今、入院してます

今、現地で入院しているので、しばらく更新できません。

今朝のアグン山<2017年12月>

pagi1-27/12/17
薄曇りで、それほど暑くない朝を迎えたバリ島から、こんにちは。
今朝は雨も降っていなかったので、少しだけ遊歩道に散歩に出てみました。
海辺から、アグン山の堂々とした姿が見えました。
今朝は噴煙は上がっていないようで、穏やかな姿でした。
あらためて見ると、この大きな山が噴火したなんて信じられないほどです。
時々小規模な噴煙が上がる日もあるようですが、
今の所、飛行機に影響するほどではない感じです。

アグン山噴火の影響で、観光客のキャンセルも相次いでいたようですが、
私が来てからは、街はそれほどガラガラ、ということもないです。
政府の援助で割引を行うという発表もあるし、多分ツアーや宿泊など、
かなりディスカウントをしているのではないでしょうか。
欧米がクリスマス休暇に入ったせいもあるのか、私が見る限りでは、
ホテルやレストランなどもそこそこ人が入っています。
もっとガラーン、シーンとしてるのかなと思いましたが、
それほどでもなくちょっと安心しました。

さて、8月にはまだ工事中だった屋台村の跡地には、
新しいリゾートが出来上がっていました。
pagi2-27/12/17
中央にあった大きな木も、伐られずに残ったのでほっとしました。
でも、誰でも入れた屋台村の方が、開放的で良かったなあ、なんて思いました。
あの大きな木にも、気軽に近づけない感じがします。

昨日は体調を崩してほとんど一日寝ていましたが、だいぶ回復してきました。
今日は午後からレッスンに行く予定です。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampan jumpa besok(また明日)!

雨季のバリ、オダラン前のお寺<2017年12月>

purq2-25/12/17
今日も時々雨が降る雨季のバリ島から、こんにちは。
書いている今は雨が止み、日が差しているのでものすごく暑いです。
昨日は、師匠の地域のお寺の一つでオダラン(周年祭)があるので、
バンジャールのグループのガムランを聴きに行ってきました。
奉納芸能などがたくさんあるのは、実は今日なのですが、
昨日はそれに先立って、寺院内で何か儀式があったようでした。
なので境内はガランとして、関係者しか来ていません。
昨日は朝から午前中までかなりの豪雨だったので、
境内もまだ水たまりが残っています。
私が行った午後には晴れていました。

行くと、バンジャール所有の楽器が既に東屋に並べられていて壮観です。
pura1-25/12/17
このガムラン楽器は、90年ほど前の古いものだそうです。
(もちろん、木枠部分などは塗り直しています。)
この日はゴン・クビャールという編成のガムランで、
最初はルランバタンという古い形式の荘厳な曲から始まりました。
儀式だけのため、つまり神様のためだけに演奏しているこの日のガムラン、
人間で聴いているのは、関係者と私たちだけ、という贅沢な状況でした。

しかし、バリ島の儀式というのはとにかく長い、というか全く様子がわからず、
演奏もいつ始まっていつ終わるのかわかりません。
この日は結局、午後1時から午後6時頃まで、東屋の縁にずっと座ってたので、
正装ということもあり、さすがに足腰が痛くなりました。
翌日はいろんな踊りがあるので、その後はさらに、踊りとの合わせ練習とのことでした。
途中休憩はあるとはいえ、ずっとこの固いタイルで座って演奏している人たち、
技術はもちろん、体力もすごいな〜と思います。

踊りとの合わせ練習を見てく?と言われたけど、私はさすがに体力の限界でした。
一旦師匠宅に戻って休憩し、合間の時間で師匠がレッスンをしてくれたので、
何曲か弾いて、それからホテルに戻りました。
もう疲れ果てて頭もぼーっとしていたので、手が思うように動かず、
いつもならほとんど間違わずに弾ける曲も、もう散々でした。

そして今日、本当はここのオダランの奉納芸能を観に行く予定だったのですが、
疲れたせいか昨夜から体調を崩したので、今日は思い切って休みました。
レッスンも、それにオダラン見学も、いつも本当に楽しみにしてるのですが、
体がついていかないので仕方ありません。
今日はゆっくり休んで、この後のレッスンに備えます。

というわけで、今日は昼過ぎまでずっと寝ていたので、更新も遅れました。
まだ大好きな朝の散歩もしてないのですが、
明日は散歩できたらいいなあと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampan jumpa besok(また明日)!

リュウゼツランの花芽の観察<2017年8月>

plant3-12/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在のことを書いています。
滞在中、ほぼ毎朝散歩する遊歩道沿いで、リュウゼツランの株から
大きな花茎が伸びているのを見つけました。
滞在中に咲くかなあ、どう変化するんだろう、と思って、
時々写真を撮って記録しておきました。
上の写真は、8月12日の状態で、巨大なアスパラガスみたいな花茎の
さやの部分からちらりと花芽がのぞいています。

2日後の8月14日、花芽がさらに出て、はっきりわかるようになってきました。
plant4-14/08/17

このリュウゼツランは、遊歩道沿いのホテルの、塀の前の植え込みにあります。
すぐ後ろに見えているのは、そのホテルの家寺です。
plant5-14/08/17
リュウゼツランの仲間はたくさん品種があるので、この花茎の伸びたのが
何という品種かまではよくわかりません。

さらに2日経った8月16日、さやからかなり花芽が伸びてきました。
plant6-16/08/17
一方、さやの部分はもう役目が終わるということなのか、
茶色くなって枯れてきています。

こうして見ても、花茎全体に花芽がポツポツと目立ってきました。
plant7-16/08/17

その2日後の8月18日、花芽はさらに伸びてきました。
plant8-18/08/17
つぼみが固まっている様子もわかります。

翌日の8月19日、たった1日でさらにぐぐっと伸びています。
plant9-19/08/17

さらに2日経った8月21日、花芽の先が3〜4つに割れているのが
よくわかるようになりました。
plant10-21/08/17

8月22日、枝分かれした花芽が、それぞれさらに伸びています。
plant11-22/08/17

8月23日、さらにすっくりと花芽が伸びてきています。
plant12-23/08/17

花茎全体を見ても、伸びた花芽が枝分かれのように見えるほどです。
plant13-23/08/17

8月24日、それぞれの花芽のつぼみも、かなり膨らんでいます。
plant14-24/08/17

8月25日、花茎から伸びた花芽の角度が、かなり広がってきました。
plant15-25/08/17

8月26日、つぼみもツンツン伸びてきています。
plant16-26/08/17

花芽全体もしっかりした感じになっています。
でもやっぱり、上の方はアスパラガスみたいです。
plant17-26/08/17
残念ながら、観察はこの日までになってしまいました。
多分この後、つぼみが開くともっと華やかな感じになるんだと思います。

でも、滞在中花芽が出て伸びていく様子をずっと見られたので、
こんな楽しみもいいな〜と思いました。
この植え込みは、それほど広くはないけどよく手入れされていて、
ネオマリカ・ロンギフォリアなどのお花も綺麗に咲いています。
ケジョラというホテルで、入口は目抜き通り側ですが、
ビーチ側の入口にもいつも警備員がいて、セキュリティもしっかりしています。
だから植え込みも綺麗なのでしょうね。

さて、今年8月のバリ島滞在の話は、一旦ここでおしまいです。
と言っても、次の渡バリまではまだ日があるので、その間、
秋に行った国内旅行のことを書きたいと思います。
バリの話題から一旦離れますが、よろしければお付き合いください。
明日は、9月に行った北海道・札幌周辺のことを書きます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

帰りの空と空港<2017年8月>

sky1-28/08/17
こんにちは。今年8月のバリ島滞在のことを書いています。
バリを発つ直前までどっぷりガムランに浸り、飛行機に乗って眠り、
目が覚めると、飛行機はもう日本上空にさしかかかっていました。
日本上空も夏空らしい感じです。

無事成田空港に着き、入国手続きをして、ターミナルのバス乗り場に向かいました。
ロータリーに、ハスの花が見えました。
narita2-28/08/17
バリ島では、涼しい8月の乾季でハスはあまり咲いていなかったけど、
思えば日本では、一番暑い8月にハスが咲くのでした。
日本に帰ったら暑いんだろうな・・・と思っていたけど、
覚悟していたほどには暑くなく、少し拍子抜けでした。

このロータリー、何となく日本のイメージって感じです。
narita1-28/08/17
ハスの手前には、すんなり伸びた竹があり、中央辺りには
細い枝を編んだ柴垣みたいのも見えました。

さて、話は滞在中のバリに戻ります。
ほぼ毎朝散歩した遊歩道で、今回ずっと観察した植物がありました。
plant1-01/08/17
とあるホテル前の植え込みで、リュウゼツランだと思うのですが、
でっかいアスパラガスみたいな花茎が伸びていたのです。

数日経つと、先も伸びて、つぼみみたいのも見えてきました。
plant2-12/08/17
これどうなるんだろう?と、時々撮影してみました。

明日は、滞在中変化していった、この花の様子を書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

※12/12〜年末まで、国内旅行編です。
 バリ島編は、年末に再開します。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。