オダランでの舞踊・その3<2016年12月>

dance12-31/12/16
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、12月31日のオダランの続きです。
夜には次々と余興の舞踊が続き、最後から2つ目は”Baris (バリス)”だ。
”バリス”はもともと、儀式として重要な意味を持つ神聖な奉納舞踊の一つで、
大勢の男性が武器を手に踊る、神々を護衛する勇士の踊りだ。
余興などで1人で踊るバリスは、それを参考に作られたもので、
”Baris Tunggal(バリス・トゥンガル)”と呼ばれる。
若い戦士が戦いに赴く様を表現したもので、緊張と恐れのあまり動揺しながら、
しだいに度胸を据えて、前進していく。

バリス・トゥンガルは、踊りを習う男の子が最初に覚えるものだそうで、
観光公演でもよく見る演目だ。
dance13-31/12/16
舞台裏から、小さい男子たちが真剣に見入っている。
この子たちも踊りを習っているのかもしれない。
ためらうように進み出た戦士は、怯え、震え、ためらいながら、
やがて大きく体をひるがえし、進んでいく。
この時、たくさんの布を重ねた独特の衣装がパッと開くのが華やかで、
戦士の心の高鳴りを表しているかのようだ。

”バリス”は曲もとてもポピュラーで、ガムランのCDにもよく入っている。
CDで聞いても迫力のある曲だが、この時、間近で生のガムランを聴いていると、
うねって駆け巡る音の波に圧倒され、ゾクゾクする凄みがあった。
旋律楽器の合間から、レヨンの細かい音がさざ波のように絶え間なく、
空間をじわじわとうめて、迫り来るような音を奏で続ける。
レヨンは今まで比較的地味な楽器に思えていたが、印象がまるで変わった。
踊り手を煽り、観る人々の心を揺さぶり、見えない存在も呼び出すような、
そんなすごいガムランだった。

そして最後に、”Topeng(トペン)”の登場だ。
トペンは木製の仮面をかぶって演じる舞踊劇で、仮面そのものをトペンとも言う。
1人の演者が幾つのもの仮面を付け替えて演じる”トペン・パジェガン”は、
神事として昔から大きな祭礼には欠かせないものだ。
近年では祭礼でも複数の演者が演じて奉納するなど、スタイルが多様化しており、
また、余興や観光公演としても行われるようになっている。
topeng1-31/12/16
トペンの仮面は、日本の能面のように数種類のパターンがあり、役割が決まっている。
この面は”Topeng Keras(トペン・クラス=強いトペン)”と呼ばれるもので、
物語では冒頭に登場し、王の下で統治を支えるパティ(大臣)という役どころだ。
このオダランの余興では、舞踊の一つとしてトペン・クラスだけが演じられた。

奉納舞踊のトペンで使われる仮面は霊力の宿る神聖なものとされ、とても大切にされる。
仮面は通常籠に収められ、定期的に供物が供えられ、儀礼も行われる。
また演者は、トペン上演前には供物を捧げ、線香を焚いてマントラを唱え、
供物と籠に聖水をかけるそうだ。
そして蓋を開ける直前に3度蓋の隅を叩く演者も多いと言う。
これはワヤン・クリ上演でダランが人形箱を開ける時に蓋を3回叩くのとそっくりで、
仮面を呼び起こす、という意味があるのだそうだ。
演者はグルンガン(頭飾り、これも神聖なもの)を被り、丁重に仮面を装着し、
花飾りを両耳の上に差し込む。
この花はジュプン(プルメリア)やクンバン・メラ(オオゴチョウ)が使われ、
ギランの葉と糸で束ねて用意する。
また、頭飾りにもジュプンの花やパンダンの葉をつける。
ギランやパンダンの葉には守護の力があるのだという。

少し話がそれるが、ギランの木についてちょっと書いておきます。
GirangギランはGirang girang(ギランギラン)とも呼ばれる木で、
インドセンダン(ニーム)のことだ。
この木は葉などが広く薬用になり、バリ島でもあちこちに植えられている。
これは以前泊まったホテルの庭にあったもので、かなり大木だった。
girang-girang1-12/03/13
葉は、縁の鋸歯(ギザギザ)がよく目立つ。
girang-girang2-26/12/12
師匠宅でも育てていて、まだ若木なので上から見るとこんな感じだった。
girang-girang3-14/08/14

さて、オダランのトペンの話に戻ります。
トペンの顔の両脇、耳元に垂れているのがそのギラン(ギランギラン)の葉だ。
topeng2-31/12/16
仮面の髭や眉や髪には、ヤギや猿など動物の毛皮や人毛が使われる。
額には装飾やお守りとして、天然石をはめ込むことも多い。
ところで、トペンは木製の仮面で表情は変わらないはずなのに、
演者の動きで、なぜか顔の表情が変わるように見えることがある。
この時も、何だか一瞬、眉毛が動いて目を見開いたように見え、
ちょっと怖い感じさえしてきた。

でも周りにいる人々はもうくつろいで、見たり見なかったりで、
何か食べたり飲んだり、ピクニックのような雰囲気だ。
topeng3-31/12/16
こういう感じが、バリのオダランらしくていいなと思う。

高々と積まれた供物、神聖な仮面をつけて演じられるトペン、
それを余興として人々は楽しみ、聖と俗が入り混じる世界だ。
topeng4-31/12/16
オダランでお寺に降臨する神々も、人々にとっては身近な存在で、
神事とお祈りを済ませた後は、一緒に余興を楽しむのだと思う。
そして、家族や地域の人々も、見えない存在も、同じひと時を過ごして、
つながりを深め合うのだろうなと思った。

明日は、オダランからの帰り道のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

※トペンについては、次の本を参考にしています。
    「バリ島仮面舞踊劇の人類学」吉田ゆか子著 風響社
※舞踊については、次のサイトを参考にしています。
   (舞踊名をクリックするとリンクします。詳しく見たい方はご覧になってみてください)
     「バリ舞踊図鑑Padmanila」より「バリス・トゥンガル」

オダランでの舞踊・その2<2016年12月>

dance8-31/12/16
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、12月31日のオダランの続きです。
この日師匠のバンジャールのお寺で行われたオダラン(周年祭)では、
皆のお祈りなどが済んだ夜、余興の奉納舞踊が行われた。
地域で踊りを習っている子たちが、次々と披露していく。
5つ目の演目は”Sekar Jempiring(スカール・ジュンピリン)”という踊りだ。
ジュンピリンとはクチナシの花のことで、師匠宅にもあったが、
八重咲きのもので、日本のクチナシと同じ、とても良い香りがする。

ジュンピリンはバリ州の州都・デンパサール市の市花になっているので、
この踊りも、役所のイベントでウェルカムダンスとして踊られることも多いらしい。
衣装もなるほど、白が基調でクチナシの花のイメージだなと思った。
dance9-31/12/16
これも中高生くらいの子たちと思うが、優雅で可愛らしい踊りだった。

続いての演目は"Oleg Tamulilingan(オレッグ・タムリリンガン)”で、
男女2人による踊りだ。
("Tamulilingan"はマルハナ蜂のこと、”Oleg”は揺れる、しなやかといった意)
2匹の蜂(オスとメス)が、花の蜜を吸いながら飛び回る様子を描いた作品で、
1950年代前半に創作されたものだ。
※もともとはメスの蜂が蜜を吸う様子を表した女性のみのソロの踊りだったが、西洋のバレエのような
踊りを創りたいという欧米人のリクエストで、後に男性パートを加えてデュエットとなったそうだ。
dance10-31/12/16
ストーリーはこんな感じだ。
花を探して飛んでいたメスの蜂が美しい庭園を見つけて降り立ち、蜜を吸っている。
そこへオスの蜂も花の蜜を求めてやってきて、メス蜂の美しさに見とれ、
様子を伺い、やがて追いかけ合う。
ただの追いかけっこからやがて愛情が生まれ、ついにはオス蜂がメス蜂を射止める。

踊りは最初は女性のソロで始まり、後から男性が登場し、
2人がからむ踊りへと進んでいく。
dance11-31/12/16
ストーリーもわかりやすく、華やかで見ごたえある踊りなので、
観光公演でもよく踊られる演目だ。
というか、私はこの演目は観光公演でしか観たことがなかったので、
オダランの余興でもやったりするんだなあと思った。

この後、まだバリスとトペンがあったので、明日も続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※舞踊については、次のサイトを参考にしています。
  (各舞踊名をクリックするとリンクします。詳しく見たい方はご覧になってみてください)
   「バリ島舞踊図鑑 Padmanila」より「スカール・ジュンピリン」「オレッグ・タムリリンガン」

オダランでの舞踊・その1<2016年12月>

dance1-31/12/16
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、12月31日のオダランの続きです。
それぞれのお寺で、バリ暦で毎年行われるオダラン(寺院周年祭)では、
地域の子供達が演じる舞踊がお楽しみの一つだ。
前奏曲を終えて一旦休憩したガムランチームが戻ってくると、
踊り子ちゃんたちもカーテン裏に集合してスタンバイしていた。
午後8時近くなって、ガムラン演奏とともに、ようやく最初の演目がスタートだ。
"Puspanjali(プスパンジャリ)”という踊りで、
Puspaは花、Anjaliは敬意を意味し、歓迎の意で踊られるものだ。
1989年に創作された踊りだそうで、動きがシンプルなことから、
幼稚園や小学校で習って踊ることもあるらしい。
この時も、一番年少の子たちがこれを踊っていた。

さて、オダランで奉納される舞踊は、主にお寺の内庭で演じる神聖なものと、
外庭などで演じる余興的な舞踊とで種類が分かれる。
地域や寺院により、神事か余興かの線引きが曖昧なこともあるようだが、
余興といっても、人間たちと一緒に、神様も楽しんでいるのだろうと思う。
(その辺りの感覚は、日本のお祭りの奉納芸能と似ているのではと思う。)
主に余興として演じられる演目は、近年創作されたものも多く、
地域で踊りを習う子にとっては、この場が発表会みたいな感じになってるようだ。
ステージは、集会所の一角を広くあけただけの場所だけど、
踊る子の家族は、たいがい最前列に陣取ってスマホを構えている。

踊り子ちゃんたちが出てくると、親たちが一斉に写真を撮る。
おチビちゃんなりに、皆一生懸命ポーズを作り、腰を揺らして真剣に踊る。
と、次の瞬間、観衆の年輩女性からギャハハハ、とすごい笑い声がした。
踊り子ちゃんの誰かのおばあちゃんのようで、どうやら自分のやんちゃな孫が、
それらしくしなを作って、腰を揺らすのがおかしくてたまらないらしい。
踊り子ちゃんが腰を揺らすたびに、ギャハハハと大声で倒れそうに笑う。
近くにいた私は、その笑い方があまりにおかしくて、つられて笑いそうになる。
(いくら何でも、私が笑うわけにはいかない)と必死でこらえる。
発表会のような場で、孫が真剣に踊る様に大笑いするおばあちゃん、
なんかすごいな・・・とびっくりだけど、これもバリらしいなと思う。
つまりそれくらいみんな楽しんでいて、雰囲気は温かいのだ。

そんな中で、無事に踊り終えた踊り子ちゃんたちが退場していく。
dance2-31/12/16
踊りごとの独特な衣装も美しく、見ていて楽しい。

すぐに、次の踊り子ちゃんたちが登場だ。
次は”Tenun(トゥヌン)”という踊りで、機織り娘が
バリ島の伝統的な布”トゥヌン”を楽しそうに織る様子を表した踊りだ。
1957年に創作された踊りで、衣装はバリ島西部の伝統的な民族衣装だそうだ。
dance3-31/12/16
登場する時から、バシッとポーズを決めていて本当にかっこいい。
これは小学生くらいの子たちで、もう何回か踊っているのか、
最初のグループよりは少し慣れた感じだ。

踊りながら出てきて広がり、最初はゆったりと優雅に立ったまま踊る。
dance4-31/12/16
途中から全員座って、主に手と上半身を動かす踊りの動作がある。
それが糸を紡ぎ、機織りの枠に糸を通して絣を織る、という一連の動きで、
働く喜びを表現している踊りだそうだ。

次の踊りは”Condong(チョンドン)”で、”レゴン・ラッサム”という舞踊劇の中から、
主要な役チョンドン(女官)の踊りだけを、数人で踊っていた。
dance7-31/12/16
”レゴン・ラッサム”は観光公演でもよく演じられる舞踊劇だが、
チョンドン役はかなり上手な子が踊るようで、難しいらしい。
ところで、この時のステージはこんな感じで、すでに踊り終えた子は、
その衣装のまま、周りで家族と観たりしていた。

次は”Cendrawasih(チェンドラワシ)”という踊りで、この辺りから少し年かさの女子、
中学か高校生くらいだろうか。
dance5-31/12/16
チェンドラワシとは極楽鳥のことで、美しい鳥の様子を表現している。
1988年に創作された踊りで、羽のようにパッと広げる衣装もきれいだ。
これも、観光公演でも時々見かける演目だ。

さすがにお姉さんたちの踊りは見ごたえがあり、大勢の人が見入っている。
dance6-31/12/16
ところで、おチビちゃんたちの踊りは親が最前列で場所取りしてたけど、
この辺りになると、男の子たちが前の方で真剣に見ている。
きれいなお姉さんたちの踊りに、やはり見とれてしまうのだろうか。
そして、まだこの後も舞踊が続いた。

明日もこの続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※舞踊については、次のサイトを参考にしています。
  (各舞踊名をクリックするとリンクします。詳しく見たい方はご覧になってみてください)
   「バリ島舞踊図鑑 Padmanila」より「プスパンジャリ」「トゥヌン」
 
 また、次のサイトも参考にしています。
   「静岡文化芸術大学 室内楽演奏会」より「サリ・メカールの練習風景〜チェンドラワシ」
       http://blog.goo.ne.jp/chambermusic/e/76a9bab14293a81b78de40ffd2d61897

オダラン会場とガムラン<2016年12月>

offering31/12/16
こんにちは。年末年始のバリ島滞在、12月31日の続きです。
この日、師匠のバンジャール(集落)のお寺でオダラン(周年祭)が行われ、
私たちも師匠一家と一緒に、正装でお寺に行った。
お寺や集会所は華やかに飾られ、台の上には供物がずらりと並べられている。
果物や菓子などを何段にも重ねたこの大きな供物はグボガンと呼ばれる。
オダランが終わると、それぞれ家庭に持ち帰り、家族でお下がりをいただくのだ。
色とりどりの果物、カラフルなお菓子、ヤシの葉の飾りがとてもきれいで、
これだけの数が並ぶと壮観だ。

午後6時半を過ぎた頃、ガムラン演奏が始まった。
演奏はバンジャールのチームで、もちろん師匠一家の男性陣も入る。
メンバーは最初のうちは全員揃ってなくて、いる人たちで始めてしまう。
仕事や家の都合などあるのだろう、後から次々とメンバーが到着し、
空いた楽器の前に入り、演奏に参加していく。
gambelan31/12/16
この時のガムランは、全体で30人ほどの編成のゴン・クビャールで、
楽器はバンジャール所有のものだ。
最初は舞踊なしで、ルランバタンという古い形式の曲を演奏する。
手前の男性が主旋律のトロンポン、奥で並んでやっているのはレヨンだ。
どちらも鍋蓋のような小型ゴングを横に並べた楽器で、両手のバチで叩くが、
トロンポンはソロで、レヨンは4人で演奏する。
トロンポンやレヨンはわりとベテランの人が担当してることが多いが、
ガンサなどは、小中学生くらいの子供も入っている。
担当楽器は常に固定というわけでなく、複数の楽器をこなす人も多いので、
その時々で、適当に空いてる楽器を演奏ということもよくあるようだ。

バンジャールのガムランチームは、定期的に、また祭礼前には集中して
集会所に集まって練習する。
ガムランを習いたい地域の子も、そこで教えてもらったり、練習したりして、
やがてメンバーに加わっていく。
オダランの時は各年齢混ざったメンバーだけど、師匠のバンジャールの場合、
子供だけのチームや、若者だけのチームもある。
長男くんも時々、夜遅くまで若者チームの練習に行ったりしている。
(※伝統的にガムラン演奏は男性の役割だったが、近年は州政府の奨励もあって、あちこちで女性チームも編成されているようだ。近くの地域には、女性だけのガムランチームもあるらしい)
ともあれ、寺院祭礼や様々な儀礼に欠かせない伝統音楽ガムランだが、
地域に大勢の担い手がいて、受け継がれているのは素晴らしいなといつも思う。

ガムランや舞踊など芸能に携わる人は、祭礼や儀礼で芸能を神々に奉納して、
”Ngayahンガヤー(無償の宗教奉仕)”ができる、ということが何よりの喜びだそうだ。
”ンガヤー”の形はいろいろあって、オダランの場合も、供物作りや会場の準備、
力仕事、料理作り、お茶出し、手配や連絡調整など全てがそれに当たる。
もちろん、各家庭で必ず何かに参加することが義務なので、大変だと思うけど、
それが地域の深いつながりとなっている。
住んでなくて、見るだけの気楽な立場の私にはわかっていないことも多い。
そんな私が偉そうに語れないけど、地域でそれぞれができる”ンガヤー”に参加することは、
どの人にとっても心の中で深い喜びとなり、日々の生活を支えているように思われる。


さて、祭事の料理作りは男性の仕事になることが多いようで、この時も、
集会所の別の一角で、バビグリン(子豚丸焼き)の解体作業が行われていた。
babi guling31/12/16
写真を撮らせてくださいと言うと、手を止めて、見えやすいようにしてくれた。
丸太を切った形のまな板で、バビグリンの各部位の肉を、
食べやすいよう細かく刻んでいるところだった。
これは後で、ガムランチームなどへの振る舞いになったようだ。

やがて、家族や友達と遊びながら待っていた踊り子ちゃんたちに召集がかかった。
奉納舞踊タイムが始まるようだ。
stage31/12/16
供物台の横に、きらびやかな門とカーテンが設置されていて、
そこから踊り子たちが出てくるようだ。
お寺の内庭でなく集会所側のスペースだったので、奉納と言っても堅苦しいものでなく、
オダランの余興として、踊り子ちゃんたちの発表会も兼ねている、そんな感じだった。

明日は、この時の踊りの様子を書きたいと思います。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※記事には、次の本を参考にしています。
  「バリ島仮面舞踊劇の人類学」吉田ゆか子著 風響社

オダランに行く<2016年12月>

nasi goreng31/12/16
こんにちは。年末年始のバリ島滞在のことを書いています。
12月31日、師匠のバンジャールのお寺でオダラン(周年祭)があるため、
正装で、午後に師匠宅へ行った。
(※バンジャール:各村内の最小単位の組織で、規模的には自治会や町内会のような感じ)
お寺へ行く前の腹ごしらえという感じで、まずナシゴレンをいただいた。
近くで作りたてをブンクス(持ち帰り)してきてくれたもので、
まだ熱々で程よく辛く、美味しかった。
ナシゴレンには、キュウリが1〜2切れ付いてくることが多いけど、
口の中が辛くなった時かじるとさっぱりする。

さて、バリ島にたくさんあるお寺では、すべてバリ暦に従って
毎年一度、寺院創立を記念して祝うオダラン(周年祭)が行われる。
この”年に一度”というのが西洋暦の一年とはずれるので、
この時はたまたまそれが大晦日に重なったわけだ。
バリ暦は複雑で、多くのお寺のオダランはそのうちの”ウク暦”に従っている。
”ウク暦”には7日で1つの”ウク”(つまり1週間)が30種類あって、
この30種類のウクが1回りすると、ウク暦の1年となる。
つまり7日×30週=210日でウク暦の1年と数え、その周期でオダランや大きな祭礼が巡ってくるわけだ。
(バリ暦は何種類かの暦の組み合わせで複雑なので、西洋暦と合わせて記載した”バリカレンダー”というのがあり、
普通は地元の人もそれを見てバリ暦の祭日などを確認している。)

また、五日暦と七日暦が重なる”Tumpek"という特別な日が年に何度かあり、
お日柄が良いとされて、多くのお寺のオダランも集中しているようだ。
この大晦日もたまたまバリ暦の"Tumpek Wayang"という日にぶつかり、
師匠のバンジャールのお寺だけでなく、あちこちでオダランがあるようだった。

ホテルを出る時、スタッフにこれからオダランに行くと話をした。
「雨が降らないといいけど」と話すと、スタッフは
「きっと大丈夫、お坊さんが雨止めをしてるから」と、さらりと言う。
大事な儀礼やイベントの時、数人の僧侶が集まって、その間雨が降らないよう、
雨止めの儀式を行う、という話は何度か聞いたことはあった。
でも、あまりにもさらっとスタッフが言うので驚いてしまった。
「で、そんな時はオダランが終わった途端、降りだすのよ」と言う。
「今日はオダランが多くてあちこちで雨止めをしてるから、
雨もどこで降ればいいんだーって、きっと混乱してるわね」
スタッフも笑っていたけど、その様子を思い浮かべたら私もおかしくなった。

踊り(バリ舞踊)を習い始め、儀礼でももう踊るようになっていたちび娘は、
この日も何人かで、何か踊ると聞いていた。
私たちが師匠宅に着いた時には、もう奥様と準備に出かけていた。
ナシゴレンを食べ終えると、師匠がちび娘の様子を見に行くというので、
私も一緒について行くことにした。
making31/12/16
お寺とは別の場所で、この日踊りに出る子供と親たちが集まり、
先生やスタッフのお姉さんに着付けとメイクをしてもらっている。
踊りは何種類もあるらしく、それぞれの衣装の着付けにメイク、
そして髪結いと、何人かのスタッフが分担していた。
着付けもメイクもかなり時間がかかり、子供達は並んで待っている。
聞いたら、もう何時間もこうして準備しているらしかった。
途中でバナナ葉に包んだ軽食が配られ、何人かは広げて食べていたけど、
ちび娘は踊る前には食べられないのだそうだ。
かなり緊張した面持ちで、飲み物だけ飲んでいた。
自分も前日、儀礼演奏に行く前胃が痛くなるほど緊張したのを思い出し、
(その気持ち、痛いほどわかる・・・)と思ってしまった。

だいぶ時間が経ち、ようやく準備が終わると、先生が全員を集めて、
「さあ皆さん、お家の人と一緒に、バンジャールに行きますよ」と指示をした。
「途中で寄り道して遊ばないように。衣装は明日の朝8時までに戻してね」などと
いくつか注意をすると、一旦解散となった。
すっかり踊り子姿になった子供たちは、一斉に外へ出て、それぞれ親のバイクや車で、
バンジャール集会所へと向かった。
私も奥様のバイクに乗せてもらって、そこから直接向かった。

バンジャール集会所の奥にお寺があり、この日はそのお寺のオダランだ。
集会所にはもう大勢の人が集まり、華やいだ雰囲気だ。
people31/12/16
まず、奥様と奥のお寺の境内に入り、一緒にお祈りをした。
お寺の境内も、次々とお祈りに来るバンジャールの人たちであふれかえっていた。
少し遅れて、一旦家に戻った師匠が夫を連れてきて、お祈りを済ませてから合流した。
師匠はこの後ずっとガムラン演奏なので、すぐにバンジャールの楽団の方へ行き、
楽器の前にスタンバイだ。
私たちは、この後何がいつ始まるかさっぱりわからないので、写真を撮ったり、
椅子に座らせてもらい休んだりしながら、ひたすら待っていた。

踊り子ちゃんたちも、舞台裏の一角に集まって待っている。
waiting31/12/16
ここにいるのはまだ小学生くらいの子たちだけど、ピシッとした後ろ姿が
なんとも言えず美しくて、かっこいいなと思った。

明日も、このオダランの様子を書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※バリ島の暦について、詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧になってみてください。
  私もこのサイト記述を参考にしました。(実はまだよくわかっていませんが・・・)
  →「バリ島旅行.com」より「バリ島の暦・ウク暦とサカ暦を知ろう」
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。