ヘリコニアの花<2017年1月>

heliconia01/01/17
こんにちは。年末年始のバリ島滞在のことを書いています。
年が明けて2017年1月1日、前夜遅かったのでさすがに早起きできず、
午前8時頃起きて朝食をゆっくり食べた後、少し散歩して花々を眺めた。
こんな時は、一つ一つの花をじっくり眺めたくなる。
いかにも熱帯植物らしいヘリコニアは、あちこちで植えられている。
ヘリコニアは、かつてはバショウ科だったが、今はオウムバナ科と分類される。
品種がたくさんあり、花が垂れ下がるタイプもあるが、上を向いて咲くタイプは
こんなふうに花の中がよく見える。
赤い部分は花を包む”苞(ほう)”で、中に束になって見えるのが真花だ。
赤、白、緑の色合いがきれいだ。

ハイビスカスもたくさんの種類があり、花が垂れ下がって咲くものもある。
hibiscus01/01/17
長く伸びているのは雄しべと雌しべが合着した蕊注(ずいちゅう)で、
黄色っぽいのが雄しべ、先の方で五裂した赤いのが雌しべだ。
風が通ると、花がゆらゆらと揺れて可愛い。
ハイビスカスはアオイ科フヨウ属で、フヨウやムクゲ、モミジアオイやオオハマボウなど
同じ仲間で、同じような花の造りをしている。

花々を見て歩いたのは午前10時過ぎで、もう暑かったけれど、
サンユウカの清楚な白い花は、いつも目に涼しく感じる。
sanyuuka01/01/17
風車のような花びらが愛らしい。
サンユウカはキョウチクトウ科で、花は夜になると香るというが、
調べるといろいろで、あまり香らないものもあるらしい。
ここに咲いているものは、夜でもあまり香りを感じなかった。

ツンベルギアの花も涼しげだ。
ツネベルギアはキツネノマゴ科で、これもたくさん種類がある。
これは多分”ツンベルギア・エレクタ”という種類ではないかと思う。
thunbergia01/01/17
青紫色の花の中、奥の方が黄色になっている色合いも可愛い。
花の仲間としては全く違うけど、ちょっと朝顔を思わせる風情だ。

さて、滞在中の記事にも書いたが、散歩中、小鳥が飛んできて
近くの枝に止まり、写真に撮ることができた。
curcuk01/01/17
バリでcurcuk(チュルチュッ)と言われる鳥で、和名はメグロヒヨドリ、
日本のヒヨドリより小ぶりだけど、頭の感じなどは少し似ている。
curucukはそこらじゅうにたくさんいて、朝一番、日の出の少し前になると鳴き出し、
よく通る声なので、一斉に鳴くと目が覚めてしまうほどだ。
鳴き声は、普段は名前通りチュルチュッという感じで聞こえるが、
時々興奮すると、ピピピピ、とすごい大声で鳴くこともある。
普段の声は美しいので、よくこれを鳥かごに入れて飼っている人もいる。

元日の海辺は晴れて穏やかで、波打ち際では外国人の子供連れが遊んでいた。
beach01/01/17
年末年始の観光客のピークも元日までで、この後は少しずつ人が引けていく。
この日は午後からレッスンがあり、夕方帰ってからまた少し散歩した。

明日は、この日の午後のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。