お出かけの朝、そしてバンリへ<2017年1月>

morning1-06/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在のことを書いています。
1月6日、この日は午前中からお出かけの予定で、晴れるといいなあと思っていたら、
バッチリ朝から晴れてくれて、美しい日の出が見られた。

年末のうちはウパチャラやオダランで夜遅くなり、なかなか朝早起きできず、
散歩に出るのも日の出過ぎが多かった。
でもこの朝は、お出かけ前にと急いで散歩に出たら、
6時20分頃、雲の上から昇ってくる太陽が見られて良かった。
morning2-06/01/17
太陽は雲の上に出ると力強い光を放ち、海には金色の光の筋ができている。

浜辺のココヤシの木も、朝日を受けて葉がオレンジ色に染まる。
morning3-06/01/17
この優しい、平和な風景が大好きだ。

清々しい光を放つ太陽が、浜辺のジュクンをシルエットにして浮かび上がらせる。
morning4-06/01/17
浜辺にも、朝日を見に数人の人が出てきていた。

さて、この滞在では年末年始とちょうどウパチャラが立て込んでいたのだが、
ようやく師匠が時間のとれたこの日、バンリの方へ行こうということになった。
前の日、師匠に「Penglipran(プンリプラン)って知ってる?」と聞かれた。
行ったことがないどころか、その村の名前さえ知らなかった。
以前師匠は演奏で行ったことがあり、伝統的な街並みが美しく、
とてもいいところだと言う。
バンリの町のさらに先で、結構遠いので、朝9時出発となった。
師匠宅に8時半頃行くと、運転してくれる親戚のNさんが来てくれた。
ちび娘も行くかなあと思ったら、やっぱり学校のある日なので来なかった。
私と夫、師匠とNさんの4人で出発だ。

市街地を抜けるまでは結構渋滞していたが、ようやくバイパスを外れ、
山の方向へと向かう道は、車も少なくなってきた。
道はかなりの登り坂で、標高もぐんぐん上がっていく。
to bangli1-06/01/17
黄色いのは、登り坂を表す標識だと思う。

さて、この日運転はNさんだが、車は別の親戚Kさんのものを借りていた。
それで、登り坂のせいか途中でちょっと車の調子が悪くなり、
Nさんは一旦道端に止め、持ち主のKさんに電話して相談した。
ちょうどそこからの眺めが良かったので、私たちは車を降りて、
写真を撮ったり体を伸ばしたりした。
to bangli4-06/01/17
道路の下からずっと棚田になっていて、遠くには海が見える。

田んぼは刈り取り後のようで、稲穂はなく株だけが残っている。
to bangli2-06/01/17
田んぼの向こうにココヤシの木、この組み合わせはやっぱりバリ島ならではだ。

車を止めていた道端はこんな感じで、まだこれから登り坂が続きそうだ。
to bangli3-06/01/15
幸い、Kさんに電話で聞いて何かしたらうまく行ったらしく、
車はまた順調に走り出すことができた。
ひょっとして故障だったら引き返しかな、なんて思ったけど、
うまくドライブが続けられて良かった。

田舎の方に来ると、一軒一軒の家の敷地が広いなあと思う。
to bangli5-06/01/17
ここの家は、入口に”BIDAN"と看板がかかっている。
何だろう?と思い後で調べたら、助産婦さんのことだった。
バリ島の出産事情とかは全然わからないけど、多分都市部では日本同様、
今では病院で、ということが多いのではと思う。
でも少し地方に行くと、助産婦さんも健在なのかなあと思った。

明日もこの続き、バンリへ向かう道のりのことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。