今年の春、東京にて②<2017年4月>

park1-04/04/17
こんにちは。今日も引き続き、一昨日見た東京の春の花々のことを書きます。
桜がきれいに咲く神社の境内で、フッキソウの花もいっぱいに開いていました。
フッキソウはツゲ科の常緑低木で、日本各地で山地の林内に自生しています。
グラウンドカバーとして植えられることも多く、ここの神社でも
改修工事があってから植えられたようです。
そういえば箱根神社の杉並木にも、足元にはこのフッキソウがたくさんあります。
漢字で”富貴草”だから縁起がいい名前でもありますね。
花びらがなく、白く目につく部分は雄花の雄しべで、先端が4つに分かれています。
雌花は花茎の下の方につき、雌しべの先は2つに分かれます。
雌花は数が少ないそうで、この写真の花には見当たりませんでした。

スミレがひっそり咲く姿も可愛いです。
park2-04/04/17
何となく山里の花、というイメージだけど、公園内では意外にあちこちで
さりげなく咲いています。

どこでも見かける野草だけど、やっぱり可愛いヒメオドリコソウです。
park3-04/04/17
これが道端で咲き始めると、春だなあと感じます。

ナズナも、見ると懐かしくなります。
park4-04/04/17
小さい頃はもちろん「ぺんぺん草」と呼んでいて、
葉の付け根を少し茎からはがし、回して「ぺんぺん」と鳴らしていつも遊びました。
今でも見つけるとついやってしまいます。

桜が咲くと、シャガの花もかなり咲き進んでいます。
park6-04/04/17
アヤメ科の常緑多年草で、涼しげな花は、これから来る初夏を予感させてくれます。
かなり古くに中国から入ってきた帰化植物だそうです。

帰化植物といえば、今はすっかり日本の春の景色になったオオアラセイトウの花も、
私が小さい頃にはまだそれほど多くなかった気がします。
park7-04/04/17
ショカッサイ、ムラサキハナナとも呼ばれるアブラナ科の越年草で、
渡来自体は意外に古く、江戸時代から栽培はされていたそうです。

花壇も花がいっぱいです。
IMG_3134.jpg
パンジーも数色揃うと華やかですね。

チューリップも、並んで咲いていると一段と可愛いです。
park5-04/04/17
暖かくなると、いつの間にか花茎を伸ばして咲いているのですよね。

ヒヤシンスも元気に並んで咲いていました。
park8-04/04/17
昔からよく花壇で見かける花は、どれも懐かしくてほっとします。

これはプリムラの一種だと思いますが、この色合いは珍しいなと思いました。
park10-04/04/17
花びらの色とフリルの感じ、ドレスみたいです。

マリーゴールド(キンセンカ)は、眩しいほどに明るい色です。
park11-04/04/17
マリーゴールドはバリ島でもよくお供えに使い、高原地帯では畑も見かけました。

シクラメンも、まだまだ頑張っています。
park12-04/04/17
凍るような寒い季節から咲いていて、今もまだ蕾をつけ、
その姿に愛おしくなります。

パンジーやシクラメンの中で、バラも咲いていました。
park13-04/04/17
もうすぐ春のバラの季節もやってきますね。

花の少ない冬の間、花壇を彩ってくれた葉ボタンも、
ポカポカの日差しに解けるかのようです。
park14-04/04/17
白いフリルの葉が、大輪の花のように華やかです。
そろそろ薹が立ち、花が咲こうとしています。

さて、このブログを始めてこの3月で5年経ちました。
5年前の3月25日に書いた最初の記事で、この辺りからの写真を載せたので、
春になるといつもまた、ここから景色を眺めたくなります。
kouenkohasi04/04/17
ここの公園は、都会の片隅でも緑が豊かで、四季折々の花々も見られ、
都会でも自然を楽しむ喜びを私に教えてくれました。
この近くに住んでいた頃は、毎朝散歩するのが何よりの楽しみでした。
今でも近くに用事があるたび時間を作って、週に一度はここを散歩します。
ここ5年の間に、芝生広場周辺などかなり木が伐採されてしまい残念です。
桜の木は伐られてはないけど、他の木の伐採で風当たりなど変わるせいなのか、
今年は桜の花がどことなく少ない気がして、少し気がかりです。
それでもやはり、ここは大好きな公園です。

思えば5年前、ブログを始めた時は、まだバリでガムランを習っていませんでした。
その年の8月からグンデル・ワヤンを習い始め、東京の身近な自然を中心に書いていた
このブログも、いつしかバリ島のことを中心に書くようになりました。
時折こうして東京のことを書いたり、国内旅行のことを書いたり、
時間も場所もあちこちに飛びますが、いつも読んでいただき、ありがとうございます。
好きなことを書き散らかしているだけなのに、読んでくださったり、
コメントや拍手くださったりする皆様に感謝です。
これからも、バリ島のことを中心に、気楽に書き続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

明日から、記事はまたバリ島編に戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。