夕方の花散歩<2017年1月>

afternoon1-01/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、1月1日の続きです。
午後から師匠宅でレッスンした後、戻ってまた夕方、軽く散歩をした。
あまり遠くまで行かず、花々や熱帯植物の元気な葉っぱたちを眺める。
日本でも観葉植物でおなじみのクロトンが、生き生きと大きく茂っている。
クロトンはトウダイグサ科の熱帯性常緑低木で、100を越す品種がある。
葉の形や色も様々なバリエーションがあり、園芸上は葉の形で系統分けされるそうだ。
”ヘンヨウボク(変葉木)”の和名もなるほどと思う。

見上げると、3種類のヤシの木が並んでいた。
afternoon2-01/01/17
奥で一番葉を広げてるのがココヤシだが、その手前は多分ヤマドリヤシ、
右側の葉が一番細かい感じのはダイオウヤシと思う。
ヤシもいろいろあって、海辺などで一番おなじみなのはココヤシだけど、
ガーデンなどでは別の種類もよく植えられていて、見比べると面白い。

オオゴチョウの木には、実がいくつもぶら下がっていた。
afternoon3-01/01/17
マメ科の熱帯性常緑小高木で、可愛らしい赤い花の後に、
こんなふうに豆の実ができる。

ブーゲンビレアの幹の途中に仕立てられ、大きく葉を広げるのは、
着生シダの一つ・シマオオタニワタリだ。
afternoon4-01/01/17
夕方の日差しに葉が透け、葉裏についた胞子の列が模様みたいに見える。
(この胞子列が葉の縁近くまで伸びるものは、同じ仲間でオオタニワタリという)

ぶらん、と垂れ下がる赤い花が目立つのは、ヘリコニア・ロストラタだ。
これもよく、ガーデンなどあちこちで植えられている。
afternoon5-01/01/17
昨日記事で紹介したヘリコニアと同じ仲間で、下向きに咲くタイプだ。
昨日の記事のヘリコニアと同じく、赤い部分は”苞(ほう)”で、その中に花がある。
この花茎は、つい触って重さを確かめたくなる。
花茎全体はけっこう重く、たいがいアリが花のところに来ている。
ヘリコニア・ロストラタの葉は、上の方に日に透けて見える大きな葉で、
花の周りに見えるのは、多分カンノンチクではないかと思う。

日が傾きつつある夕方、花散歩をするのもいいものだなと思った。
明日もこの続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※植物については、次のサイトを参考にしています。
   「ヤサシイエンゲイ」より「クロトンとは」
       http://www.yasashi.info/ku_00009.htm
   「三重県総合博物館」サイトより「オオタニワタリ」
       http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/82848046535.htm

   「えだるまの植物図鑑」より「ヤシ科(Aracaceae)」
       http://elflowers.exblog.jp/4328228/
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。