今年の春、東京にて②<2017年4月>

park1-04/04/17
こんにちは。今日も引き続き、一昨日見た東京の春の花々のことを書きます。
桜がきれいに咲く神社の境内で、フッキソウの花もいっぱいに開いていました。
フッキソウはツゲ科の常緑低木で、日本各地で山地の林内に自生しています。
グラウンドカバーとして植えられることも多く、ここの神社でも
改修工事があってから植えられたようです。
そういえば箱根神社の杉並木にも、足元にはこのフッキソウがたくさんあります。
漢字で”富貴草”だから縁起がいい名前でもありますね。
花びらがなく、白く目につく部分は雄花の雄しべで、先端が4つに分かれています。
雌花は花茎の下の方につき、雌しべの先は2つに分かれます。
雌花は数が少ないそうで、この写真の花には見当たりませんでした。

スミレがひっそり咲く姿も可愛いです。
park2-04/04/17
何となく山里の花、というイメージだけど、公園内では意外にあちこちで
さりげなく咲いています。

どこでも見かける野草だけど、やっぱり可愛いヒメオドリコソウです。
park3-04/04/17
これが道端で咲き始めると、春だなあと感じます。

ナズナも、見ると懐かしくなります。
park4-04/04/17
小さい頃はもちろん「ぺんぺん草」と呼んでいて、
葉の付け根を少し茎からはがし、回して「ぺんぺん」と鳴らしていつも遊びました。
今でも見つけるとついやってしまいます。

桜が咲くと、シャガの花もかなり咲き進んでいます。
park6-04/04/17
アヤメ科の常緑多年草で、涼しげな花は、これから来る初夏を予感させてくれます。
かなり古くに中国から入ってきた帰化植物だそうです。

帰化植物といえば、今はすっかり日本の春の景色になったオオアラセイトウの花も、
私が小さい頃にはまだそれほど多くなかった気がします。
park7-04/04/17
ショカッサイ、ムラサキハナナとも呼ばれるアブラナ科の越年草で、
渡来自体は意外に古く、江戸時代から栽培はされていたそうです。

花壇も花がいっぱいです。
IMG_3134.jpg
パンジーも数色揃うと華やかですね。

チューリップも、並んで咲いていると一段と可愛いです。
park5-04/04/17
暖かくなると、いつの間にか花茎を伸ばして咲いているのですよね。

ヒヤシンスも元気に並んで咲いていました。
park8-04/04/17
昔からよく花壇で見かける花は、どれも懐かしくてほっとします。

これはプリムラの一種だと思いますが、この色合いは珍しいなと思いました。
park10-04/04/17
花びらの色とフリルの感じ、ドレスみたいです。

マリーゴールド(キンセンカ)は、眩しいほどに明るい色です。
park11-04/04/17
マリーゴールドはバリ島でもよくお供えに使い、高原地帯では畑も見かけました。

シクラメンも、まだまだ頑張っています。
park12-04/04/17
凍るような寒い季節から咲いていて、今もまだ蕾をつけ、
その姿に愛おしくなります。

パンジーやシクラメンの中で、バラも咲いていました。
park13-04/04/17
もうすぐ春のバラの季節もやってきますね。

花の少ない冬の間、花壇を彩ってくれた葉ボタンも、
ポカポカの日差しに解けるかのようです。
park14-04/04/17
白いフリルの葉が、大輪の花のように華やかです。
そろそろ薹が立ち、花が咲こうとしています。

さて、このブログを始めてこの3月で5年経ちました。
5年前の3月25日に書いた最初の記事で、この辺りからの写真を載せたので、
春になるといつもまた、ここから景色を眺めたくなります。
kouenkohasi04/04/17
ここの公園は、都会の片隅でも緑が豊かで、四季折々の花々も見られ、
都会でも自然を楽しむ喜びを私に教えてくれました。
この近くに住んでいた頃は、毎朝散歩するのが何よりの楽しみでした。
今でも近くに用事があるたび時間を作って、週に一度はここを散歩します。
ここ5年の間に、芝生広場周辺などかなり木が伐採されてしまい残念です。
桜の木は伐られてはないけど、他の木の伐採で風当たりなど変わるせいなのか、
今年は桜の花がどことなく少ない気がして、少し気がかりです。
それでもやはり、ここは大好きな公園です。

思えば5年前、ブログを始めた時は、まだバリでガムランを習っていませんでした。
その年の8月からグンデル・ワヤンを習い始め、東京の身近な自然を中心に書いていた
このブログも、いつしかバリ島のことを中心に書くようになりました。
時折こうして東京のことを書いたり、国内旅行のことを書いたり、
時間も場所もあちこちに飛びますが、いつも読んでいただき、ありがとうございます。
好きなことを書き散らかしているだけなのに、読んでくださったり、
コメントや拍手くださったりする皆様に感謝です。
これからも、バリ島のことを中心に、気楽に書き続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

明日から、記事はまたバリ島編に戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

今年の春、東京にて①<2017年4月>

sakura1-04/04/17
こんにちは。今日は東京編、昨日見た花々のことを書きます。
バリから帰り、桜はもう散っちゃったかな〜と思ったら、
東京はまだ満開前のところが多く、おかげで今年も桜を楽しめました。
昨日は用事ついでに、懐かしの新宿中央公園を歩いてみました。
ソメイヨシノは、日当たりの良いところではかなり開いているけれど、
意外にまだ五分咲きほどの木が多い印象でした。
(今日は暖かいから、もっと開いているでしょうね。)

公園西側にある神社の境内では、ほぼ満開でした。
sakura2-04/04/17
神社の建物に高層ビル、そして青空と桜、この不思議な組み合わせが
西新宿らしいなあといつも思う景色です。

伝統的な宮造りの木の建物に、桜は本当によく合うと思います。
sakura3-04/04/17
もしここにプルメリアの花を持ってきても、多分あまり似合わないだろうし、
逆にバリの寺院に桜はどうかな?と想像しても、どこかしっくりこないです。

神社入口の鳥居のあたりも、大きな桜の木が枝を伸ばし、見事でした。
sakura4-04/04/17
やはり、その土地の花々は、風土と景色にぴったり合うのでしょうね。

ソメイヨシノと入れ替わるように、しだれ桜が蕾をふくらませています。
sakura5-04/04/17
このつぼみも愛らしくて大好きです。
桜の季節は短いようでいて、いろんな種類の桜を楽しんでいると
案外長いのだなと思います。

都庁の建物をバックに見る桜も、なかなかいい感じです。
sakura6-04/04/17

桜より前に咲くハクモクレンはもう散ってたけれど、コブシの花はまだありました。
kobusi04/04/17
春の日差しは、やや厚めのコブシの花びらも透かすほど、強くなってきています。

この公園ではハナカイドウも、桜と前後して咲き始めます。
kaidou04/04/17
濃いピンクの花がたくさんついて、辺りがぱっと華やいで見えます。

ところで、公園内にはソメイヨシノの他、少し遅いヤマザクラや、
早咲きのタカトオコヒカンザクラなどもあります。
ソメイヨシノ開花を待つ間、いつも真っ先に咲き始めた早咲きの桜、
以前ここにも1本あったのですが、なくなっていました。
hiroba1-04/04/17
咲き始めると、ここでお昼にお弁当を食べる人の姿をよく見かけました。
私も楽しみだった木なので、いつの間にかガランとして、ちょっと寂しいです。

バラの植え込みの奥に、切り株がありました。
hiroba2-04/04/17
最近、公園で木の伐採が多く気になってはいたけど、桜は残していたので、
ここの桜は、多分傷んでしまい伐ったのだろうと思います。
今まで、みんなを楽しませてくれてありがとう。

春といえばユキヤナギ、私はこの花もいつも楽しみです。
yukiyanagi04/04/17
小さい頃、実家の庭にもあったので、思い出深いのです。

そしてやはり実家の庭にあったレンギョウも、見つけると懐かしいです。
rengyou04/04/17
あたたかい陽だまりのような、優しい黄色の花です。

ボケの花は、まだ寒いうちから咲き出し、今もまだ咲いていました。
boke04/04/17
他の花々も咲き出したので、仲間が増えて嬉しそうです。

近くにはユスラウメの花も咲いていました。
yusuraume04/04/17
枝いっぱいについた小ぶりの可愛い花は、そろそろ終わりかけでした。

ぱっと見は地味だけど、よく見るとアセビの花も可愛いです。
asebi04/04/17
アセビは、前年の7月頃にはもう小さな蕾をつけています。
太陽がたっぷり降り注ぐ暑い時期から、少しずつエネルギーを蓄えて、
翌年の花の準備をするようです。
以前、暑い真夏にアセビの蕾を初めて見つけた時は驚きました。
長い時間をかけて、淡々と準備して花を咲かせ、季節の巡りを繰り返す、
花々の姿にはいつも愛おしい気持ちでいっぱいになります。

昨日は意外にたくさんの花を見つけたので、1日だけ東京編と思ったけど、
明日ももう1日、続きを書きます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>金木犀が香る季節の公園(2016年9月)

kinmokusei1-27/09/16
こんにちは。今日は東京編の記事です。
東京では昨日になって、あちこちでキンモクセイが香り始めました。
おとといまでは意識していなかったので、昨日急に咲き出したのかもしれません。
新宿中央公園のキンモクセイも、枝いっぱいの小さな花が開いていました。

見上げると、どの枝にもたくさんの金色の花です。
kinmokusei2-27/09/16
辺り一面、あの甘い芳しい香りに満ちていました。
私が小さい頃、実家の庭にもキンモクセイの木があって、
これが咲く頃、いつも運動会だったような記憶があります。
そのせいか、キンモクセイの香りはどこか懐かしく感じます。

花壇では、キバナコスモスが元気いっぱいに空を向いて咲いていました。
kibanakosumosu27/09/16
今の季節は、植え替えが済んだところもあり、まだ夏の花々も残るところありで、
植え込みや花壇もなかなかにぎやかです。

通路沿いの植え込みでは、ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)が咲き出していました。
hanazonotsukubaneutsugi27/09/16
冬にかけて、花が少なくなる季節もずっと咲いていてくれます。

通路といえば、いつの間にか公園のゴミ箱が新しくなっていました。
dust box27/09/16
この公園はカラスも多いのですが、この形なら荒らされにくそうです。
手前が燃えるゴミ、奥が燃えないゴミ用、色別と英語付きなので、
これなら外国人観光客にもわかりやすいでしょうか。

タマスダレやツユクサもまだ咲き残っていました。
tamasudare27/09/16
その奥には、秋らしくミズヒキがひっそりと咲いています。

寄せ植えの赤い花がぱっと目立ちました。
ニューギニア・インパチェンスです。
impatiens27/09/16
ツリフネソウ科のインパチェンスは種類がとても多いのですが、その中で
ニューギニア原産の野生種由来の品種をニューギニア・インパチェンスと言うそうです。
通常のインパチェンス(東アフリカ原産が多い)より株が大きくなります。
私も、花の形はインパチェンスだけど、やけに大きいなと思い、調べてわかりました。
ちなみに、ホウセンカも同じインパチェンスの仲間です。

歩いていて、おや?と思いました。
春先に咲くはずのヒュウガミズキ、花が咲いているのです。
hyugamizuki27/09/16
いつも桜が咲く前、まだ辺りが枯れ色の頃にこの淡い黄緑色の花が咲くのですが、
こんな季節外れに花をつけちゃって、大丈夫かな?と心配になりました。

足元では、ヤブランも花をいっぱいつけています。
fuiriyaburan2-27/09/16
この紫色が、日本の秋だなあと思わせてくれます。

日本の山野に自生するヤブランは緑一色の葉っぱですが、公園などに植えられるのは、
この斑入りの園芸品種が多いようです。
fuiriyaburan1-27/09/16
明るい色の葉っぱで、花のない季節でも通路の縁を美しく彩ってくれています。

広場の花壇には、まだペンタス(クササンタンカ)の花が咲いています。
pentas27/09/16
初夏から秋までずっと目を楽しませてくれ、まだ蕾も付いていますが、
そろそろ花壇も植え替えの時期なので、名残り惜しく思えます。

サルビアも夏から咲いていますが、これは私には秋の花のイメージです。
salvia27/09/16
サルビアは小さい頃、実家の庭の花壇でも秋に咲いていました。
昔からある園芸植物が今も植えられていると、何だか懐かしい思いにかられます。
小さい頃、お花好きの母の影響もあって、庭に咲く花を見るのが好きでした。
子供の頃は、もっとのんびり、いつまでも飽きずに花を見ていた気がします。

こちらはチェリーセージで、サルビアと同じくシソ科です。
cherry sage27/09/16
花の形が可愛くて、私にはドレスを着たお姫様が座っているように見えます。
ここのチェリーセージは植え替えもしないので、毎年かなり長く咲いていてくれます。

これはアメジストセージ、これもやはりシソ科です。
amethyst sage1-27/09/16
まさにアメジストのような紫色がきれいです。

アメジストセージは、近づくと意外に花がもさもさっとしています。
amethyst sage2-27/09/16
花々の色や表情はほんとに様々で、眺めていると楽しくなります。

秋の花々が盛りを迎えると、公園の木々も桜やケヤキから少しずつ色づいていきます。
昨日も、並木のケヤキの葉が一部黄色くなりかけていて、びっくりしました。
東京は昨日今日と暑いのですが、木々の季節は確実に秋になっているのですね。

キンモクセイが咲き出したので、今日は気まぐれに一日だけ東京編を書きました。
明日は、記事はまたバリ島編の続きに戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>緑の公園と花々(2016年8月)

park1-31/08/16
こんにちは。今日も東京編です。
都庁展望室に行った8月31日、新宿中央公園も散歩しました。
残暑の中でも、公園の中は木陰が涼しく気持ち良いです。
モミジの木の下を通ると、その向こうにヒマラヤスギの木があり、
細かい葉が強い日差しできらきら輝いていました。

タマスダレの白い花が、爽やかに咲いています。
park2-31/08/16
先日の記事で書いたヤマボウシの木の下に、いつも何輪か咲きます。

テーブルと椅子があるコーナーには、フェンスに鉢植えが吊るされています。
park4-31/08/16
季節によってお花が少し変わるようです。
今はベゴニアと数種のグリーンが植え込まれています。

こんな感じで吊るされていて、フェンスの内側、外側両方からお花が楽しめます。
park3-31/08/16
フェンスの内側は、昼前にはテーブルと椅子がセッティングされて、
自由に座って使えるスペースになります。
私もここで時々お弁当を食べたりします。

中の柱にもこの春からハンギングの鉢が登場し、これも素敵です。
park5-31/08/16
春にはゼラニウムなどが植わっていたと思うのですが、
今はアンスリウムやオリヅルランなどで、南国のような雰囲気でした。

ここの花を植えた団体の紹介が、フェンスにありました。
park6-31/08/16
少し前から公園の管理が都から民間に委託されたようで、
公園の姿も少しずつ変わってきています。
木の伐採など嬉しくないこともありますが、こんな素敵な鉢植えなどは、
どんどん増えたら嬉しいなあと思います。

新宿中央公園から都庁舎あたりは案外緑が多くて、歩道にも花があり、心和みます。
flower1-31/08/16
こちらは都庁前、中央公園に近い場所の歩道の花壇です。
黄色いメランポジウムの花と、ピンクや赤のベゴニアの花が可愛らしく、
こぼれるように咲いていました。

ここから都庁舎を見上げると、こんな感じです。
ベゴニアの上に、ラベンダーも細長い花をつけています。
flower2-31/08/16
周りの緑や花々のおかげで、殺伐とした風景にならずにいるように思います。

歩道には感覚を置いて花壇が並び、ケヤキ並木の下で緑に花を添えています。
flower3-31/08/16
新緑や紅葉の時は、このケヤキ並木も息をのむほど美しいですし、
木陰のおかげで、夏でも歩きやすい道です。
場所にもよりますが、東京は今では都内の方が並木や公園が多く、緑豊かな印象です。
かえって郊外の方が、並木も大きな公園も少なくて、特に夏は散歩しづらいです。
今住んでいるところも、駅までほとんど木陰がないので、夏の日中出かけるには、
日傘と飲み物を持ち歩かないと辛いほどです。
少し前までは、郊外は個人宅の庭の緑が豊かで、畑や雑木林もたくさんありましたが、
今ではマンションなどが増え、緑も少なくなっています。
私も今は、時々用事で新宿に来るたび、中央公園や周辺を歩くのが楽しみです。
明日から記事はバリ島編に戻りますが、また時々東京編も登場するかもです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

<東京編>都庁展望室からの眺め(2016年8月)

tochou1-31/08/16
こんにちは。今日と明日はバリ島編をお休みして、東京編の記事です。
昨日8月31日、久しぶりに都庁展望室に行ってみました。
都庁展望室は北と南の2つがあり、それぞれエレベーターが別になっていますが、
私は北展望室の方がなんとなく好きで、昨日もそちらに行きました。
台風が過ぎた後の真っ青な夏空に、白い雲がぽっかり浮かんできれいです。
ビルがひしめく都会でも、ここまで上がると、空に近くなった気分です。

今でもよく散歩する、新宿中央公園も見えます。
tochou2-31/08/16
これは公園北側で、芝生広場があり、中にある黄色い建物は
エコギャラリー新宿(新宿環境学習情報センター)です。
ここでは時々地元の写真展や絵画展、ミニコンサートなどもやっています。
公園の右奥に見える大きな建物は、住友不動産のマンション&オフィス複合ビルで、
”セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿”といいます。
その隣の緑色のオフィスビルが”グリーンタワービル”、写真左の細長い高いビルは
”シティタワー新宿副都心”というマンションです。

こちらは公園南側です。
左側の特徴的な形のビルが”新宿パークタワー”で、上層階は
”パークハイアット東京(ホテル)”になっています。
その右の高層ビルは”東京オペラシティ”で、コンサートホール、オフィスなどの
複合施設です。
tochou3-31/08/16
西新宿に住んでいた時は、ほぼ毎日この公園を散歩し、
オペラシティにも歩いて行けたので、時々コンサートも行きました。
今でも新宿にはよく用事で行くので、そのたびに公園にも立ち寄ります。
実はかかりつけの歯医者も新宿なので、昨日も歯医者のついでに公園に寄り、
天気も良いので久しぶりに、と都庁展望台に上ったのです。

すぐそばに見えるビルは、都庁の斜め向かいにある新宿住友ビルです。
tochou4-31/08/16
三角形をしているので、親しみを込めて”三角ビル”とも呼ばれます。

その下の広場で、時々マーケットをやっています。
昨日も、黄色いテントが見えたので、あ、やってるな、とわかりました。
tochou5-31/08/16
その時々で違うようですが、地方の果物や特産品、お菓子などを売っています。
昨日もこの後行って、熊本産の梨を買ってしまいました。
お昼時には、軽ワゴンの販売カーがお弁当などを売っていることもあります。

遠目ですが、実はスカイツリーも見えています。
tohou6-31/08/16
ズームで撮って、ようやくこのくらいです。
左手前は、”コクーンタワー”です。

普通に見るとこんな感じ、水平線にちょこんと見えるのがスカイツリーです。
新宿駅方向を見て、その向こうに見えるような感じです。
tochou7-31/08/16
見えている高層ビルは、左から先ほどの住友三角ビル、三井ビル、野村ビル、
センタービル、そして不思議な形のコクーンタワーです。
写真右の、やや低めのビルは京王プラザホテルです。
この辺りのビルの並びも、しばらく住んでようやく覚えたので、
今では人に聞かれても大体答えられます。

センタービルの前は、以前から観光バスの発着が多い場所です。
今はほとんどの長距離バスが、南口の新しいバスターミナルから発着していますが、
今でも貸切バスなどがこの辺りで止めているのをよく見かけます。
tochou8-31/08/16
不思議な形のコクーンタワーは、東京モード学園など専門学校が入っていますが、
地下1階、地下2階は書店(ブックファースト新宿店)になっています。
本屋さん大好きの私が、一番よく行く書店です。

東京都庁舎は地上48階建て(高さ242m)ですが、展望室は45階(高さ202m)なので、
窓からは庁舎の上部がこんなふうに見えます。
tochou9-31/08/16
ちなみに、この展望室は入場無料です。
外国人観光客にも大人気で、エレベーターも行列のことがよくありますが、
昨日はちょうど空いているタイミングで上れたので良かったです。
都の税金で維持されているので、都民としては何度でも上って、
この素晴らしい景色を存分に味わいたいです。

展望室から降り、外に出てから、改めて都庁舎を見上げてみました。
tochou10-31/08/16
やっぱり高い!
高層ビルの全くないバリ島から帰ってくると、特にこの眺めは新鮮です。

さて、まだまだ暑いですが、今日から9月ですね。
昨日は8月31日、今では8月末から始まっている学校も多いようですが、
私が子供の頃は、8月31日といえば夏休み最後の日でした。
ギリギリまで宿題をやらない子供だった私には地獄のような日でありつつ、
自由気ままに過ごせる、長い休みの最後の日でもあります。
小学3年生までカナヅチだった私ですが、泳げるようになってからは、
夏休みといえばひたすらプールでした。
8月31日には、たいてい市民プールに行き、”泳ぎ納め”をするのが
毎年の自分のお約束でした。
「今年の夏も、これでおしまいだな・・・」なんてしみじみ泳いだり、
プールサイドでお日様を浴びて体を温めたりしました。
子供の頃はそんな特別な日だったのを、昨日ふと思い出し、
都庁展望室で、東京の景色を見渡したくなったのです。
昨日は富士山は見えませんでしたが、西の方角を眺めていると、
東京郊外で過ごした子供時代のこともいろいろと思い出しました。

東京の風景も、どんどん変わっていきます。
こうしてブログに止めておくと、何年か後には「あの頃はこんなだったな」
なんて思い返しているかもしれませんね。

明日も東京編で、昨日の都庁周辺や公園のことなどを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。