<東京編>金木犀が香る季節の公園(2016年9月)

kinmokusei1-27/09/16
こんにちは。今日は東京編の記事です。
東京では昨日になって、あちこちでキンモクセイが香り始めました。
おとといまでは意識していなかったので、昨日急に咲き出したのかもしれません。
新宿中央公園のキンモクセイも、枝いっぱいの小さな花が開いていました。

見上げると、どの枝にもたくさんの金色の花です。
kinmokusei2-27/09/16
辺り一面、あの甘い芳しい香りに満ちていました。
私が小さい頃、実家の庭にもキンモクセイの木があって、
これが咲く頃、いつも運動会だったような記憶があります。
そのせいか、キンモクセイの香りはどこか懐かしく感じます。

花壇では、キバナコスモスが元気いっぱいに空を向いて咲いていました。
kibanakosumosu27/09/16
今の季節は、植え替えが済んだところもあり、まだ夏の花々も残るところありで、
植え込みや花壇もなかなかにぎやかです。

通路沿いの植え込みでは、ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)が咲き出していました。
hanazonotsukubaneutsugi27/09/16
冬にかけて、花が少なくなる季節もずっと咲いていてくれます。

通路といえば、いつの間にか公園のゴミ箱が新しくなっていました。
dust box27/09/16
この公園はカラスも多いのですが、この形なら荒らされにくそうです。
手前が燃えるゴミ、奥が燃えないゴミ用、色別と英語付きなので、
これなら外国人観光客にもわかりやすいでしょうか。

タマスダレやツユクサもまだ咲き残っていました。
tamasudare27/09/16
その奥には、秋らしくミズヒキがひっそりと咲いています。

寄せ植えの赤い花がぱっと目立ちました。
ニューギニア・インパチェンスです。
impatiens27/09/16
ツリフネソウ科のインパチェンスは種類がとても多いのですが、その中で
ニューギニア原産の野生種由来の品種をニューギニア・インパチェンスと言うそうです。
通常のインパチェンス(東アフリカ原産が多い)より株が大きくなります。
私も、花の形はインパチェンスだけど、やけに大きいなと思い、調べてわかりました。
ちなみに、ホウセンカも同じインパチェンスの仲間です。

歩いていて、おや?と思いました。
春先に咲くはずのヒュウガミズキ、花が咲いているのです。
hyugamizuki27/09/16
いつも桜が咲く前、まだ辺りが枯れ色の頃にこの淡い黄緑色の花が咲くのですが、
こんな季節外れに花をつけちゃって、大丈夫かな?と心配になりました。

足元では、ヤブランも花をいっぱいつけています。
fuiriyaburan2-27/09/16
この紫色が、日本の秋だなあと思わせてくれます。

日本の山野に自生するヤブランは緑一色の葉っぱですが、公園などに植えられるのは、
この斑入りの園芸品種が多いようです。
fuiriyaburan1-27/09/16
明るい色の葉っぱで、花のない季節でも通路の縁を美しく彩ってくれています。

広場の花壇には、まだペンタス(クササンタンカ)の花が咲いています。
pentas27/09/16
初夏から秋までずっと目を楽しませてくれ、まだ蕾も付いていますが、
そろそろ花壇も植え替えの時期なので、名残り惜しく思えます。

サルビアも夏から咲いていますが、これは私には秋の花のイメージです。
salvia27/09/16
サルビアは小さい頃、実家の庭の花壇でも秋に咲いていました。
昔からある園芸植物が今も植えられていると、何だか懐かしい思いにかられます。
小さい頃、お花好きの母の影響もあって、庭に咲く花を見るのが好きでした。
子供の頃は、もっとのんびり、いつまでも飽きずに花を見ていた気がします。

こちらはチェリーセージで、サルビアと同じくシソ科です。
cherry sage27/09/16
花の形が可愛くて、私にはドレスを着たお姫様が座っているように見えます。
ここのチェリーセージは植え替えもしないので、毎年かなり長く咲いていてくれます。

これはアメジストセージ、これもやはりシソ科です。
amethyst sage1-27/09/16
まさにアメジストのような紫色がきれいです。

アメジストセージは、近づくと意外に花がもさもさっとしています。
amethyst sage2-27/09/16
花々の色や表情はほんとに様々で、眺めていると楽しくなります。

秋の花々が盛りを迎えると、公園の木々も桜やケヤキから少しずつ色づいていきます。
昨日も、並木のケヤキの葉が一部黄色くなりかけていて、びっくりしました。
東京は昨日今日と暑いのですが、木々の季節は確実に秋になっているのですね。

キンモクセイが咲き出したので、今日は気まぐれに一日だけ東京編を書きました。
明日は、記事はまたバリ島編の続きに戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>緑の公園と花々(2016年8月)

park1-31/08/16
こんにちは。今日も東京編です。
都庁展望室に行った8月31日、新宿中央公園も散歩しました。
残暑の中でも、公園の中は木陰が涼しく気持ち良いです。
モミジの木の下を通ると、その向こうにヒマラヤスギの木があり、
細かい葉が強い日差しできらきら輝いていました。

タマスダレの白い花が、爽やかに咲いています。
park2-31/08/16
先日の記事で書いたヤマボウシの木の下に、いつも何輪か咲きます。

テーブルと椅子があるコーナーには、フェンスに鉢植えが吊るされています。
park4-31/08/16
季節によってお花が少し変わるようです。
今はベゴニアと数種のグリーンが植え込まれています。

こんな感じで吊るされていて、フェンスの内側、外側両方からお花が楽しめます。
park3-31/08/16
フェンスの内側は、昼前にはテーブルと椅子がセッティングされて、
自由に座って使えるスペースになります。
私もここで時々お弁当を食べたりします。

中の柱にもこの春からハンギングの鉢が登場し、これも素敵です。
park5-31/08/16
春にはゼラニウムなどが植わっていたと思うのですが、
今はアンスリウムやオリヅルランなどで、南国のような雰囲気でした。

ここの花を植えた団体の紹介が、フェンスにありました。
park6-31/08/16
少し前から公園の管理が都から民間に委託されたようで、
公園の姿も少しずつ変わってきています。
木の伐採など嬉しくないこともありますが、こんな素敵な鉢植えなどは、
どんどん増えたら嬉しいなあと思います。

新宿中央公園から都庁舎あたりは案外緑が多くて、歩道にも花があり、心和みます。
flower1-31/08/16
こちらは都庁前、中央公園に近い場所の歩道の花壇です。
黄色いメランポジウムの花と、ピンクや赤のベゴニアの花が可愛らしく、
こぼれるように咲いていました。

ここから都庁舎を見上げると、こんな感じです。
ベゴニアの上に、ラベンダーも細長い花をつけています。
flower2-31/08/16
周りの緑や花々のおかげで、殺伐とした風景にならずにいるように思います。

歩道には感覚を置いて花壇が並び、ケヤキ並木の下で緑に花を添えています。
flower3-31/08/16
新緑や紅葉の時は、このケヤキ並木も息をのむほど美しいですし、
木陰のおかげで、夏でも歩きやすい道です。
場所にもよりますが、東京は今では都内の方が並木や公園が多く、緑豊かな印象です。
かえって郊外の方が、並木も大きな公園も少なくて、特に夏は散歩しづらいです。
今住んでいるところも、駅までほとんど木陰がないので、夏の日中出かけるには、
日傘と飲み物を持ち歩かないと辛いほどです。
少し前までは、郊外は個人宅の庭の緑が豊かで、畑や雑木林もたくさんありましたが、
今ではマンションなどが増え、緑も少なくなっています。
私も今は、時々用事で新宿に来るたび、中央公園や周辺を歩くのが楽しみです。
明日から記事はバリ島編に戻りますが、また時々東京編も登場するかもです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>都庁展望室からの眺め(2016年8月)

tochou1-31/08/16
こんにちは。今日と明日はバリ島編をお休みして、東京編の記事です。
昨日8月31日、久しぶりに都庁展望室に行ってみました。
都庁展望室は北と南の2つがあり、それぞれエレベーターが別になっていますが、
私は北展望室の方がなんとなく好きで、昨日もそちらに行きました。
台風が過ぎた後の真っ青な夏空に、白い雲がぽっかり浮かんできれいです。
ビルがひしめく都会でも、ここまで上がると、空に近くなった気分です。

今でもよく散歩する、新宿中央公園も見えます。
tochou2-31/08/16
これは公園北側で、芝生広場があり、中にある黄色い建物は
エコギャラリー新宿(新宿環境学習情報センター)です。
ここでは時々地元の写真展や絵画展、ミニコンサートなどもやっています。
公園の右奥に見える大きな建物は、住友不動産のマンション&オフィス複合ビルで、
”セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿”といいます。
その隣の緑色のオフィスビルが”グリーンタワービル”、写真左の細長い高いビルは
”シティタワー新宿副都心”というマンションです。

こちらは公園南側です。
左側の特徴的な形のビルが”新宿パークタワー”で、上層階は
”パークハイアット東京(ホテル)”になっています。
その右の高層ビルは”東京オペラシティ”で、コンサートホール、オフィスなどの
複合施設です。
tochou3-31/08/16
西新宿に住んでいた時は、ほぼ毎日この公園を散歩し、
オペラシティにも歩いて行けたので、時々コンサートも行きました。
今でも新宿にはよく用事で行くので、そのたびに公園にも立ち寄ります。
実はかかりつけの歯医者も新宿なので、昨日も歯医者のついでに公園に寄り、
天気も良いので久しぶりに、と都庁展望台に上ったのです。

すぐそばに見えるビルは、都庁の斜め向かいにある新宿住友ビルです。
tochou4-31/08/16
三角形をしているので、親しみを込めて”三角ビル”とも呼ばれます。

その下の広場で、時々マーケットをやっています。
昨日も、黄色いテントが見えたので、あ、やってるな、とわかりました。
tochou5-31/08/16
その時々で違うようですが、地方の果物や特産品、お菓子などを売っています。
昨日もこの後行って、熊本産の梨を買ってしまいました。
お昼時には、軽ワゴンの販売カーがお弁当などを売っていることもあります。

遠目ですが、実はスカイツリーも見えています。
tohou6-31/08/16
ズームで撮って、ようやくこのくらいです。
左手前は、”コクーンタワー”です。

普通に見るとこんな感じ、水平線にちょこんと見えるのがスカイツリーです。
新宿駅方向を見て、その向こうに見えるような感じです。
tochou7-31/08/16
見えている高層ビルは、左から先ほどの住友三角ビル、三井ビル、野村ビル、
センタービル、そして不思議な形のコクーンタワーです。
写真右の、やや低めのビルは京王プラザホテルです。
この辺りのビルの並びも、しばらく住んでようやく覚えたので、
今では人に聞かれても大体答えられます。

センタービルの前は、以前から観光バスの発着が多い場所です。
今はほとんどの長距離バスが、南口の新しいバスターミナルから発着していますが、
今でも貸切バスなどがこの辺りで止めているのをよく見かけます。
tochou8-31/08/16
不思議な形のコクーンタワーは、東京モード学園など専門学校が入っていますが、
地下1階、地下2階は書店(ブックファースト新宿店)になっています。
本屋さん大好きの私が、一番よく行く書店です。

東京都庁舎は地上48階建て(高さ242m)ですが、展望室は45階(高さ202m)なので、
窓からは庁舎の上部がこんなふうに見えます。
tochou9-31/08/16
ちなみに、この展望室は入場無料です。
外国人観光客にも大人気で、エレベーターも行列のことがよくありますが、
昨日はちょうど空いているタイミングで上れたので良かったです。
都の税金で維持されているので、都民としては何度でも上って、
この素晴らしい景色を存分に味わいたいです。

展望室から降り、外に出てから、改めて都庁舎を見上げてみました。
tochou10-31/08/16
やっぱり高い!
高層ビルの全くないバリ島から帰ってくると、特にこの眺めは新鮮です。

さて、まだまだ暑いですが、今日から9月ですね。
昨日は8月31日、今では8月末から始まっている学校も多いようですが、
私が子供の頃は、8月31日といえば夏休み最後の日でした。
ギリギリまで宿題をやらない子供だった私には地獄のような日でありつつ、
自由気ままに過ごせる、長い休みの最後の日でもあります。
小学3年生までカナヅチだった私ですが、泳げるようになってからは、
夏休みといえばひたすらプールでした。
8月31日には、たいてい市民プールに行き、”泳ぎ納め”をするのが
毎年の自分のお約束でした。
「今年の夏も、これでおしまいだな・・・」なんてしみじみ泳いだり、
プールサイドでお日様を浴びて体を温めたりしました。
子供の頃はそんな特別な日だったのを、昨日ふと思い出し、
都庁展望室で、東京の景色を見渡したくなったのです。
昨日は富士山は見えませんでしたが、西の方角を眺めていると、
東京郊外で過ごした子供時代のこともいろいろと思い出しました。

東京の風景も、どんどん変わっていきます。
こうしてブログに止めておくと、何年か後には「あの頃はこんなだったな」
なんて思い返しているかもしれませんね。

明日も東京編で、昨日の都庁周辺や公園のことなどを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>晩夏の公園②木の実、草の実(2016年8月)

park11-26/08/16
こんにちは。今日も東京編、一昨日公園で見た、晩夏の草木の様子です。
公園にはヤマボウシの木があって、上品な花を毎年楽しみに見ていたのですが、
一昨日見たら、実が赤く色づいていました。
花はハナミズキに少し似ていて、それより地味なのですが、
実は圧倒的にこちらの方が目立つなと思いました。

遠目に見ても、たくさんの実が付いているのがわかります。
patk10-26/08/16
ヤマボウシの実は今まで、可愛いな〜くらいにしか思ってなかったのですが、
実は食べると美味しいらしいと知り、俄然興味が湧きました。
香りが良く、果実酒にも良いそうです。

草むらは、秋型の野草が出揃っています。
park6-26/08/16
ピンク色の穂状の花はイヌタデ、いわゆる「赤まんま」です。
ほうきのように広がる細い緑の穂は、左の方の少しごつい太めのがオヒシバ、
右の方の細く柔らかい感じのがメヒシバです。

ヒナタイノコヅチも、いつの間にか大きくなっています。
park7-26/08/16
実が服などにくっつく”ひっつき虫”の一つです。

ホオズキが植えられた一角では、まだ紅色の実がたくさん見えました。
patk9-26/08/16
夏の名残りと秋の気配を、公園でたっぷり味わうことができました。

今日も涼しく、雨が降ったり止んだりです。
蝉の声もまだ響いているけれど、夜の虫の声もよく聞こえてきます。
台風が近づいているのでちょっと心配ですが、
この季節になると「野分(のわき)」という言葉を思い出します。
野分とは台風の呼称で、二百十日の頃、野の草を吹き分ける強い風ということですが、
昔の人はどんな風に台風を見ていたんだろう、なんて思い馳せてしまいます。
秋に台風はつきものですが、大きな被害が出ませんように。

明日から、記事はバリ島編に戻りたいと思います。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>晩夏の公園①ビオトープ(2016年8月)

park3-26/08/16
こんにちは。今日と明日は、東京の身近な自然のことを書きます。
昨日は用事がてら、以前よく散歩していた公園に久しぶりに行ってみました。
公園の一角にビオトープがあり、小さな水田も作られています。
7月にバリ島へ発つ前には、まだ出ていなかった稲穂が一斉に出揃い、
よく見ると開花している(おしべが出た状態)ものもありました。
前日、飛行機の上から見た関東平野の田んぼが美しかったのを思い出し、
これが古くから日本人を支えてきたお米なんだよね、なんて感慨深くなりました。

ビオトープの田んぼは、近くの小学生が来て、田植えや稲刈りなどの作業をしています。
park1-26/08/16
草取りもするでしょうが、多分農薬などは使わないのでしょう、
時々、ザリガニやヤゴの姿を見ることもあります。

この時は、稲穂にちょこんと虫がくっついていました。
park2-26/08/16
ごく小さな水田ですが、心和む眺めでした。

アカメガシワの木も、7月にはまだ若い実のできかけでしたが、
もうすっかり実が熟し、黒っぽくなっていました。
park5-26/08/16

実を近くで見るとこんな感じです。
park4-16/08/16

アカメガシワの木の下には、まだツユクサが咲いていました。
park8-26/08/16
目の覚めるような美しい青色で、小さい花でもぱっと目を引きます。
ツユクサは薬草でもあり、Wikipediaによると、解熱や下痢止めになるそうです。
食用にもなるそうですが、私はまだ食べてみたことはありません。
以前公園にウサギがいた時、このツユクサの葉っぱはとても好きなようで、
よく食べていたのを思い出しました。

いつも見ていると当たり前になってしまう東京の身近な自然が、
バリ島から帰ったばかりの目で見ると、とても新鮮に感じられます。
そんな気持ちになったのが面白くて、久しぶりに公園のことを書きました。
明日も、この日の公園の続きを書きます。
7、8月のバリ島滞在のことは、明後日くらいから書いていこうと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。