バンリからの帰り道②山から平野へ<2017年1月>

from bangli12-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月6日の続きです。
バンリからの帰り、道は山から次第に海沿いの平野へと下っていく。
途中であちこちに水田が見える。
ここは水を張ってこれから田植えというところだろうか。

こちらはもう田植えが済んで、ずらりと並んだ柔らかな緑色の早苗が可愛い。
from bangli13-06/01/17
水田の左側に茂るのはたぶんアランアラン(チガヤ)と思う。
奥にはココヤシの木が並び、海に向かって次第に空が開けてくる。

途中でいくつか、小さな町を通っていく。
from bangli14-06/01/17
曲がり角に、何と漁師の像がある。
いつも海辺で見る”漁師の像”とは違うけど、どこか親しみがわく。
こっちの漁師の像は、左手に大きな魚を下げ、右手には船の櫂を持っている。
腰布を巻き、前にお供えもあるので、大切にされてるようだ。
右手に持つ櫂が折れちゃってるのがちょっと残念だ。

線香やお供え用品を売る店もある。
from bagli15-06/01/17
バリヒンドゥーの家ではどこでも、毎日お供えして、必ず線香を添えるから、
かなりの量を消費することになる。
前に師匠宅近くでお供え屋さんを見た時は、驚くほどの種類の線香があったけど、
各家で、好みの香りを選んでいるのだと思う。

道端の大きな木陰に、ぽつんと1軒のワルン、こういう風景は
私はとても好きだ。
from bangli16-06/01/17
店の後ろにはバナナの木が茂り、その後ろには水田が続いている。

通り沿いに、いろんな工房が所々にある。
from bangli17-06/01/17
ここは瓦葺きの東屋が3つも並んでいるので、こうした東屋を
作って商っているのだと思う。

少し行くと、また水田が広がる。
from bangli18-06/01/17
ここも、田植えから少し経ったくらいだろうか、まだ若い苗が
ずらりと並んでいる。

バイパスまで出ると、海側は景色がぱあっと開ける。
from bangli19-06/01/17
バイクも皆どんどん飛ばして走っていく。
バイパスと海の間も、結構広く水田が広がっている。

石造のものが並ぶ工房も、通り沿いにたくさんあった。
from bangli20-06/01/17
石像や石造りの門、祠などがずらりと並べられている。

明日もこの続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。