観光村プンリプラン①竹の屋根と竹林<2017年1月>

penglipuran14-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在のことを書いています。
1月6日、師匠と私たちは、師匠の親戚Nさんの運転する車で、
バンリ地方へとお出かけした。
目的地はプンリプランPenglipuranという村で、古い街並みが美しいところだと、
以前演奏の仕事で来たことがあるという師匠が言っていた。
私は全然知らなかった場所で、手持ちのガイドブックにも出ていない。
帰ってからインターネットで調べると、1993年にインドネシア政府により
指定された観光村で、新たに造られた村なのだそうだ。
入口近くの看板には”Selamat Datang Di Wisata Penglipuran"と書かれている。
”プンリプラン観光村へようこそ”という意味だ。
観光村なので見学には入場料が必要で、私たちは駐車場入口で徴収された。

昔ながらのバリのデサ(村)の景観と暮らしを守ろうと志した人々がこの地に集まり、
バリ独自の方位決めに従って街並みを作り、住んでいるのだそうだ。
penglipuran15-06/01/17
ここだけで一つのバンジャール(集落の自治組織)を作っているようだ。
入口を入ってすぐの建物にはBALAI BANJAR(バレ・バンジャール)と書いてあり、
ここがバンジャールの集会所になっているようだった。

バレ・バンジャールの建物の前には、村内の地図があった。
penglipuran1-06/01/17
地図の掲示板の上の屋根は竹製だ。

通路を挟んで向かい側には、昔ながらの集会所らしい建物があった。
penglipuran2-06/01/17
高床で、風通しが良さそうな東屋の作りだ。
街中では、バンジャール集会所も近代的な建物が多いけれど、
田舎や古い村などでは、こうした集会所を時々見かけることがある。

集会所の大きな屋根も、竹で葺かれている。
近くで見ると、こんな感じだ。
peglipuran3-06/01/17
隙間には結構草が生えている。
伝統的な作りの建物でも、普段見るのは瓦葺きや草葺きの屋根が多い。
竹で葺いたものをじかに見るのは初めてで、珍しいなーと思った。


横から見ると、竹板を何枚も重ねて葺いてあるのがよくわかる。
penglipuran4-06/01/17
集会所の東屋は、とても広い造りになっている。
これなら、村中の人が集まることもできるのだろう。

道を奥へと進んでいくと、これぞ昔さながら、という風景が現れた。
penglipuran5-06/01/17
道の両側に家々が立ち並び、各家の門の屋根も竹噴きだ。
バイクも車も通らない、のんびりした村の空気が流れている。
でも屋根が見慣れない竹葺きなので、私にはどこか不思議な感じだ。
左側に電柱と電線があるのがちょっと残念、これがなければもっと完璧に、
タイムスリップしたような感じになるのになと思う。
このメインストリートだけでも、地下埋設にしたらいいのになと思った。

メインストリートは山に向かって上がっていて、所々、階段がある。
penglipuran6-06/01/17
階段の横に、ガムラン演奏の石像があるのが楽しい。

突き当たりに、村の寺院があった。
penglipuran7-06/01/17
この日は、インドネシア国内からの観光客が多かった。
みな次々と、寺院の前で記念撮影をしている。

寺院の塀は、いい感じに苔むしている。
punglipuran16-06/01/17
でも熱帯の蒸し暑い気候では、石が苔むすのも早いので、
村の歴史を考えても、それほど古い塀ではないのだろう。

観光村とはいえ、お寺はきちんとしたバリヒンドゥー寺院だ。
門の前にはインドネシア語、英語、日本語の注意書きがあった。
penglipuran9-06/01/17
”露出度の激しい服装は避けること””生理中の女性は寺院に入れません”
”ガイド、寺院の管理人の指示に従うこと”などと書かれている。
この日見る限り、多いのは圧倒的にインドネシア国内からの人で、
たまにポツポツとガイドに連れられた欧米人がいた。
日本人観光客には一人も出会わなかった。

寺院の前を左手へと行くと、大きな東屋がある。
ここは自由に座ってくつろいで良さそうだった。
penglipuran8-06/01/17
私たちも、ここでちょっとお菓子を食べて休憩した。

東屋の向こう側に、門と塀に囲まれた寺院の台所棟があった。
penglipuran10-06/01/17
水道や調理台などが見える。
祭礼などの時に、ここで大勢で料理を作るのだと師匠が言っていた。

昼近くなり、辺りはかなり暑くなってきたが、そこからさらに奥へと、
道を進んで行ってみる。
街並みが途切れた向こうに、竹林があった。
penglipuran12-06/01/17
鬱蒼と茂る丈が日差しを遮り、涼しい風が吹き抜けていく。

竹の種類はよくわからないけど、背丈がすごくて太さもそこそこあり、
日本の竹林よりワイルドな感じだ。
penglipuran11-06/01/17
なるほど、こんなにふんだんに竹があるから、竹で屋根を葺いたり、
建材としていろいろに使えるのだなあと思った。
竹林と、竹葺きの屋根の家々をセットでこうして見られると、実感がわく。

所々で、筍が顔を出している。
penglipuran13-06/01/17
「これは食べられるんだよ、時々市場で売ってる」と師匠が言うので、
「日本でもタケノコと言って、これ食べるよ」と言うと、師匠の方が驚いていた。

ところで、観光地の見学ではトイレが気になるところだけど、
ここでは入口近くと寺院の近くに、そこそこきれいなトイレがあった。
入口近くの方は洋式で何とペーパーもあってびっくりした。
(ローカルトイレだと和式に近いもので、普通ペーパーもない)
一応有料でRp.2,000(約17円)と書いてあり、入口近くは料金箱があったが、
寺院近くの方は徴収人がいるようだ。
この日は日本人観光客には会わなかったけど、トイレがOKだし街もきれいなので、
これからもっと来るようになるかもね〜なんて夫と話した。
今のところ、ここはガイドブックにも出てなくて、ツアーコースにも入らないようだ。
伝統的な街並みと言っても、新しい(1990年代にできた)村、というところが
あまり日本人好みではないのかもしれない。
でも、日本でもあちこちにある”民俗村”のようなものと思えば、
家の敷地にも入って見学できるなど、普通の村と違う面白さもあると思う。

そう、私も行くまで知らなくて驚いたのだけど、プンリプランでは、
各家の門をくぐり、敷地に入って中庭や台所など見学できるのだ。
ただの民家もあるし、お土産屋やワルンを営む家もある。

明日は、見学した家々の門や台所の様子などを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※プンリプラン村については、次のサイトと本を参考にしています。
   サイト:「バリ島ナビ」より「プンリプラン」
   本:「バリ・スタイル OLD&NEW」アートダイジェスト編 京都書院アーツコレクション
     「荻野矢慶記写真集 バリの伝統美」東方出版
   
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。