通りの景色<2017年1月>

street1-07/01/17
こんにちは。今年1月のバリ島滞在の話、1月7日の続きです。
ワルンで夕食を食べ、通りを少し歩きました。
この通り、普通の住宅も多いのですが、最近ワルンやしゃれた店も増えています。
近くにホテルやヴィラが増え、この辺りを歩く外国人も増えたのでしょう。
よく見ると、もともとあった住宅の敷地の一部、通りに面した部分を改装して、
お店にしているのが多いようです。
私たちが食べた店もそうで、奥は普通の住宅になってました。
向かい側にもそんな店があり、テーブルと椅子が並んでいます。
門と店のわずかな隙間に台を出し、持ち帰り用の小さなお弁当を売る人もいます。
バナナ葉の包みがカゴに盛られ、左から”NASI SELA(さつまいも入りご飯)”、
”AYAM(鶏肉)”、”SAPI(牛肉)”と3種類あるようです。
どれも、ご飯とちょっとしたおかずが包んであるんだと思います。
こういうお弁当はナシ・ブンクスとか、ナシ・ジンゴなどと呼ばれ、
ワルンや街角でよく売っています。
日本だったら、コンビニのお弁当や丼みたいな感覚でしょうか?
ちなみに、バリヒンドゥーでは牛は神聖な動物とされ、本来は食べないようです。
気にせず食べる人もいるようですが、師匠宅では食べません。
なので私たちも師匠宅に何か食べ物を買って行くときは、
牛肉入りでないよう気をつけています。

途中でタクシーを拾い、車窓から通りの景色を眺めます。
最近は、日用雑貨などを売るワルンで、携帯のプルサを売る店も多いです。
street2-07/01/17
バリで地元の人が使う携帯、スマホはプリペイド式のものが多く、
SIMカードの残高(プルサ)がなくなったら、店でチャージするのです。
(私は、現地で使うスマホの管理は夫に任せてるので、実はよくわかってませんが、
一応そういう仕組みなんです)
通話やメール程度ならそれほど使わないのが、最近はスマホで画像を見る人、
ゲームをする人も多いので、プルサはすぐになくなってしまいます。
それで、プルサを売る(チャージを代行する)のも、いい商売になってるみたいです。

本屋さんやコンビニで買い物するうち、夕暮れどきになりました。
sunset07/01/17
西の空がバラ色に染まり、木々と家の屋根がシルエットになっています。
ふと、もう明日の夕方にはここにいない、と気づいて、切なくなりました。
この日はチェックアウト前日だったのです。

おセンチばかりしていても仕方ないので、夜は部屋で、
コンビニで買ってきたビール等の飲み比べです。
beer07/01/17
いつも飲むのは左から2番目のBINTANG(ビンタン)ですが、
一番左のBALI HAI(バリハイ)も好きな人が結構います。
味はそんなに変わらないけど、バリハイの方が少しクセがあったかな?
コンビニやスーパーでは、バリハイの方が微妙に安いことが多いです。
左から3番目の黄色っぽいBINTANGは、ビール&レモンで、
味はビールのスプライト割とそっくりでした。
一番右のGreen Sandsは、スプライトそのものといった炭酸飲料です。
以前はアルコール入りだったらしいけど、今はノンアルコールです。
ということで、飲み比べるのも面白いけど、やっぱり好きなのは
いつものBINTANGかな!と思いました。

明日は翌日、1月滞在最終日の朝のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(サンパイ・ジュンパ・ベソッ=また明日)!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。