<北海道編>7月のニセコの花③里の風景<2017年7月>

niseko3-07/2017
こんにちは。7月上旬に訪れた北海道・ニセコの花々の続きです。
ニセコアンヌプリ山がよく見える麓の畑には、ジャガイモが花盛りでした。
いかにも北海道らしい風景に、心が踊ります。
北海道には何度も訪れているのに、夏はほとんど来たことがなくて、
特に7月のニセコは初めてだったので、この風景はとても新鮮でした。

エゾアジサイも、ちょうど花が色づいていました。
niseko6-07/2017
中央の小さな丸い粒々、つまり蕾が開いてないので、これだと開花前ですが、
周りの花(装飾花)は上品な淡い紫色です。
エゾアジサイはあまり色褪せず、秋でもそのままドライ状態になっているのですが、
咲き始めは可憐な印象だなと思いました。

ナナカマドの新緑もまぶしく、枝々に若い実が目立ちました。
niseko1-07/2017
秋の紅葉や、冬に枝に残る赤い実はよく見ていたけれど、
この季節はいっそう生命感にあふれています。

ハウチワカエデ、これも秋の紅葉がきれいですが、7月は若い実をつけています。
niseko2-07/2017
葉に紛れて分かりにくいですが、羽のような翼状の実がたくさんぶら下がっています。

草地では、コウリンタンポポの紅色の花が目立ちました。
niseko10-07/2017
これはヨーロッパ原産の帰化植物です。

これは初めて見ました!サルナシの花です。
niseko9-07/2017
以前から、この伸びるツルがサルナシっぽいなあ、と思っていたのですが、
花を見たのは初めてでした。
サルナシはコクワとも言い、実は小さなキウィフルーツみたいな感じで、
少し酸っぱいけど、生でも美味しく、果実酒にすると最高です。
山へ行くとこのツルはよく見かけるけど、実が高いところにあったりして、
自然の実を自分で採ったことはないんです。
この位置なら、秋に行ったら実が採れるかな?と思いましたが、
地元の人も当然チェックしているでしょうね。

6月に花が咲くサラサドウダン、まだ残ってればいいなあ、と思ったら、
ほんの少しだけ残っていてくれました。
niseko8-07/2017
ほとんどは実になっていて、上向きの実もランプみたいで可愛いのですが、
ピンクに筋が入る独特の可愛い花、数輪だけ残っていて嬉しくなりました。

いつも名水を汲む場所の近くにエゾノコリンゴの木があり、春に花は見たのですが、
7月には実ができていました。
niseko11-07/2017
森林公園で見たエゾノコリンゴよりかなり大ぶりの実です。
花を見た限りではエゾノコリンゴに間違いないのですが、同じ種類でも、
実の大きさは場所などで結構個体差があるようです。

6月頃花盛りのルピナスは、まだ咲いているところもありましたが、
実がこんな感じになるのは初めて知りました。
niseko7-07/2017
うぶ毛に包まれたさやが夕日に輝いてきれいでした。

昨年11月に行ったぶどう畑を、夕方近くに訪れました。
niseko4-07/2017
そう、あの時、次のワインは7月頃、と言われていたので来てみたのです。
そして、今回ちょうど売り出し始めたばかりのワインを、
ちゃんと買うことができました。

7月はぶどうの花がつき始め、この管理で作業が忙しい時期でもあるそうです。
niseko5-07/2017
手間暇かけて作られたワインは、ニセコの風が吹き抜けるような爽やかな味わいでした。

明日は、帰りの飛行機から見た景色のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

<北海道編>7月のニセコの花②森林公園<2017年7月>

sinrinkouen10-07/2017
こんにちは。今日も7月上旬に行った北海道・ニセコの花々の続きです。
森林公園を散歩すると、この花がたくさん目につきました。
やたらに咲いているので、それほど珍しくないのかな?と思ってたけど、
後で調べたら、北海道固有種のモミジバショウマでした。
白く小さな花がいっぱい集まって、長いおしべがみっしりで可愛いです。
花の中にはアリの姿も見えます。

モミジバショウマと名前がわかってみると、なるほど、
葉はモミジっぽい形だなと思いました。
sinrinkouen11-07/2017
森林公園の中を小川が流れていて、主にその水辺にたくさん咲いていました。

あちこちの木の幹に絡みつくツルアジサイも、花盛りでした。
sinrinkouen3-07/2017
この白い花は、遠くからでもよく目立ちます。

エゾノコリンゴの木は、小さな実をつけていました。
sinrinkouen2-07/2017
秋には赤く熟し、冬に向けて小鳥たちの食糧になります。
以前一度かじってみたけど酸っぱくて、人間には生食は向かない気がしました。

森林公園は、春や秋には何度も散歩しているのですが、夏は初めてでした。
ハマナスも以前実だけ見ていたので、ピンクの花が咲いてると思ったら、
ここにあったのは白花の種類でした。
sinrinkouen12-07/2017
ピンクのハマナスとはだいぶ印象が違いますが、爽やかできれいです。

これはエゾノシロバナシモツケと思います。
東京で晩春に咲くコデマリにちょっと似てるな〜と思いましたが、
コデマリもシモツケ属で同じ仲間でした。
sinrinkouen13-07/2017
こうして歩いてみると、この季節咲いているのは
白い花が多いな〜と思いました。

足元にも、いろんな花が咲いています。
ヨツバヒヨドリはまだつぼみでしたが、これは薄紫色です。
sinrinkouen1-07/2017
ぎっしり詰まったつぼみ、もうすぐ咲くのでしょうか。

同じヨツバヒヨドリですが、こちらは白花バージョンのようでした。
sinrinkouen8-07/2017
同じ種類でも、花の色に個体差があるものも多く、
これも面白いなと思います。

すでに花びらが落ち、実ができかけのオオバナノエンレイソウも見つけました。
sinrinkouen4-07/2017
花は5月か6月頃で、以前にもここで見ていますが、やはり白い花です。
ひっそりと咲く姿が可憐で、見つけると嬉しくなる花の一つです。

これも以前5月か6月に花を見た、オオアマドコロです。
葉の下に花が垂れ下がってつくのですが、今回は実でした。
sinrinkouen6-07/2017
ころんとした実も可愛いな〜と思いました。

コマユミは、若い実をつけていました。
sinrinkouen5-07/2017
地味だけど、マユミとも違う実の形がちょっと個性的です。

これはちょっと注意!のヤマウルシです。
3枚ずつつく葉が特徴的なので、見慣れるとすぐわかります。
sinrinkouen7-07/2017
秋には真っ先に、美しく紅葉します。
ちょうど実をつけていました。

こちらはタラノキ、花が咲いていました。
sinrinkouen9-07/2017
そう、山菜のたらの芽は、この新芽です。
枝や葉はものすごく痛いトゲトゲなので、これも注意です。

森林公園の入口近くに池があり、春にはミズバショウが咲くのですが、
今回はヒツジグサの花が咲いていました。
sinrinkouen14-07/2017
スイレンと同じ仲間ですが、スイレンより花は小さめです。

黄色い花はコウホネで、咲き始めという感じでした。
sinrinkouen16-07/2017
コウホネとヒツジグサの花は、私は初めて見ました。
実は北海道に夏に来たことがほとんどなくて、特に7月は初めてなのです。
おかげで初めて見る花がいろいろあって、興奮しちゃいました。

こちらはガマ、穂がちょっとのぞいていました。
sinrinkouen15-07/2017
全く同じ種類かはわからないけど、ガマの穂はバリでも見ているので、
北国のニセコで見るのも何だか不思議な気がしました。

明日も、ニセコの花々の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

<北海道編>7月のニセコの花①五色温泉周辺<2017年7月>

gosiki4-07/2017
こんにちは。7月の国内旅行・空の旅で北海道に着いたところまで書きましたが、
せっかくなので、その時ニセコで見た花々のことも書いておきます。
まず、五色温泉周辺の花々です。
五色温泉の少し上の谷は、イワオヌプリ山の登山道入口が
ちょっとした遊歩道になっており、山歩き気分で気軽に散策できます。
標高は750mとそれほど高くないのですが、火山周辺の厳しい自然条件のため、
高山植物、山の植物がぽつぽつと見られます。
7月に訪れたのは初めてでしたが、イソツツジの白い花が満開でした。

ゴツゴツした岩の合間に、こんもり咲く花がとてもきれいでした。
gosiki3-07/2017
おしべの長い花は、なんか可愛いですね。

イソツツジより小さく、やはりこんもりした感じで咲いていたのは
エゾノマルバシモツケでした。
gosiki10-07/2017
丸っこい葉や、赤みを帯びたつぼみも可愛いです。

足元で、そこら中に咲いていたのはマイヅルソウでした。
gosiki1-07/2017
ズームで写真を撮っていますが、実際の花はうんと小さいです。
これがちまちまと咲いている姿も、たまらない愛らしさです。

白い花に赤いガクが鮮やかなアカモノも満開でした。
gosiki6-07/2017
これもあちこちに群れ咲いていました。
山深く入らず、気軽な散策でこんな花々が見られて楽しい所です。

4枚ずつつく葉が印象的な、エゾノヨツバムグラです。
gosiki2-07/2017
これは花より葉が目立つ印象でした。

すっきりと背が高い草、ヤマブキショウマです。
gosiki5-07/2017
これはまだ白い花が咲きかけでした。

タカネナナカマドは、白い花がこんもり咲いていました。
gosiki7-07/2017
秋には赤い実が目立ち、葉は燃えるように美しく紅葉します。

ミヤマハンノキの木もこの辺に多いです。
gosiki8-07/2017
こちらは雌花で、このまま松ぼっくりのように実になります。

昨年の実も、茶色くなり弾けて残っていました。
gosiki9-07/2017
葉が落ちる秋から春先までは、この実だけが枝に目立ちます。

ミネヤナギの木も多く、ちょうど実の綿毛がふわふわ飛ぶ時期でした。
gosiki12-07/2017
静かで、歩く人もそれほどない山道を、綿毛が光にきらめいて飛んで行くのは
どこか幻想的な光景でした。

ハナニガナの黄色い花は、ちょっとほっとする感じです。
gosiki13-07/2017
同じ形で花が白い、シロバナ二ガナも咲いていました。

ムラサキツメクサは、麓の方でも道端にたくさん生えていますが、
この道沿いのものは、少し毛深くもさもさして、花が大きかったです。
gosiki11-07/2017
麓で見るのと、少し印象が違って見えました。

タニウツギのピンク色の花も愛らしく咲いています。
gosiki15-07/2017
すぐ横にあるのは昨年の実かなと思うのですが、ひょっとすると、
早く咲いて既に実になった今年のものかもしれません。

タニウツギのそばに、チシマザクラも実をつけていました。
gosiki14-07/2017
後ろに見えているのは、7月のニセコアンヌプリ山です。
このチシマザクラ、花が咲くのは6月頃、雪解けのすぐ後です。
そしてすぐ実をつけて、短い夏を駆け抜けていきます。

明日も7月のニセコの花々の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

《北海道編》3日目・花々と思い出<2017年5月>

sakamoto4-14/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
3日目の日曜日、帰る前にいつもの名水を汲みに行きました。
空いたペットボトルと、昨年千歳市のホームセンターで買った水筒に、
夫が水を入れる間、周りの花々を見るのも楽しみです。
今回は水汲み場のすぐそばの池に、エゾリュウキンカの花を見つけました。
ちょうど今頃水辺に咲く花で、あまり近づけない場所が多かったけど、
この時はすぐそばに行って、写真を撮ることができました。
間近に見ると、意外にゴージャスで、存在感がある花だなと思いました。

そこでは、こんなふうに咲いていました。
sakamoto5-14/05/17
清らかな湧き水に周りの木立が映って、水面がゆらゆら揺れ、
そこに生き生きとエゾリュウキンカが茂っています。
フキに似る葉から”ヤチブキ”とも呼ばれますが、フキの仲間でなくキンポウゲ科です。
食用になり、おひたし等で食べられるので、時々道の駅でも束ねて売っています。
アイヌの伝統料理”ラタシケプ”の材料にもなるらしく、昔から春の味として
親しまれてきたのでしょう。

名水の周りも、桜が満開でした。
sakamoto3-14/05/17
これも森林公園と同じく、エゾヤマザクラと思います。
帰る日は小雨がぱらついていましたが、曇った灰色の空に、
淡いピンクが優しく見えました。

エゾノコリンゴは、白いつぼみをふくらませ、もうすぐ咲きそうです。
sakamoto1-13/05/17
2年前、5月下旬に来た時はこの花がもう咲いていました。
開いた状態だと、白い花はコリンゴ(ズミ)の花とよく似ていて、その時も
どっちかな?と思い、葉の形でたぶんエゾノコリンゴだろうと思っていました。
でも今回つぼみが見られたので、これはエゾノコリンゴ!と確信が持てました。
というのも、ズミの方だと、つぼみは濃いピンク色だからです。
つぼみが白いのはエゾノコリンゴというわけで、思いがけず
今回はっきり確かめられて良かったです。

エゾノコリンゴのすぐ近くで、針葉樹の枝先に赤いものがついていました。
todomatsu2-13/05/17
何だかすごく可愛くて、でもこんな赤いのがついたのを見るのは初めてです。

木は北海道に多いトドマツかエゾマツだろうと思ったのですが、
葉の形を見て、トドマツとわかりました。
todomatsu1-13/05/17
1つ1つの細い葉先が、鋭く尖らずに真ん中で少し凹んだような形です。
これがエゾマツだと、葉先が痛いほど鋭く尖るのです。

後で調べると、この赤いのはトドマツの雌花らしい、とわかりました。
sakamoto2-13/05/17
つまり、いずれ松ぼっくりになる赤ちゃんのような感じです。
手持ちの図鑑でトドマツを調べても、この状態の雌花が出ていなかったのですが、
インターネットで検索すると、同じような画像がいろいろ出てきました。
今は植物を調べるにも、本当に便利な時代です。

トドマツとエゾマツは、枝が上向きか下向きかという見分け方もあり、
トドマツは”天までとどけ”で上向きなのだと聞いたこともあります。
でも大きく育った木は、重みで枝が垂れ下がり、当てはまらない場合もあります。
結局、葉の形で見るのが見分けやすいようです。

その葉の形での見分け方は、学生時代、研究室の先生に教えてもらいました。
私は学生時代に研究室の植生調査で、北海道に3回来る機会があり、
その時に北海道の植物もいろいろ教えてもらったのです。
調査中は記録や標本作りなどに追われ、自分のメモをちゃんと取らずにいたけれど、
現場でじかに教えてもらったことは、記憶のどこかに引っかかっています。
北海道で花々を見ていると、ふとした時に「あ、これは見たことある?」なんて、
その記憶のかけらが蘇ることもあります。
このトドマツの葉の見分け方もそうですが、実は記憶自体はかなり曖昧で、
「どっちがどっちだっけ?」となり結局調べ直しています。
でもあらためて調べていると、また学生時代のような気分になって、
ワクワクして楽しいです(ただの植物オタクですが・・・)。
植物の調べ方など当時先生たちに教わったことは、今でも役に立っているし、
その当時はなかったインターネットも、今は旅先でも使えて本当に便利ですね。

ついでに色々思い出したので、ちょっと北海道の思い出話を書きます。
その北海道の調査、2回目は8月でちょうど夏休みだったので、
調査が終わったあとすぐに帰らず、別行動をさせてもらいました。
当時毎月札幌に出張していた父と待ち合わせて食事をした後、
札幌に下宿する友人宅に泊めてもらいました。
その友人は、前年に岩手県のユースホステルで知り合った女性で、
室蘭出身で、札幌のアパートに住んでいたのです。
その頃の私は、旅先で気が合った人とすぐアドレス交換して連絡を取り合い、
お互い遊びに行くなどよくしていました。
彼女も、小岩井農場など一緒に行って仲良くなった人で、その時は連絡して、
遠慮なく3泊させてもらいました。
私の高校時代の同級生が一人、北大に進学してやはり札幌に住んでいたので、
連絡を取って夜は3人で飲んだりもしました。
せっかく札幌に来たから〜とその同級生は、レンタカーを借りて、
支笏湖まで案内もしてくれました。
その時が、私が支笏湖を見た最初でした。

思えば学生時代は寮やアパート暮らしでお金もなく、スキーが大好きだった私も、
北海道スキーに行く余裕などありませんでした。
バイト代を貯めて、内地の安いスキーツアーに行くのが精一杯で、
一度友達に北海道スキーに誘われたけど、お金が足りず諦めていました。
就職してようやく少し余裕ができ、初めて北海道スキーに行けたのがニセコで、
あまりの雪の良さ、広々したゲレンデに感激して、時々行くようになりました。

結婚してから、スキーシーズン以外にも行ってみよう、ということになり、
初夏や秋などもニセコに行くようになりました。
豊かな自然、美味しい空気にすっかり心惹かれ、実は北海道も、
移住先として真剣に考えていました。
北海道、沖縄、バリ、その3つが夫婦で移住したいと思った土地で、
どこがいいかな〜なんていろいろ話していたんです。
北海道や沖縄では、売地や売家も見に行き、地元の人や移住した人に話を聞いたり、
私は就職試験も受けてみたりしたけど、結局決定に至るご縁がないままでした。
そうこうしているうちに、私はバリでガムランと運命の出会いをしてしまい、
他にもいろいろあって、バリに住むのがいいな!と心に決めました。
でも、北海道や沖縄に頻繁に行くうち知り合った人たちとは時々会いたいので、
こうして出かけた時、また会って話すのも楽しみです。

思い出話が長くなりました。
今回のニセコの話に戻ります。
帰る前にランチを食べた後、有島記念館の中にあるカフェで、お茶をしました。
arisima14/05/17
香り良いコーヒーだけでも良かったのに、ついモカソフトクリームを食べちゃいました。
これも美味しいんですが、この日は外気温が5℃くらいしかなくて、
館内は暖かいけど、外に出た途端体が冷え切ってしまいました。
あまりの冷えに耐えきれず、最後に寄った道の駅”ニセコビュープラザ”で、
なんかあったかいもの〜と、思わずコーンスープを買ってしまいました。
私は小さい頃からコーンスープって大好きなんですが、
この時買ったコーンスープ、熱々なだけでなく味も絶品でした。
やっぱりトウモロコシの本場、缶詰で作ったのとは違うな!と感激して、
また寒くなくてもリピートしたい!と思いながら、ニセコを後にしました。

さて、だらだらと思い出話を交えて長くなってしまいましたが、
今回の北海道編はこれでおしまいにします。
明日からまた、1月のバリ島編の続きに戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

《北海道編》2日目③森林公園<2017年5月>

sinirnkouen5-13/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
2日目の土曜日午後、森林公園を散歩しました。
曇り空でフリースを着ても寒いほどでしたが、水辺にはぽわぽわと、
エゾノバッコヤナギの雄花が可愛く目立ちました。
※普通のバッコヤナギ(ヤマネコヤナギ)もよく似ていて見分けがつかないんですが、
とりあえず北海道なのでエゾノバッコヤナギ、ということにしてます。
”キツネヤナギ”というのも似てるんですが、バッコヤナギ(エゾノバッコヤナギ)だと、
新芽の葉が外側に巻くのだそうです。
写真で見ると、確かに新芽の葉のふちが、微妙に外側に巻いています。

エゾノバッコヤナギは雄木と雌木があることも、調べて後で知りました。
花の雰囲気が違うこちらは雌花、つまり雌木ということになります。
sinrinkouen8-13/05/17
受粉すると子房が大きくなり、また違った感じに見えるようです。

雌花はうぶ毛のような短い毛に覆われて、何となくふわっと白っぽく見えます。
sinrinkouen6-13/05/17
雄花と雌花が咲いて、まだ寒い水辺のヤナギにも春が来ています。

足元の枯れ草に、おや?と思う不思議な塊がありました。
カエルの卵でした。
sinrinkouen7-13/05/17
きっと、産卵した時はここもまだ雪解けの水たまりだったのでしょう。
周りの雪がとけ、水が引いてしまって、このままで大丈夫かな?と思いました。

枯れ枝の中に、散りかけの黄色い花が見えました。
sinrinkouen8-13/05/17
この特徴ある葉、たぶんフクジュソウと思います。
花が散ったところには、実ができかけていました。

今回、あちこちでちょうど桜が咲いていたのですが、森林公園でも、
エゾノヤマザクラが花盛りでした。
sinrinkouen1-13/05/17
まだ寒い曇り空の下でも、健気に精一杯開いていました。

桜の花と淡い新緑の向こうには、ニセコアンヌプリ山の山肌が
ちらりと見えています。
sinrinkouen2-13/05/17
まだ雪が残る山は、ほとんど雲に隠れていました。

この辺りは豪雪地帯で、10月末から5月初めくらいまで、すっぽり雪に覆われます。
木々の枝や幹も、雪の重みで折れたり、曲がってまた伸びたりしています。
sinrinkouen3-13/05/17
この桜の木も、ぐにゃっと曲がってまたそこから伸び上がり、
見事に花を咲かせているので、すごいなと思いました。

冷えた体を温めに、散歩の後コーヒーを飲みに行きました。
cake13/05/17
コーヒーも豆の種類で風味が違いますが、私は割と酸味があるのが好きです。
自家焙煎のコーヒーが何種類もあって選べるこの店で、
酸味があるタイプを選んだら、ガトーショコラにもよく合いました。

夕方遅くにまた温泉に行くと、ちょうど宿泊客の食事時間だったせいか、
浴場は空いていて、のんびり入ることができました。
戻ってきて、お待ちかねのサッポロクラシックビールと夕食です。
サラダやジンギスカンの他、”季節野菜の天ぷら”を頼んでみました。
tempura13/05/17
嬉しいことに山菜がいくつか入ってました。
山うど、こごみ、たらの芽、ふきのとう、それに行者にんにく、
ほろ苦い味と山の香りが、ビールによく合って最高でした。

明日は3日目、ニセコから帰る日のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※植物については、次の本とサイトを参考にしています。
   本:「新版 北海道の樹」辻井達一、梅沢俊、佐藤孝夫著 北海道大学図書刊行会
   サイト:秋田県の植物図鑑サイトより「ヤナギ楕円形葉《ヤナギ科》」
          http://mrkoma.fc2web.com/Gyanagioval.htm
      「木のぬくもり・森のぬくもり」より「ヤマネコヤナギ」
          http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-yamanekoyanagi.htm
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、18年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。