バンリからの帰り道③海沿いのバイパスと夕食<2017年1月>

from bangli21-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月6日の続きです。
涼しいバンリの山の方から海沿いのバイパスまで下ると、さすがに暑くなった。
緑の水田の向こうに、海も見えてきた。
バイパスは、大きなトラックもバンバン飛ばして走っていく。

道路沿いには石関係の工房がいくつもあって、美しい石彫りのものが並ぶ。
店の前のベンチでは、そろそろ仕事上がりなのか、男性が何人か座っている。
from bangli22-06/01/17
木陰のベンチでおしゃべりのひととき、ほっとくつろぐ夕方の風景だ。

こちらは陶器の店のようで、水瓶や像などが並ぶ。
from bangli23-06/01/17
水瓶はサイズも様々で、かなり大きなものもある。

ちょっと凝った、庭用の置物も並んでいた。
from bangli24-06/01/17
少し前から、あちこちの店などで、流水を組み合わせた置物をよく見かける。
この手前の青いのも、竹の樋と水車を組み合わせ、陶器のカエルをのせ、
池の景色を再現したような置物だ。
その右側のものは竹製の人形と水車で、人形が水車を回しているように見える。
奥には、ガネーシャ像の周りに壺を並べたものが見える。
これも上から水を流せるようになっているんだと思う。
いろいろ考えるものだなあと思う。

木陰のワルン、この風景は何だかほっとする。
from bangli25-06/01/17
ここも左側は工芸品の工房になっているようだ。
入口に、大きなブッダの像が見える。

大きな流木の根みたいなのも売っている。
from bangli26-06/01/17
そういえば、こんなに大きくはないけど、遊歩道沿いの店でも
流木を飾りにしているところがあった。

こちらは、木製の東屋を作っているようだ。
from bangli27-06/01/17
ホテルや店の注文が中心だろうけど、庭にこんなのがあったらいいなあ、
なんてつい想像してしまう。

道端では、トウモロコシや果物を売る人もよく見かける。
from bangli28-06/01/17
このおばちゃんは、トウモロコシを売っているようだ。
左端に、袋詰めのトウモロコシを並べた棚が見える。

帰りはそれほどの渋滞もなく、直接ホテルに送ってもらい、
午後4時半頃帰り着いた。
お腹も空いていたので、少しして早めの夕食を食べに出かけた。
この日は、いつもとはまた違う、どっぷり濃いバリの世界に浸っていたので、
逆になんだか、バリっぽくないものが食べたかった。
それで、行ったのはよくナシチャンプルを食べる店だけど、
少し贅沢してがっつり肉料理にした。
dinner1-06/01/17
でもこうして見ると、結局どこかバリっぽい料理だ。
豚肉のなんとかだけど、名前を忘れてしまった。
でもとにかくいい味で、よく冷えたビンタンビールも美味しかった。

夫は鶏肉のなんとかだったと思う。
dinner2-06/01/17
いつもはこうして記事に書くとき、レシートを見返して料理と値段を確認するのに、
たしかこの日はお店の機械が調子悪くて、レシートが出なかったのだ。
以前は手書きで出てたけど、最近は入力してレシートはプリントアウトになっていた。
それで、この日食べた料理名と値段は記録になくて不明だ。
でも、出来立て熱々で美味しかった。

まだ時間も早かったので、ぶらぶら散歩しながら帰り、途中でお茶までした。
明日はそのことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。