頼んでみようと、食後にオーダーしました。
右が私のカプチーノ、左が夫のカフェラテです。
dinner3-07/08/17
おお、一応頑張ってラテアートしてる!と感心しちゃいました。
色々やってみたいんだな〜という頑張りは微笑ましいです。
ちょっとムラがあるお店で、今回はこの後行かなかったけど、
今後に期待したいな〜と思ったりしてます。
※この店、今はWARUNG SENGKOKという名前ですが、以前は長年WARUNG MEIという名前でした。
詳しくは、在住の暁希さんの記事にも載ってます→「ローカルワルンがいまどきのカフェに・・・WARUNG SENGKOK」


明日は翌朝のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

<14時15分追記>
先ほどネットでバリ島関連ニュースを確認したところ、アグン山の噴火の危険が高まっているようです。
昨日は山頂付近から水蒸気とみられる200Mほどの白煙が確認されたそうです。また、火山性地震も前日より浅い場所で起きており、マグマだまりの熱量が上がっているのではと考えられています。
付近住民はこれまでに5万7400人が避難しているそうです。
また、噴火した場合、火山灰などによる交通機関への影響や健康被害なども懸念されるとして、日本の外務省も9月23日付で注意喚起を出しています。
必要な方は、ぜひチェックされてくださいね→「海外安全ホームページ スポット情報詳細」
また、現地の状況に関して、在住のシロブチさんの記事にも書かれており、現地関係機関のリンクもありますので、必要な方は合わせてご覧くださいね。→「バリ島移住で猫暮らし」

関連記事

ゲッキツの実<2017年8月>

morning19-07/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、7日目朝の続きです。
3月に白い花を見かけた柑橘系の木ですが、今回は実が熟して赤くなっていました。
花を見た時、ゲッキツに似てるなあ、と思いながら確信がなかったのですが、
この熟した赤い実で、そうとはっきりわかりました。
ゲッキツはミカン科の木で、沖縄でよく見かけます。
可憐な花で良い香りがするので、庭先に植えたり、生垣にしてることも多いです。
沖縄での花期は5月頃ですが、一度だけ西表島で実も見ていたので、
この赤い実、同じだ!とわかったのです。

バリにもゲッキツがあったとは、何だか懐かしい感じで嬉しくなりました。
morning20-07/08/17
実はレモンのような形で、ちょっと先が尖っています。
調べて初めて知ったのですが、Wikipediaによれば葉と根は薬用にもなり、
材は硬く緻密で光沢があり、彫刻や刃物の柄などにも使われるそうです。

ちなみに、3月に同じ木を見た時はこんな花が咲いていました。
gekkitsu28/03/17
いかにもミカン科っぽい花ですよね。
柑橘系の花特有の、爽やかなのにかぐわしい香りがします。

花も実も可愛くて、薬用にもなって、材が良質だなんて、
すごい木だったんだな〜と改めて思いました。
赤い実は食べられると、Wikipediaにはありました。
morning18-07/08/17
私は食べてみたことはないので、美味しいかどうかはわかりません。
よく見たら、あちこちに熟した赤い実がありました。

さて、風が強く涼しいこの時期、ジュプン(プルメリア)の木は、
かなり葉を落とすものもあります。
morning17-07/08/17
枯れ木のような枝、でも先にはちょろっと花が付いています。

オオゴチョウは、いつも花に目が行くのですが、
マメ科らしい葉も可愛いなあと思いました。
morning21-07/08/17
ちっちゃく丸いつぼみも、あちこちについていました。

サンユウカはどの季節に来ても花を咲かせていて、
ああいつもの姿だなと、どこか落ち着きます。
morning22-07/08/17
風車のような花びらが愛らしいです。

明日は、この日の午後のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

ヤエヤマアオキと工事中のビーチクラブ<2017年8月>

morning11-07/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、7日目朝の続きです。
静かな海に小舟が浮かぶ写真、きれいだな〜と思ったら、
「LOMBA MANCING」つまり釣り大会(コンテスト)のお知らせでした。
日本でも、よく釣り大会やコンテストって聞きますが、
バリの釣り大会ってどんなふうにやるのかな〜と思いました。
バリの男性は釣りを好む人も多いようです。
師匠も時々行くと言ってたし、師匠のお父様は昔、早朝に海釣りに行って、
釣れるとお母様が市場に売りに行ったと言ってました。
趣味と実益を兼ねているのですね。

この日は、朝日は一応見えたのですが、その後少し雲が広がってきました。
”漁師の像”は静かに海を見つめてます。
morning12-07/08/17
平日なので、海遊びの人は少ないようです。

遊歩道沿いのカフェのパラソルに、空色の布が巻きつけてありました。
morning13-07/08/17
リボン結びにしてあって、いいアクセントになってます。

以前一度だけ行ったレストランの横に、ヤエヤマアオキの大きな木があって、
いい木陰を作ってくれています。
morning14-07/08/17
右側がカフェで、左はコンビニになってます。

よく見たら、実がたくさんなってました。
morning15-07/08/17
日本ではハワイ名の”ノニ”で有名なヤエヤマアオキの実は、
熟すと白っぽくなり、やがて落下します。
この木、バリではTibahと呼ばれ、実だけでなく、
葉も薬用になると、以前師匠が教えてくれました。

昨年夏、屋台村で賑わっていた場所は、まだ工事中で、こんな感じでした。
どこかのホテルのビーチクラブにするみたいです。
morning16-07/08/17
トタンの塀が一部開いてて中が見え、テリハボクの大木はまだあってほっとしました。
でも、トタン塀には”2017SUMMER”にオープンって書いてあったのに、
滞在中はずっと工事が続いてて、オープンの気配はまだありませんでした。

明日もこの朝の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

カプチーノ休憩、近くの島へ渡る人々<2017年8月>

morning6-07/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、7日目朝の続きです。
この日、浜辺のワルンは休みだったので、コーヒー屋さんに行って、
カプチーノ休憩にしました。
美味しいカプチーノ、いつもカップになみなみで嬉しいです。

カプチーノをすすりながら、海辺を眺めます。
morning7-07/08/17
今回、あれ?と思ったのは「BALI」というプレートのところです。
以前は「I LOVE BALI」となっていたんですが、「I LOVE」の部分が
取れちゃったみたいです。
早く直せばいいのに〜と思ったけど、今回の滞在中は直ることなく、
ずっと「BALI」だけのままでした。
ひょっとしたら今度、別の文字が「BALI」に前に入るかもしれませんね。

カプチーノを飲み終えて海辺に出たら、正装の人がどんどん歩いてきます。
morning8-07/08/17
手に手に荷物を持って、子供を抱えてる人もいます。
奥に見える突堤のたもとがロータリーになってるので、
その辺りにバイクを止めて、歩いて移動してるのだと思います。

ビニール袋の中は、多分供物がほとんどなのでしょう。
morning9-07/08/17
かなり大勢の人が、次から次へと浜辺を歩いてきました。

やっぱり、これから船に乗るところでした。
morning10-01/08/17
スピードボートの前で、皆乗り込むのを待っています。
この海辺からいつも見えるペニダ島かレンボンガン島に、これから渡るのでしょう。
年末年始の滞在時も、やはりこうして正装のバリ人たちがボートに乗り込むのを
何回か見かけました。
島で何か祭礼や儀礼があるのかもしれないし、ひょっとすると、
ただ皆で寺院参拝に行くだけなのかもしれません。
この日はバリ暦でpurunamaつまり満月の日で、祭礼や儀礼も多く、
寺院参拝などにも良いとされる日でした。
家寺などの日常の供物も、purnama(満月)とtilem(暗月)の日には
師匠宅でも特別なものを加えたり、量を増やしたりしています。

明日もこの朝の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

〈追記〉昨日、バリ島最高峰アグン山の噴火警戒レベルがさらに引き上げられたそうです。
南部リゾートエリアからは離れていますが、お近くに行く予定のある方は、最新情報をチェックして下さいね!
関連記事

朝日と輪切りの木材<2017年8月>

morning1-07/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在のことを書いています。
7日目の朝も、いつものように海辺を散歩しました。
太陽はもう水平線から上がり、また雲に隠れて、
その下から光が差しています。

そして、また雲の上から太陽が昇ってきました。
morning2-07/08/17
太陽の周りは空気がぼうっと金色に輝き、
空高い雲も、美しく染まっていくひとときでした。

大きなホテルで、コテージ棟が改装中でした。
morning3-07/08/17
あれ?と思ったのですが、屋根の骨組みが金属の材になっています。
屋根の土台部分は、木や竹の骨組みはよく見かけけるど、
金属材というのは珍しく感じました。
この方が丈夫で傷みにくいのでしょうね。

近くのプール脇には、ブランコがありました。
こちら側を向いて乗れば、海が見えることになります。
morning4-07/08/17
私は小学生の頃、公園のブランコで遊ぶのが大好きでした。
大人になってからブランコには乗ってないけど、
海を見ながらのんびりブランコも、気持ち良さそうですね。

遊歩道沿いとビーチの境目に、輪切りの木材が並べてありました。
見た目もいいし、砂止めにもなりそうですね。
ひょっとすると、最近すごく増えた自転車の対策もあるかもしれません。
morning5-07/08/17
これは今回初めて見たので、つい最近したんだと思います。
もし倒れたり伐られたりした木も、木材になって、
こんなふうに使われたら嬉しいですよね。

明日もこの朝の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

アヒルの置き物と夕方のビール<2017年8月>

evening2-06/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在、6日目の続きです。
レッスンを終えて師匠宅から戻り、夕食を食べに出て通りを歩いていたら、
こんな素敵なディスプレイのお店を見つけました。
木製のアヒルの置物がずらりと並んで、足元に一輪ずつ、
ジュプン(プルメリア)の花が添えられています。
可愛い!と見とれてしまいました。

ここは小物や籠バッグなど雑貨系のお店で、このアヒルも売り物かもしれないけど、
外に並べてるので、店内に飾るよりよく目立ちます。
evening1-06/08/17
アヒルの洋服?の色が様々で、ちょっと大きめのアヒルもいたりして、
横の水鉢にもジュプンの花が浮かべられ、いい感じでした。

カンビン(ヤギ)のサテとスープの店で食べようと行ってみたんですが、
残念ながら閉まってました。
evening3-06/08/17
この時は、日曜だから休み?なんて思ったんですが、その後夕方行っても
開いている時がなかったので、どうやら昼間だけの営業みたいですね。
(ここの営業時間、調べてもよくわからないので、ご存知の方いたら教えてください!)

お腹も空いてたので、とりあえずどこかで食べようと歩き出しました。
夕方の通りは、バイクや車でかなり混雑しています。
evening4-06/08/17
大凧を運ぶトラックも多く、荷台に大勢人が乗ってたり、
チームの旗を掲げてたりします。
どうやら日中海岸であった凧揚げ大会が終わり、引き上げるところみたいでした。
そういえばこの日は師匠宅でも、師匠以外の男性たちはみな、
凧揚げ大会に出かけてました。
バリ男性の多くは、風の強い乾季になると、子供も大人も凧揚げに熱中します。
例年、全島地域対抗の大きな凧揚げ大会が7月か8月にあります。
でも今年はそれ以外の大会も増えたのか、毎週のようにこの近くの
padangarakかmertasariの海岸でやってました。

さて、どこで食べようか〜と歩いていると、以前時々行ったワルンが、
新装開店していたのに気づきました。
試しに入ってみようか〜と入り、きれいになった店で、
ビンタンビールで乾杯です。
evening5-06/08/17
以前は全席オープンエアだったんですが、改装してエアコンが効いた店になり、
外にテラス席が少々、という造りに変わりました。
ここは中の席ですが、外の緑がいい感じに見えます。
ビールを飲みながら、このあと熱々のチャプチャイを食べました。

明日は翌朝のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。