キフ(黄斑)タコノキ<2017年3月>

morning22-31/03/17
こんにちは。今年3月のバリ島滞在、3月31日朝の続きです。
浜辺や遊歩道沿いではタコノキやその仲間をよく見かけます。
タコノキは、熱帯に約140種が分布する樹木で、大きさは種類により様々です。
この朝浜辺で見かけたのは、葉に黄色い筋が入るキフ(黄斑)タコノキで、
あまり背が高くならず、明るい雰囲気の葉がきれいです。
タコノキの仲間は、アダンなど葉の縁に棘があるものもありますが、
このキフタコノキは葉に棘がなく、途中から枝垂れた葉が柔らかい雰囲気です。
葉だけ見ると、斑入りのニューサイランにも似ていますが、
気根が出た幹が見えるので、れっきとした低木です。
気根が地面にしっかり食い込むので、砂質の土壌でも倒れにくく、
熱帯や亜熱帯では、防風・防潮のために植栽されることも多いようです。

午前7時近くなり、ビーチのパラソルも開いていました。
morning20-31/03/17
夕方から夜には閉じられるこのパラソルが、朝には一斉に開き、
ホテルやビーチクラブのゲストを待っています。

朝早くにはよく見えたアグン山も、次第に霞んできていました。
morning21-31/03/17
新月から3日後で、潮はまだ大潮、干潮時には浅瀬の海草が
かなり露出して見えています。

前年8月の滞在時、まだ工事中だったお寺の門は既に出来上がり、
両脇に像が従えられています。
morning17-31/03/17
できてまだ1年も経っていないのですが、既に苔むした感じで、
古びていくのも早い気がします。

こちらは素材が違うのか、あるいは毎日磨いているのか、
まだピカピカ、遊歩道沿いのレストラン前にある像です。
morning18-31/03/17
漁師のポーズに、やたらに大きい魚もひょうきんな感じです。
いつも散歩中に見るロータリーの”漁師の像”とはまるで違う姿ですが、
これはこれで、見慣れてしまうと親しみを感じます。

浜辺に置かれた伝統船ジュクンの向こうに、アグン山がぼんやり見えています。
morning19-31/03/17
モモタマナの大木が、優しい木陰を落としています。

この日は午前中からレッスンだったので、散歩はこのくらいにして戻りました。
明日は師匠宅でのことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※植物については、次のサイトを参考にしています。
   「ヤサシイエンゲイ」より「タコノキ(パンダヌス)とは」

海辺のアマリリス<2017年3月>

morning15-31/03/17
こんにちは。今年3月のバリ島滞在、3月31日朝の続きです。
遊歩道を散歩していて、アマリリスの花が咲いているのに気づきました。
前からここにあったかな?と思いましたが、最近植えたのかもしれません。
朝日輝く海、ずらりと並んだパラソルの中でも存在感のある花です。

東京でも夏に見かけるけれど、あまりじっくり見たことはありませんでした。
花の正面から見ると、こんな感じです。
morning16-31/03/17
アマリリスはヒガンバナ科ヒッペアストルム属の植物の総称で、
以前は分類上アマリリス属とされたので、一般的にアマリリスの名で呼ばれています。
中南米、西インド諸島原産で、17世紀にオランダ人によりヨーロッパに紹介され、
以後18世紀から19世紀にかけて多数の園芸品種が生み出されました。
オランダは、今でもアマリリスの一大生産国だそうです。

それにしても、アマリリスといえばどこかヨーロッパのイメージだったので、
南国バリ島で咲く姿が、ちょっと不思議に思えてしまいました。
原産地を考えれば南国で咲く方が自然なのですが、自分の中で、
どうしてヨーロッパのイメージだったんだろう・・・と調べてみました。
そう、イメージの元は、文部省唱歌の「アマリリス」だったんですね。
小学校の教科書に載っていたそうなので、自分も音楽の時間に歌ったのでしょう。
”原曲 フランス民謡”と書いてあったので、その時にフランス!と想像して、
ヨーロッパの花、みたいなイメージが勝手に頭の中で作られたんだと思います。
ちなみに作曲はフランス人だそうで、NHKの「みんなのうた」でも紹介されています。
どんな曲だったっけ?と興味のある方は、こちらのYouTube映像をご覧になってみてください→「アマリリス」
また、この曲のアレンジはJR東日本の発車メロディとして使われ、2017年現在、赤羽駅、白岡駅、新白岡駅、久喜駅で使用されているそうです。
その発車メロディーもYouTube映像がありました。興味のある方はこちら
『赤羽6番線発車メロディー「アマリリス」フルコーラス!』
ついでに、かつてWinkの歌でも「アマリリス」ってあったんですね。それは全く違う曲ですが、
興味のある方はこちら→『Wink「アマリリス」(Live in Kintetsu)』


さて、別の場所には、インディアンヘッドジンジャーも咲いていました。
morning12-31/03/17
つやつやの赤い花穂が、何ともきれいです。

上を見上げると、モンパノキの実が、緑色のビーズみたいに連なっています。
morning13-31/03/17
朝日を浴びて、木々の葉も柔らかい色に染まっています。

いつも通る”すだれ席”を見ると、クッションの色が爽やかでいい感じでした。
morning14-31/03/17
周りの緑や砂浜と、自然に溶け合っています。

明日もこの朝の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※アマリリスについては、Wikipediaの他、次のサイトを参考にしています。
  こちらには、フランス語の歌詞なども紹介されているので、興味のある方はご覧になってみてください!
    「sender of view」より『「アマリリス」の謎の歌詞〜ラリラリラ調べは〜の意味と裏話を!』

満開のソカ(サンタンカ)の花<2017年3月>

santanka fl.-30/03/17
こんにちは。今年3月のバリ島滞在、3月30日の続きです。
午後からレッスンで、師匠宅に行きました。
良い天気が続き、中庭の花々も、強い日差しに一層鮮やかです。
家寺の敷地には、ソカSoka(=サンタンカ、イクソラ)の朱赤の花が
枝先にたっぷり茂っていて、見事でした。
この花はお供えにも使うので、民家でもよく植えられています。

よく見ていたら、実をつけた枝もありました。
santanka fr.-30/03/17
今まで花ばかり見ていたので、こういう実になっていくとは、
私も初めて知りました。

近くに、白い花が咲いていました。
flower30/03/17
花の感じから言うとキョウチクトウ科で、オオミフクラギの花によく似ています。
葉が違う気もするけれど、まだ小さい木なのでよくわかりません。
今度、もう少し育ったところを見てみたいなと思いました。

こちらはお供えや儀礼時の飾りの定番、サンダットSandat(イランイラン)の花です。
民家に植えられるのは、背が高くならない矮性種のチャボイランイランが多いようです。
sandat30/03/17
普通のイランイランだと、20mを超えるような高木になってしまうので、
チャボイランイランなら手の届く高さで花が取れ、便利です。
咲いたばかりの花はそれほど香らず、しおれるにつれて香りが強くなります。
なので、摘んで髪につけたりすると、次第に甘い香りがしてきて、
それがかなり長く続きます。
強く甘い香りは、アロマとして有名で、香水のベースノートにもよく使われます。

本や図鑑で見る熱帯の植物を、こうして何気に民家の庭で見るのは楽しいです。
練習に疲れると、中庭に出て、花々に癒されています。

この日いただいたおやつは、ウビ・ルブス(ふかし芋)でした。
ubi30/03/17
小さい頃から大好きなふかし芋、バリ島で食べるものも美味しいです。
バリでも芋に種類があり、甘みが強いもの、ややさっぱりしたものなどあります。
また、ウビ・バカール(焼き芋)もよく売られています。
焼き芋は美味しいと評判の店もあり、場所はもうチェックしているので、
そのうち行ってみたい!ともくろんでいます。
私が子供の頃も、焼き芋は買うもので、ふかし芋は家で母が作ってくれたり、
友達の家に遊びに行くと友達のお母さんが出してくれるものでした。
ほくほくの優しい甘さ、食べているとそんな子供時代を思い出しました。

明日もこの日の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

青空と中庭の花<2017年3月>

cattleya29/03/17
こんにちは。今年3月のバリ島滞在、3月29日の続きです。
師匠宅でお昼をいただいた後、少し昼寝をして起きると、午後の青空がきれいで、
中庭では花々が輝いていました。
ジュプン(プルメリア)の木の幹に着生させて育てているカトレヤも、
濃いピンク色の花が生き生きと開いています。

ジュプンの花は枝先についていますが、午後の日差しが強くて、
見上げるとまぶしいです。
frangipani29/03/17
師匠宅に植えてあるのは、お供えやお祈りによく使うルブラ種のプルメリアで、
先が尖った葉は、葉先が丸いオブツサ種より軽やかな感じです。

小さくて可愛いミツバハマゴウの花も咲いていました。
ミツバハマゴウはシソ科(旧クマツヅラ科)ハマゴウ属の低木です。
lelegundi29/03/17
バリではリリグンディlelegundiと呼ばれ、薬用に使われます。
葉を少し揉むとスーッとした香りがして、それが虫除けになると師匠が言ってました。
バリの農村地帯ではこの枝葉を集めて燻し、蚊やりにしたと本でも読んだのですが、
同じような話を沖縄・西表島でも聞いて、驚いたことがありました。
西表島の農家では、ミツバハマゴウや、同じ仲間で浜辺に生えるハマゴウの枝葉を集め、
家の前で夕方燻して煙を家の中に入れ、蚊を追い出してから閉め切っていたそうです。
そうすれば夜の間、蚊に煩わされず眠れたとのことです。
遠い島と島で、同じ植物を同じように使っていたのは面白いなと思いました。

ミツバハマゴウのそばでは、鉢植えのアロエが元気に育っています。
aloe29/03/17
日本でも薬用として火傷などに使いますが、師匠宅ではちび娘が転んだりすると、
師匠がこのアロエをちょっと切ってきて、傷につけてやっています。
切っても切ってもぐんぐん育つから、経済的なキズ薬ですね。

アロエの近くにあるこの低木、枝にびっしり小花がついて可愛いです。
調べたところ、キダチコミカンソウの一種のようです。
flower29/03/17
キダチコミカンソウは、インドネシアではMeniranと呼び、薬用に使われます。
解熱、抗炎症、利尿、食欲増進などに効果があるとされています。

熱帯スイレンは、やっぱり熱帯の強い日差しによく似合います。
water lily29/03/17
完璧な花の形と色合いに、いつもうっとりしちゃいます。

この日のレッスンは午後早めに終わったので、一旦ホテルに戻り、
シャワーを浴びてから夕方、夕食を食べに出ました。
明日はこの日の夕食のことを書きます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※キダチコミカンソウについては、次の本を参考にしています。
   「Atlas Jumbuhan Obat Indonesia Jilid2」Dr.Setiawan Daimartha著  Merantas Generasi Sehat社

ニュピの日・夕陽を浴びる花々<2017年3月>

hibiscus28/03/17
こんにちは。今年3月のバリ島滞在、3月28日の続きです。
この日はバリ暦で”ニュピ”の日、観光客もホテル敷地外に出られないので、
私も昼間は部屋でのんびり過ごし、夕方また敷地内を散歩しました。
夕陽を浴びて、花々も朝とはまた違った感じに見えます。
ハイビスカスも、花だけでなく葉や茎の輪郭も、光でくっきりしています。

ココヤシの葉をバックに、オオゴチョウの花も鮮やかです。
peacock flower28/03/17
花びらの形、長い雄しべ、小さな蕾もよく目立ちます。

ヤマドリヤシがまとまって植わった一角で、上を見上げるのも好きです。
yamadoriyasi28/03/17
ココヤシより小ぶりでしなった葉が重なり合うと、とても風情があるのです。
葉ずれの音も、さわさわ、という感じで優しい感じです。

背の高いパンノキの、独特な形の葉が夕空にシルエットで目立ちます。
pannoki28/03/17
パンンキはクワ科の常緑高木で、特徴的な葉の形で、そうとわかりやすいです。
パンノキには、有核種つまり実の中に大きな種があるタネパンノキ(Breadnut)と
無核種つまり種なしのタネナシパンノキ(Breadfruit)とがあります。
どちらも緑色の大きな丸い実ですが、タネパンノキは実の表面がボツボツしていて、
ジャックフルーツに似た感じです。
タネナシパンノキは表面がつるっとしています。
この時は実はついてなかったけど、前に見た時はボツボツの方の実だったので、
この木はタネパンノキの方です。

タネパンノキはバリでTimbulと呼ばれ、ナンカ(ジャックフルーツ)の若実と同様、
スープや煮込みに使い、私も師匠宅で一度そのスープを食しました。
(食べた時の記事はこちら→「ある日のお昼ご飯とレッスン」
師匠と奥様の話では、ティンブルTimbulの方が実が小さいので、
時に巨大になるナンカの実より調理がしやすくていいのだそうです。
スープにすると、味がよくしみて美味しいです。

一方タネナシパンノキの実は、Wikipediaによればでんぷんが豊富で、
蒸し焼や丸焼き、あるいは薄切りで焼くなどして食べるのだそうです。
甘くないサツマイモのような感じらしいです。
また図鑑で調べると、タネナシパンノキのバリ名はSukunとありましたが、
私は食べたことがなく、バリでどう料理に使うのかは不明です。
ちなみに、南の島のお話で”パンノキ”と言って出てくるのは、どうやら焼いて食べる方の
タネナシパンノキでは、という気がします。
(私は子供の頃読んだ”ピッピ南の島へ”という本にも出てきた記憶があります)

明日も、夕方の散歩の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※植物については、Wikipediaの他、次の本を参考にしています。
   「Fruits of Bali」Fred and Margaret Eiseman著 Periplus Editions
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。