温帯のスイレン<2017年1月>

tunjung03/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月3日の続きです。
この日は午後からのレッスンで師匠宅に行った。
雨上がりのものすごい蒸し暑さの中、涼しげなスイレンが
師匠宅中庭の水鉢で花開いていた。
バリで”Tunjung Kuning(トゥンジュン・クニン)”と呼ぶ黄色のスイレンで、
これは珍しいんだ、と師匠がいつも言っている。
私も今まで、ホテルのガーデンなどでこの色のスイレンは見かけていない。
黄色は聖なる色の一つで、この花をウパチャラ(儀式)に使うこともあるそうだ。
しかし昨年8月、意外なところでこれと同じようなスイレンを見つけた。
日本のホームセンターの園芸コーナーだ。

私はホームセンターに行くと園芸コーナーで苗を見るのが好きで、
見慣れた花に和んだり、新しい花に出会ったりするのが楽しい。
昨年8月も、バリから帰って近所のホームセンターに買い物に行くと、
夏らしく水生植物の苗コーナーがあり、そこに黄色いスイレンがあった。
(あれ?これは師匠宅でいつも見るアレでは・・・)と驚いて、
品種名を見ると、”サンライズ”とある。
花の咲き方からして、温帯スイレンの一種のようだった。
そうか、あのTunjung Kuningは温帯スイレンなのか?とそこで気づいた。
今まで私が日本で見ていた温帯スイレンはピンク系や白の花が多かったので、
あの黄色のが温帯スイレンとは思いつかなかった。

バリでよく見る熱帯スイレンは、花茎が水面から立ち上がって咲くが、
温帯スイレンはあまり花茎が伸びず、水面で咲いていることが多い。
後でさらに調べると、熱帯スイレンは葉の縁がギザギザしているが、
温帯スイレンはギザギザしてないとある。
そこで改めて師匠宅のTunjung Kuningの写真を見ると、葉の縁にギザギザはない。
やっぱりこれは温帯スイレンの一種だった。
品種は”サンライズ”か似た感じの”マリアセア・クロマティラ”ではないかと思う。
いずれにしても、日本なら熱帯性の方が育てるのも難しく珍しいけど、
バリだと逆に、温帯性のものの方が珍しい、となるのだろう。
師匠が「これは珍しくて、あまりない」というのも合点がいく。
バリで私が見るのは熱帯スイレンが多いけれど、ピンクや白の温帯スイレンは、
たまにホテルのガーデンの池などで見ることがある。
管理が良ければ、熱帯スイレンだけでなく温帯スイレンもちゃんと育つのだろう。

さて、温帯日本で見慣れた花がもう1つ、この日きれいに咲いていた。
rose03/01/17
バラの花で、バリではmawar(マワール)と呼んでいる。
植えてあるのは家寺の敷地なので、これも師匠にとって特別扱いの花の一つだ。
日本の庭だって、バラはやっぱり特別だけど、
バリで見ると、この暑さで咲いていてすごい!と思ってしまう。
生き生きと茂る熱帯植物の中にあると、いっそう可憐な感じに見える。

中庭の中だけでも、温帯と熱帯が混在している。
こちらは紛れもなく熱帯のラン、カトレヤだ。
cattleya03/01/17
カトレヤは着生植物なので、師匠宅ではジュプン(プルメリア)の木の幹につけ、
何気に育てているけれど、やっぱりゴージャスだ。
バリでは、カトレヤを含めランの仲間は大体”Anggrek(アングレ)”と呼ぶようだ。
以前、ちび娘が中庭でビーチボールで遊んでいて、このカトレヤに
ボールをぶつけてしまったことがあった。
お母様が慌てて様子を見たけれど、幹から剥がれ落ちることもなく無事だった。
案外しっかり、根が木の幹にくっついているようだ。

さて、この日コピと一緒に頂いたのはいつものジャジャンだ。
jajan03/01/17
もち米や米粉などで作った伝統的なお菓子をインドネシア語でJajan(ジャジャン)、
バリ語でJaja(ジャジョー)と呼び、市場やワルンで売っている。
数種類を盛り合わせたものはJaja campur(ジャジョー・チャンプル)で、
この日は緑のLak-lak(小さな米粉パンケーキ)や蒸した黒米などだった。
そこにココナッツフレークとヤシ砂糖蜜をかけて食べる。
これが、ちょっと粉っぽいバリのコピにとてもよく合う。

コピとジャジャンでほっとして元気が出て、暑い午後のレッスンも頑張れた。
レッスンが終わり帰ってから、この日はワルンへ夕食を食べに行った。

明日はこの日の夕方のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※スイレンについては、次のサイトを参考にしています。
   「水生植物ホームページ」より「熱帯スイレンの品種」「温帯スイレンの品種」
      http://www.d5.dion.ne.jp/~dajare/tropical.html
      http://www.d5.dion.ne.jp/~dajare/hardy.html
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。