花の世界<2017年1月>

lotus3-07/01/17
こんにちは。昨日からまたバリ編、今年1月のバリ島滞在の続きを書いています。
1月7日朝、散歩中に嬉しいものに出会いました。
咲きかけた、ハスのつぼみです。
朝の光と緑の中で、うっとりと目を覚ますようにゆっくり開く、
その美しい色と形、そこだけが別世界のような気がしました。

横から見ると、外側の花びらはもう開いて、準備を整えています。
lotus1-07/01/17
こうして見ると”萼(がく)”が見当たらないのですが、
萼は開花時にはほとんど枯れて、落ちてしまうんだそうです。
ハスの花は、朝開き始めるとまた昼頃に閉じ、それを3日繰り返して、
4日目に開いたまま花びらが落ちていきます。
なので確信は持てませんが、花びらがまだ傷んでいないので、
これがたぶん開花初日だろうと思います。

すぐ近くに、まだ閉じた状態のつぼみがありました。
lotus2-07/01/17
ふくらんで、先が閉じた形、これもきれいです。
こちらは翌朝咲き始めていたので、また後日その様子もアップします。

朝開く花もあれば、朝には落ちてしまう花もあります。
ゴバンノアシは、私が散歩する時間にはまだぎりぎり、いくつか木に残っています。
gobannoasi07/01/17
ふさふさの長い雄しべと白い花びらが落ちると、雌しべだけが1本残り、
やがて左に見えるような”碁盤の脚”型の実になっていきます。

その近くには、オオミフクラギの木があり、ころんと丸い実がなっています。
oomifukuragi2-07/01/17
実はぶら下がるようにいくつもつき、結構目立ちます。

上の方で、キョウチクトウに似た白い花も咲かせています。
oomifukuragi07/01/17
花も実も見た目は楽しめるのですが、オオミフクラギは全体に強い毒があります。
ぶら下がる実のつき方は、一見マンゴーに似ていなくもないのですが、
こちらは絶対食べたりかじったりしないでくださいね。

明日もこの朝のつづきを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。