人出がすごすぎる日曜日<2017年8月>

pagi1-20/08/17
今日は雲が多めながら晴れて太陽の光があふれるバリ島から、こんにちは。
いつも日曜日は遊歩道や海辺が混み合うのですが、今日は日の出前後から
歩いてびっくり!のすごすぎる人出でした。
太陽が雲の上から昇ってきた午前6時40分頃で、すでにこの状態です。

もう1つ北側のロータリー付近は、もっと混んでいました。
マックベンというワルンのあるロータリー前の浜辺です。
pagi2-20/08/17
これが午前6時50分頃です。

海を見た途端、ここは湘南江ノ島か⁉︎と突っ込みたくなりました。
pagi3-20/08/17
文字通り、”芋を洗うような”人出です。

それでもこのロータリーまでは、人と人の間をぬって歩いてこれました。
本当はこの屋台が並ぶ端にクレポン屋さんが出てるので、そこまで行きたかったんです。
pagi4-20/08/17
でも今朝は、さすがにここを歩くのは危険すぎる、と諦めました。
海側にずらりと駐車されたバイクと、左側の屋台の間にはわずかな隙間しかなく、
そこを向こう側(北側)から、どんどん人が歩いてきます。
人だけなら何とか間をぬって、と思ったんですが、気がついたら
バイクも通っていくんです。
写真では分かりにくいんですが、左側の間をぬって、バイクが通っています。
でもこの人波なので、バイクも途中でストップしてしまい、
にっちもさっちもいかず、何台もずらりと並んでいる状態です。
貴重品は持ってないし、人とぶつかるくらいなら我慢できますが、
バイクと接触したらさすがに怖いので、ここで引き返しました。

”漁師の像”のロータリーも、今日はバイクでびっしりです。
pagi5-20/08/17
漁師の像がどこにあるかわからないくらいですね。

そして、ここに止めきれなかったせいか、ここから遊歩道へ
次々とバイクが入っていきます。
pagi6-20/08/17
歩いている人、自転車の人も大勢いる遊歩道、バイクが入ったら危ないです。
もちろんバイク進入禁止ですが、ほとんど無法地帯と化してます。

人をよけて歩くだけで疲れてしまい、ワルンでコピ休憩です。
浜辺のワルンの前も、露店がいっぱい、人もいっぱいです。
pagi7-20/08/17
この時で、午前7時40分くらいです。
幸いワルンのテーブルは空いていたので、ほっと一息つけました。

突堤のたもとに日曜日だけ出ているジャジャン屋さんにも寄りました。
pagi8-20/08/17
こんな感じで数種類のジャジャンが並んでいます。
”チャンプル”と言うと、全部少しずつ入れて、ココナッツフレークをかけ、
ヤシ砂糖蜜をかけて包んでくれます。
ここもお客さんが多く、前の人が6個買っていたので、しばらく待ちました。

どこもかしこも人でいっぱいなので、ジャジャンは部屋に戻って食べました。
pagi9-20/08/17
甘くて柔らかくて美味しいジャジャン、ようやく人心地つきました。

今朝の海辺の人出は、私が見る限り、この8月で一番多いと感じました。
そして、人が多いだけでなく、場所によってはバイクなど本当に危ないなと、
危険さえ感じました。
ここを散歩しようと思われる方、極力日曜日は避けることをお勧めします。
もしどうしても歩く場合は、ホテルが並ぶエリアだけなら少し歩きやすいかもです。
通り名で言うと、Jl.Segara Ayuより北側はバイクが多く危険です。
Jl.Pantai Sinduより南側は、遊歩道沿いにしばらくホテルが並ぶので、
多少海辺の人出も少なく、遊歩道も押すな押すなというほどではないです。
さらに南、Jl.Kusuma Sari(スティッフチリの辺り)より南側は、
やはりバイクも多くて危なく、今日は行ってないですが、すごい人出と思います。
お散歩は、人や自転車、バイクに十分気をつけてくださいね!

朝は風が涼しかったけど、だんだん蒸し暑くなってきました。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!

 ※昨日はどよんと曇り空な記事になってしまい、読んでくださった方、ごめんなさい。
  今日はすっかり明るい気分になり、大丈夫になりました!
関連記事

曇り空<2017年8月>

pagi1-19/08/17
朝から空いちめん雲が垂れ込めているバリ島から、こんにちは。
散歩した時間帯は潮が満ちていて、ザンザンと音を立てて波が打ち寄せていました。
浅瀬に浮かぶガゼボも、波でグラグラ揺れています。
沖にはスランガン島、その奥にはヌサドゥア方面が見えています。

日の出も、雲が少し金色に染まったくらいで、太陽の姿は見られませんでした。
pagi2-19/08/17
雲間から時折光が差し込んでいます。
広いビーチも、曇り空だといくらか寒々しい感じがします。
一人でヨガをしている男性がいました。

時々、空の状態が心とリンクしてるな〜と思うことがあります。
今朝はまさにそんな感じでした。
私はブログを始める時、楽しいことを中心に書こうと決めていたので、
バリ島のことも、良いことばかり書いています。
でも実は、バリ島も天国のような楽園というわけではないです。
がっかりすることも、嫌なことも、またかよ〜なんてこともいっぱいあります。
ただ、これはどこを旅しても同じことで、バリ島も例外ではないというだけのことです。
そして、ここはやっぱり外国なんだし、そこに滞在させてもらってる、
楽しく過ごさせてもらってる、ということもいつも忘れないようにはしています。
もちろんバリ島は大好きで、住みたいと思っているんですが、
本当にここに住めるのかな私?と思ってしまうこともあります。

こんな時は、何気なく咲いている花々に心癒されます。
pagi3-19/08/17
オオハマオモトの白い花が、精一杯開いていました。
そう、緑と花々が当たり前に生活の中にある、それが私にとって、
バリ島の魅力の一つです。
もちろん今や市街地は店が立ち並び、高層ビルこそないけれど、
道路も慢性的に渋滞して、他の都市と変わらない感じになっています。
でもちょっと路地に入れば、民家の庭にもジュプン(プルメリア)の花が咲き、
街角のお供えにも色とりどりの花びらが入っています。
そして海辺には広い広い空があり、田舎に行けばまだいっぱい自然もあります。

自然保護や環境問題は、きっとバリ島でもこれからの課題だと思うし、
前向きに進んでいけることだと思います。
でもあまりにも急速な変化を感じて驚くのは、こんな姿です。
pagi4-19/08/17
浜辺のワルンでコピを飲んだのですが、別のテーブルにいた女性たちは、
目の前の海に一瞥もくれることなく、ずっとスマホをいじっていました。
前からこんな姿は見るけれど、ここ1年で急速に増えたなと感じます。
特に最近多いなと思うのが、SNSに熱中する姿です。
それも、時々やるんじゃなくて、ずーっとやってます。
フェイスブックは日本より早くから普及しているし、
ラインの利用者数も日本より多いと思います。
お店のスタッフなども、暇をみては、というか暇でなくても、
片時もスマホを離さない人が目につくようになりました。
以前はスタッフ同士のおしゃべりが多くて、みんなおしゃべり好きだよね〜と思い、
これは国民性というか、仮にイラっとしても、嫌な感じではありませんでした。
でも、あまりにもスマホに熱中し続ける姿は、ちょっと不気味なほどです。

ところで、PCを持たない人も、スマホは最近みんな持っています。
スマホもバイクも車も持つ人は増えてるけど、実は家庭では、
洗濯機はあまり普及してません。
普通の家では、今でも手洗いというところが多いと思います。
冷蔵庫も、民家で普及したのはここ5年くらいだと思います。
そして、民家にはエアコンもついてないことが多く、あっても扇風機くらいです。
他のものはともかく、さすがに手洗い洗濯は大変そうです。
スマホやバイクはすぐに買い換えるのに、何で洗濯機買わないの⁉︎と
突っ込みたくなります。
機械そのものが高いのはもちろん、電気代がかかるから、ということもあるようです。
また、お金持ちならメイドに洗濯させるか、外のランドリー屋さんに出せばいいので、
仮にお金があっても洗濯機はいらないのかもしれません。
何にせよ、すごくアンバランスな感じがして驚きます。

そんなことを思う中で、ワルンのおじちゃんが「今日の散歩はどうだった?」なんて
声をかけてくれたのが嬉しくて、ホッとして散歩から戻りました。
やっぱり、人と話すのが一番ですね。
こうやって、すくい上げてくれるのもやっぱりバリの人なんです。

さて、今日はレッスンが休みなのでのんびりです。
せっかく来ているのだから、今日もバリ島を楽しもうと思います。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

チャンプルなスイーツ<2017年8月>

sore1-17/08/17
今朝は雲が多く、やわらかな風が吹いているバリ島から、こんにちは。
昨日は師匠宅で、数種類のジャジャンの盛り合わせをいただきました。
バリでは”ジャジョー・チャンプル”と呼ばれています。
”チャンプル”とは数種類を盛り合わせた混ぜたりしたもので、
この言葉は沖縄の”チャンプル”と似た意味なのが面白いです。
そして、”ジャジョー”はジャジャンのバリ語ですが、
こうして数種類を盛り合わせたチャンプルが一般的なのです。
ココナッツフレークとヤシ砂糖蜜をたっぷりまぶして食べます。

そして、帰りに夕食を食べたワルンでは、飲み物がわりに
”エス・チャンプル”をたのみました。
sore2-17/08/17
こちらは、ココナッツミルクなどのシロップの中に氷とフルーツ、
そしてゼリーや、グミみたいなよくわからないものが色々入ったものです。
このあと、スプーンで中身をすくうと、赤や緑、黄色のいろんな中身が出てきて、
食感もいろいろで、それぞれ何からできてるのかよくわかりません。
移動屋台などでも売り歩いていて、子供にも人気の冷たいスイーツなのですが、
想像以上に得体が知れないな〜なんて、笑っちゃいました。
一応ワルンなので、そんなに変なものは入ってないだろう!と思い、
冷たく甘いスイーツを楽しみました。

さて、今日は午前中のんびりブログを書いて、午後からレッスン、の予定だったのが、
昨晩急に朝からのレッスンに変更になったので、ちょっと短い記事になりました。
このあとすぐ、レッスンに出かけます!
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

今日はインドネシア独立記念日<2017年8月>

pagi2-17/08/17
今日は少し曇りがちなバリ島から、こんにちは。
今朝は、日の出前に外に出たら空気が冷たく感じるほどで、
乾季の8月らしい朝でした。
水平線にも雲がかかっていたので、その上から太陽が昇るまでは
眩しさもなく、涼しく気持ちよく歩けました。
今日はインドネシア独立記念日で祝日なので、朝から海辺には
物売りの人もたくさん出ています。
頭に四角い箱をのせているのは、海辺でよく見るルンピア(春巻)売りです。

やがて、雲の縁を金色に染めて、太陽が昇ってきました。
pgati3-17/08/17
リーフエッジに立つ波は、今日も結構高めでした。

独立記念日には、家々や官公庁、店など街中のあらゆるところに国旗が掲揚されます。
インドネシア国旗はメラ・プティと言って赤が上、下が白の2色ですが、
その色合いの飾りも多く、また赤白の服を着ている人も多いです。
学校や官公庁、各職場では朝国旗掲揚の儀式がありますが、
他にも一日中、色々イベントがあるようです。
pagi1-17/08/17
遊歩道途中で、いつもクレポンを買うお寺前のビーチにも大勢人がいて、
また横の道からどんどん人が出てきました。
よく見ると、赤白のハチマキをしてる人も多いです。
赤白のいでたちをしてる人は、今年特に多いように思いました。
実は昨日の夜も、バイパスでパレードがあったようで、
イベントも年々盛大になっているように感じます。
何だか人が大勢いるので、ここより南側には行かず、クレポンも買いませんでした。

大きなホテルの前のビーチではヨガをしてる人たちがいましたが、
この人たちも赤白のいでたちです。
pagi4-17/08/17
”太陽礼拝”をしてたのですが、いつものビーチヨガとは違う雰囲気で、
職場か何かのグループかもしれません。
帰りに通りかかった時には、同じ人たちがエアロビをしていました。

遊歩道を北の端近くまで歩くと、なんと、先ほど引き返したお寺のところで
いつもクレポンを売っているお店がこちらに出ていました。
pagi5-17/08/17
お寺の方にもクレポン売りは出ていたけど、それは違う店だったのかな?
実は滞在中、違うお姉さんのクレポン売りもお寺とこちらの両方で見たので、
最近は何軒かが交互に店を出してるのかもしれません。
ともあれ、このお姉さんやお父さんからは何度も買っているので、
ここでクレポンを買いました。

大きなホテルの前では、スタッフがビーチに整列して、国旗掲揚の儀式をしていました。
pagi6-17/08/17
以前、他の大きなホテルに泊まった時も同じような国旗掲揚の儀式を見ました。
皆でインドネシア国歌を歌い、パンチャシラ(国家五原則)を復唱します。

ふと上を見ると、その様子を撮影してるドローンがありました。
pagi7-17/08/17
このドローンはホテル側が用意して、撮影してるんだと思います。

インドネシア独立記念日は1945年8月17日で、今年は72年目に当たります。
この日は正確には独立を宣言した日であり、実際にはその後、
オランダ軍との間で独立戦争がありました。
その際、多くの日本人残留兵が軍籍を離脱して、インドネシア独立のために、
ともに戦っています。
このことは毎年書いていますが、まだ私も知らないことがたくさんあり、勉強中です。
また後日、改めて記事にしたいと思います。

それでは、今日も午後からレッスンに行ってきます!
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事

非日常のリゾートを見物<2017年8月>

sore1-15/08/17
今朝も爽やかに晴れたバリ島から、こんにちは。
昨日の夕方は、ジンバランエリアのアヤナリゾートというホテルを
見物に行きました。
空間も”非日常”ならお値段も非日常、私たちが泊まることはまずないと思うけど、
どんなところかな〜という、本当にただの見物でした。
部屋を見ていないので、お勧めかどうかはわかりませんが、
せっかくなので歩いて見たところを紹介します。
ロビーを抜けると、視線の先にはインド洋の海が広がります。
ちなみに、ロビーに入る前には荷物チェックがありますが、これがなかなか厳しいです。
私はショルダーバッグなのでOKでしたが、夫はデイパックだったため、
中身はほとんど空(財布程度)にも関わらず、預けてくださいと言われました。
そこで夫は財布をポケットに入れ、ほぼ空のデイパックをそこで預けました。
ちなみに、アヤナリゾートのオフィシャルサイトには、
リゾート内に飲食物持ち込み禁止と書いてあります。
ということは、外でビールを買ってきて部屋で飲むのもダメなんでしょうね。
セキュリティがきついのは安心ですが、ちょっと窮屈かも〜と思いました。

ずんずんと階段を降りて、振り返るとロビーの建物はこんな感じです。
sor2-15/08/17
いかにも非日常、リゾートらしい感じがいっぱいです。
以前お茶だけしたことがある、ヌサドゥアエリアのグランドハイアットに
すごーく感じが似ているな、と思いました。

さらに進んでいくと、海に溶け込むようなプールがあります。
sore3-15/08/17
こういうのを”インフィニティプール”と言うんだそうです。
バリ島のリゾートにはあちこちにこの”インフィニティプール”がありますが、
私たちはそういうリゾートには泊まってなくて、体験はしてません。
でも海をバックにしたプールは、絵になりますよね。
ここは日本人ゲストが多い、と以前在住していた友人に聞いたのですが、
見た感じでは、今は某国人ゲストの方が圧倒的に多そうでした。
みんなおしゃれしてドレスやハイヒールの方もいるので、
普段着に古いサンダルの私はちょっと場違い感がありました。

さらに先の階段を海に向かって降りていくと、海辺のプールが見えました。
sore4-15/08/17
おお!これがよくパンフレットなどで見かけるあのプールか!と思いました。
そして、想像以上に打ち寄せる波が荒くてびっくりです。
見応えはあるけど、ちょっと怖いなあと思いました。

階段を挟んで反対側には、眺めのいいテーブル席が並びます。
(前を行く男性は知らない人です)
ここでサンセットを眺めたら気持ち良いでしょうね。
sore5-15/08/17
奥に見える桟橋の上にも、テーブルがセットされていました。
1卓だけなので、ロマンティックディナーか何かでしょうか。
素敵・・・というより、砕ける波の迫力がありすぎて、やっぱり怖いですね。

海岸に降りる階段は、危険なせいか通行止になっていて、
そのギリギリからプール側を見た写真です。
sore6-15/08/17
こんなところで優雅にプールに浮いてみたら、それはそれで気持ち良いでしょうね。
このリゾート内にいる限り、安心してひたすら非日常が楽しめそうです。

ちなみに、ロビーのエントランス近くでは、男性と女性の2人で、
リンディック(竹のガムラン)の生演奏をしていました。
生演奏があると、一層非日常のリゾートらしさがありますよね。
以前は、ホテルロビーのガムラン演奏は男性しか見ませんでしたが、
最近は女性も演奏しているところがあります。
ガムランの中でもリンディックは、竹のポクポク、という音で、
青銅製のグンデルワヤンなどとはまた違う、のんびりできる味わいがあります。
私は日本でも、家で朝食を食べながらよくリンディックのCDを聴いています。

さて、今朝も日の出頃の空はとてもきれいでした。
pagi1-16/08/17
オレンジ色に染まる雲の模様は毎朝違うので、いつも新鮮な風景です。

浜辺のワルンでコピを飲むと、近くで高校生くらいの子たちが、
何やら練習をしていてにぎやかでした。
pagi2-16/08/17
2人組で、お腹に風船を挟んで、歩いたり踊ったりしてるんですが、
うまくいかないときゃあきゃあ笑って、楽しそうです。
明日が独立記念日なので、何かイベントの練習かもしれません。

今日も午後からレッスンに行ってきます!
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
Sampai jumpa besok(また明日)!
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住みたいです。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。