バンリへの道のり①<2017年1月>

to bangli6-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月6日の続きです。
この日は師匠とプンリプランという村へお出かけで、Nさんの運転する車で
バンリ方面へと向かった。
バンリはバリ東部の県で、バトゥール山周辺を含む地域だが、
この日の目的地・プンリプランは、県庁があるバンリ中心街より少し北にある。
海沿いからのバイパスから北に折れバンリに向かうと、山に向かって標高が上がり、
次第に緑の多い、田舎びた街並みになってくる。
道沿いに、所々ポツンと、いろんな店がある。
ブロック積みの簡素な店先には、お姉さんが座っていた。
この店は”GESIT CUCI MOTOR(スピード洗車)"とあるけどもちろん洗車機でなく、
このお姉さんが手早く洗ってくれるのだろう。
田舎だけでなく、街中でも手洗いの洗車屋さんは多い。
自動車より、バイクを洗うお客さんの方が多いかもしれない。
特別なスキルがなくてもできる、手軽な商売の一つなのだろうと思う。
この店、さらに”JUAL PERMATA(宝石売ります)”とも書いてある。
宝石といっても、日本で言うところのストーン類のことと思う。
バリの人(特に男性)は、よくパワーストーンの類の指輪をしている。
石は専門店のほか、市場でもよく並べて売っている。

家並みが途切れると、田んぼが広がっている。
to bangli7-06/01/17
日本の田舎道を走っているかのようだ。

そして、また店の並びがある。
左側は、何か棚のようなものを作る工房みたいで、
店先(木の下右側の棚)では瓶入りのガソリンを売っている。
今ではガソリンスタンドもあちこちにあるけど、
少し前まで、こうした店で買って車やバイクに入れるのが普通だったようだ。
こうして売ってるガソリンだと近所ですぐ買えたり、
待たずに入れられるので、今でも便利に使う人は多い感じだ。
to bangli8-06/01/17
右側の店はランドリー屋さんで、お客さんの洗濯物は天日干ししている。
大手のランドリーだとまとめて工場に持っていき機械乾燥をかけるけど、
個人のランドリー店では、洗濯機で洗い、乾燥は天日干しが多いようだ。

バビ・グリン(子豚の丸焼き)の店もある。
店で丸焼きにした子豚は、肉や皮、内臓などに切り分けられ、
それをご飯と盛り合わせて店で食べたり、包んで持ち帰りにしたりする。
バリ人の大好きな食べ物で、ちょっとしたご馳走の一つだ。
こうした専門店も、あちこちにある。
to bangli9-06/01/17
この店は”NASI BERAS MERAH”とあり、ご飯は赤米を使っているようだ。
日本でも赤米は最近おなじみだが、バリではもっと一般的な感じだ。
ちょっとしたワルンだと、ご飯は白米か赤米、選べるところも多い。

少し先には、立派なガソリンスタンドがあった。
to bangli10-06/01/17
インドネシアのガソリンスタンドは全て国営のPERTAMINA(プルタミナ)社直営だ。
石油産出国といえ、政策などで価格は以前より値上がりしたようで、
他の物価と比べると、ガソリン代は高いかな〜という印象を受ける。
この時間は空いてるけど、朝夕の通勤通学時間帯はかなり行列になる。
スタンドならガソリンの品質は確かだけど、急ぐ人は混雑や待ちを嫌い、
ワルンなどの店先で瓶入りを買うことも多いのだと思う。
ただし最近は、PERTAMINA社の簡易スタンドも増えているので、
瓶入りを売る店や買う人も、今後少なくなるかもしれない。

ここも何かお店になるのだろうか、男性が一人、黙々と作業している。
to bangli12-06/01/17
建設、土木の作業は、まだまだ重機より人手でやることが多いようだ。
女性の作業員もよく見かける。

トタン掛けの屋根の広い工房も、所々ある。
to bangli13-06/01/17
割としっかりした木の土台と屋根の骨組み、家寺の祠にするものかなと思う。

少しの品物を色々売るよろず屋みたいなワルンは、あちこちにある。
to bangli14-06/01/17
ここも、飲み物や台所用LPガスボンベ、子供のボールなどを売っている。
お店の前にいるおばあちゃん、バティック柄のシャツがなかなか渋い。

こちらは、飲み物や氷菓子中心のワルンみたいだ。
カプチーノって書いてあるけど、まさかコーヒーマシンはなさそうだ。
多分コーヒーに氷とミルクを入れてシェイクしたものと思う。
to bangli15-04/01/17
店の前にいるおばちゃんは、こことは別の行商の人のようだ。
頭にいっぱい売り物を載せたおばちゃん、たくましくてかっこいい。
何気ない家並みや店々も、普段見る街とは違うので、私の目には新鮮だ。

明日もこの続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。