静かな夕方の海、夕食<2017年1月>

evening4-01/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月1日の続きです。
夕方はちょっと散歩して花々を眺め、海辺にも出てみた。
午後5時半、ビーチにはもう人の姿も少なかった。
夕方の空は青く、ぽっかりと浮かぶ雲が列なして流れていく。
右奥(東側)にはペニダ島が見えていたが、左側(北側)は丘陵地帯が見えるだけで、
その奥のアグン山など高い山は見えていなかった。

さて、この日は午後にレッスンがあり、私にとっては今年の”初稽古”だった。
でもバリの人は、伝統的なことはバリ暦で動いているので、
あまりお正月気分もなく、ごく普通に、いつもどおりのレッスンだった。
Merak Angelo、Sekar Gendot(B),(C)、Seketi(B)、Sekar Sungsang(B),
Tulang Lindung(A),(B),(C)などたっぷり練習したが、結構間違えてしまう。
前日がオダランで練習なし、その前日も儀礼演奏はあったけど稽古はしてないので、
師匠宅での稽古は3日ぶりだった。
儀礼演奏を通して、特に自分で気になったのは左手の弾き方だ。
ベテラン3人と一緒に弾くと、自分だけちゃんと弾けてない、ということが
稽古の時よりはっきりとわかる。
もちろん、ベテラン3人がきっちりカバーしてくれているのだが、
できていないことは自分が一番よく、その場で実感するのだ。
私は特に左手が、微妙な強弱がコントロールできなかったり、
テンポが速くなると間に合わずもつれたりする。
とにかく、毎回の稽古で少しずつ直していくしかない。
この日も、繰り返しの1回目でできなかったことを、2回目はもっと気をつけよう、
と前より細かく意識するようにした。
儀礼演奏は、参加する嬉しさとともに、”今の自分は何ができてないか”がよくわかる、
本当にいい勉強の機会を与えてもらっているな〜と思った。

夜はのんびりしたくて、夫と、お正月だし1日くらいいいか、と言って、
ちょっと贅沢に、レストランで食べることにした。
私はメインをラムチョップにした。
dinner1-01/01/17
日本でも、がっつりお肉を食べることは最近あまりないので、
久しぶりにお肉を食べた〜という感じで、美味しかった。

夫はビーフステーキだ。
dinner2-01/01/17
バリで食べるステーキは、食べにくいほど硬いことも多いのだが、
これは柔らかくて美味しかった、と夫は言っていた。
もちろんこれは1日だけの贅沢、翌日からの夕食はずっと、お手頃ワルンだった。

明日は翌朝のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。