観光村プンリプラン②民家の台所と門<2017年1月>

penglipuran17-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月6日に訪れたプンリプランの続きです。
村内の家々は人が普通に暮らしているけど、門が開いているところは
中に入って中庭から見学させてもらうことができる。
門をくぐると、中で土産屋やワルンをやっているところも多い。
私たちも土産物屋の一つに入っていくと、中庭に面して台所棟があり、
そこは中に入って良いと言うので、見せてもらった。
中央にどーんと煮炊きのかまどがあり、煤けた鍋釜が置かれている。
今ではLPガスとガスコンロが普及しているバリ島の台所だけど、
少し前までは、民家の台所もかまどでの煮炊きが中心だったようだ。

伝統的な台所の造りも、地域によって違いがあると思うが、
プンリプラン村ではどこも同じような感じになっていた。
こちらは別の家(やはり土産物屋)の台所だ。
penglipuran25-06/01/17
ここのかまどは、段は少し高めになっている。

かまども使いながら、現代の炊飯器も使っているのが面白い。
penglipuran26-06/01/17
窓際の台にちょこんと電気炊飯器があり、スイッチが灯っている。

バリ島の伝統的な造りでは、台所は居住棟とは別棟になっている。
プンリプラン村の場合、その台所棟は、どの家も外観を統一しているようだ。
penglipuran33-06/01/17
この右側の竹葺き屋根の建物が台所棟で、どこで見てもこんな感じだった。
なお、台所棟の配置も、伝統に従い敷地の南西側になっているはずだ。
奥に見えるのは居住棟で、こちらは家によって作りも違っているが、
方位的な配置は、伝統的な習慣に従っているはずだ。
ちなみに、中を見学できたのは台所棟だけで、居住棟の方は
観光客に公開していないようだった。

台所棟の壁も、竹で作られている。
penglipuran24-06/01/17
茶色い枠部分はココナッツ材と思うが、竹を組み合わせたのが壁材になっている。

中からかまどの上を見上げるとこんな感じだ。
peglipuran27-06/01/17
棚があり、大きなザルなどが置かれている。

こちらも中から見た、屋根の端部分だ。
penglipuran28-06/01/17
竹と木材をしっかり組み合わせてある。

こちらは、お土産で売っていた台所棟のミニチュアだ。
penglipuran32-06/01/17
これを見ると、台所棟全体の造りがよくわかる。

ミニチュアは、こんなふうに置いて売っていた。
penglipuran31-06/01/17
一番上の段は、門のミニチュアだ。

ミニチュアと同じく、どの家の門も、竹葺きの屋根になっている。
penglipuran19-06/01/17
バリ島の伝統的な門は、人一人が通れるくらいの狭い幅だ。
でもやはり、普段は見るのは瓦葺きが多く、たまに茅葺という感じなので、
竹葺きだと雰囲気が違い新鮮に思える。

門の周りや門扉などは家により様々で、違いを見るのも楽しい。
penglipuran30-06/01/17
道からは数段上がっていて、塀との間にはいろいろな草木が植わっている。

門からちょっと覗き込むと、土産屋やワルンなのだとわかる。
penglipuran18-06/01/17
景観を損ねないためか、表にはあまり看板を出してない所が多かった。

こちらもワルンで、お土産も売っているようだ。
penglipuran21-06/01/17
ちょっとのぞいて、心惹かれた店にふらりと入っていくのも楽しい。
と言っても、私たちは勝手がよくわからず、師匠がふらりと入っていくと
それにくっついて行くような感じだった。

ここは、表からも見えるようにワルンの看板を出している。
penglipuran22-06/01/17
どこかで食べてみたい気もしたけれど、今回はお土産を見るくらいで、
特に食べたりはしなかった。

ここは、奥が何かの工房になっているようだ。
penlipuran23-06/01/17
同じような作りでも、少しずつ雰囲気が違っていて面白い。
私は、門のすぐ内側に草木が植えてあると、つい目を引かれてしまう。

カラフルな土産物は、ちらっと見えるだけでも目立つ。
penglipuran29-06/01/17
金ピカをあしらった色とりどりの細長い布は、男性用のウドゥンだった。
ウドゥンは、男性が正装の時頭に巻く、鉢巻のようなものだ。
でもバリ人が儀式でこんなカラフルなのをしてるのは見たことがないので、
これはやはりお土産用という感じだ。

明日は、何軒かのぞいた土産物屋のことを書きます。
明日はその様子を書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。