花の世界<2017年1月>

lotus3-07/01/17
こんにちは。昨日からまたバリ編、今年1月のバリ島滞在の続きを書いています。
1月7日朝、散歩中に嬉しいものに出会いました。
咲きかけた、ハスのつぼみです。
朝の光と緑の中で、うっとりと目を覚ますようにゆっくり開く、
その美しい色と形、そこだけが別世界のような気がしました。

横から見ると、外側の花びらはもう開いて、準備を整えています。
lotus1-07/01/17
こうして見ると”萼(がく)”が見当たらないのですが、
萼は開花時にはほとんど枯れて、落ちてしまうんだそうです。
ハスの花は、朝開き始めるとまた昼頃に閉じ、それを3日繰り返して、
4日目に開いたまま花びらが落ちていきます。
なので確信は持てませんが、花びらがまだ傷んでいないので、
これがたぶん開花初日だろうと思います。

すぐ近くに、まだ閉じた状態のつぼみがありました。
lotus2-07/01/17
ふくらんで、先が閉じた形、これもきれいです。
こちらは翌朝咲き始めていたので、また後日その様子もアップします。

朝開く花もあれば、朝には落ちてしまう花もあります。
ゴバンノアシは、私が散歩する時間にはまだぎりぎり、いくつか木に残っています。
gobannoasi07/01/17
ふさふさの長い雄しべと白い花びらが落ちると、雌しべだけが1本残り、
やがて左に見えるような”碁盤の脚”型の実になっていきます。

その近くには、オオミフクラギの木があり、ころんと丸い実がなっています。
oomifukuragi2-07/01/17
実はぶら下がるようにいくつもつき、結構目立ちます。

上の方で、キョウチクトウに似た白い花も咲かせています。
oomifukuragi07/01/17
花も実も見た目は楽しめるのですが、オオミフクラギは全体に強い毒があります。
ぶら下がる実のつき方は、一見マンゴーに似ていなくもないのですが、
こちらは絶対食べたりかじったりしないでくださいね。

明日もこの朝のつづきを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

バリの朝<2017年1月>

morning1-07/01/17
こんにちは。今日からまたバリ島編の続き、今年1月のバリ島の話に戻ります。
1月7日の朝、遊歩道を散歩して途中のコーヒー屋で休憩していると、
目の前を正装のバリ人が次々と通っていきました。
最初の方に歩いていたのはマンクー(僧侶)やその奥さんっぽい人たちで、
シャツや女性のクバヤ、サロン(腰布)も全部白という出で立ちです。

正装の人はどんどん続き、それぞれお供えだけでなく、バッグなども持っています。
morning2-07/01/17
近くで儀式があるというより、どこか遠くで儀式があって、
そのために揃って出かけるような雰囲気です。

そんなバリらしい風景を眺めながら、この朝はいつものカプチーノと、
ブラウニーも楽しみました。
morning3-07/01/17
私より先に来ていた常連客っぽい白人男性が、ギターを鳴らしながら、
ポップスを歌い始めました。
その音と声が朝の海辺によく似合い、なんかいいな〜とくつろぐ気分になります。

遊歩道を挟んだビーチでは、コテージのスタッフがパラソルを広げています。
morning4-07/01/17
パラソルを広げる動作を見ていると、リゾートの朝が始まる、という感じがして、
この眺めはとても好きです。
まさに”ENJOY BALI"という気分です。

その前を、また正装のバリ人が次々と通っていきます。
後の方から来る人はさらに大荷物で、背中にしょったり手に持ったり、
頭にのせたりしています。
morning5-07/01/17
朝の遊歩道は、地元とリゾートの風景が入り混ざっています。
そして、やっぱりここは他のビーチリゾートと違う、バリ島なんだよなと、
つくづく思います。

自分が何かの形で正装で儀式に参加する時は、参加できるありがたさと同時に、
紛れ込んじゃったようなドキドキ気分も味わいます。
でも普段着で、特に関係ない儀式や正装の人々に出会うと、私も一人の観光客として、
何始まるんだろう〜なんて感じで気楽に見ています。
コーヒーを飲み終えた後、少し歩いて海岸を見ると、
正装の人たちが大勢集まっていました。
morning6-07/01/17
数日前に見た時と違い、この時はやはり、ここで何か儀式をするのでなく、
みんなで船でどこかへ渡るようでした。
ここから渡るというと、レンボンガン島かペニダ島辺りでしょうか。

明日もこの朝の続きを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

《北海道編》3日目・花々と思い出<2017年5月>

sakamoto4-14/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
3日目の日曜日、帰る前にいつもの名水を汲みに行きました。
空いたペットボトルと、昨年千歳市のホームセンターで買った水筒に、
夫が水を入れる間、周りの花々を見るのも楽しみです。
今回は水汲み場のすぐそばの池に、エゾリュウキンカの花を見つけました。
ちょうど今頃水辺に咲く花で、あまり近づけない場所が多かったけど、
この時はすぐそばに行って、写真を撮ることができました。
間近に見ると、意外にゴージャスで、存在感がある花だなと思いました。

そこでは、こんなふうに咲いていました。
sakamoto5-14/05/17
清らかな湧き水に周りの木立が映って、水面がゆらゆら揺れ、
そこに生き生きとエゾリュウキンカが茂っています。
フキに似る葉から”ヤチブキ”とも呼ばれますが、フキの仲間でなくキンポウゲ科です。
食用になり、おひたし等で食べられるので、時々道の駅でも束ねて売っています。
アイヌの伝統料理”ラタシケプ”の材料にもなるらしく、昔から春の味として
親しまれてきたのでしょう。

名水の周りも、桜が満開でした。
sakamoto3-14/05/17
これも森林公園と同じく、エゾヤマザクラと思います。
帰る日は小雨がぱらついていましたが、曇った灰色の空に、
淡いピンクが優しく見えました。

エゾノコリンゴは、白いつぼみをふくらませ、もうすぐ咲きそうです。
sakamoto1-13/05/17
2年前、5月下旬に来た時はこの花がもう咲いていました。
開いた状態だと、白い花はコリンゴ(ズミ)の花とよく似ていて、その時も
どっちかな?と思い、葉の形でたぶんエゾノコリンゴだろうと思っていました。
でも今回つぼみが見られたので、これはエゾノコリンゴ!と確信が持てました。
というのも、ズミの方だと、つぼみは濃いピンク色だからです。
つぼみが白いのはエゾノコリンゴというわけで、思いがけず
今回はっきり確かめられて良かったです。

エゾノコリンゴのすぐ近くで、針葉樹の枝先に赤いものがついていました。
todomatsu2-13/05/17
何だかすごく可愛くて、でもこんな赤いのがついたのを見るのは初めてです。

木は北海道に多いトドマツかエゾマツだろうと思ったのですが、
葉の形を見て、トドマツとわかりました。
todomatsu1-13/05/17
1つ1つの細い葉先が、鋭く尖らずに真ん中で少し凹んだような形です。
これがエゾマツだと、葉先が痛いほど鋭く尖るのです。

後で調べると、この赤いのはトドマツの雌花らしい、とわかりました。
sakamoto2-13/05/17
つまり、いずれ松ぼっくりになる赤ちゃんのような感じです。
手持ちの図鑑でトドマツを調べても、この状態の雌花が出ていなかったのですが、
インターネットで検索すると、同じような画像がいろいろ出てきました。
今は植物を調べるにも、本当に便利な時代です。

トドマツとエゾマツは、枝が上向きか下向きかという見分け方もあり、
トドマツは”天までとどけ”で上向きなのだと聞いたこともあります。
でも大きく育った木は、重みで枝が垂れ下がり、当てはまらない場合もあります。
結局、葉の形で見るのが見分けやすいようです。

その葉の形での見分け方は、学生時代、研究室の先生に教えてもらいました。
私は学生時代に研究室の植生調査で、北海道に3回来る機会があり、
その時に北海道の植物もいろいろ教えてもらったのです。
調査中は記録や標本作りなどに追われ、自分のメモをちゃんと取らずにいたけれど、
現場でじかに教えてもらったことは、記憶のどこかに引っかかっています。
北海道で花々を見ていると、ふとした時に「あ、これは見たことある?」なんて、
その記憶のかけらが蘇ることもあります。
このトドマツの葉の見分け方もそうですが、実は記憶自体はかなり曖昧で、
「どっちがどっちだっけ?」となり結局調べ直しています。
でもあらためて調べていると、また学生時代のような気分になって、
ワクワクして楽しいです(ただの植物オタクですが・・・)。
植物の調べ方など当時先生たちに教わったことは、今でも役に立っているし、
その当時はなかったインターネットも、今は旅先でも使えて本当に便利ですね。

ついでに色々思い出したので、ちょっと北海道の思い出話を書きます。
その北海道の調査、2回目は8月でちょうど夏休みだったので、
調査が終わったあとすぐに帰らず、別行動をさせてもらいました。
当時毎月札幌に出張していた父と待ち合わせて食事をした後、
札幌に下宿する友人宅に泊めてもらいました。
その友人は、前年に岩手県のユースホステルで知り合った女性で、
室蘭出身で、札幌のアパートに住んでいたのです。
その頃の私は、旅先で気が合った人とすぐアドレス交換して連絡を取り合い、
お互い遊びに行くなどよくしていました。
彼女も、小岩井農場など一緒に行って仲良くなった人で、その時は連絡して、
遠慮なく3泊させてもらいました。
私の高校時代の同級生が一人、北大に進学してやはり札幌に住んでいたので、
連絡を取って夜は3人で飲んだりもしました。
せっかく札幌に来たから〜とその同級生は、レンタカーを借りて、
支笏湖まで案内もしてくれました。
その時が、私が支笏湖を見た最初でした。

思えば学生時代は寮やアパート暮らしでお金もなく、スキーが大好きだった私も、
北海道スキーに行く余裕などありませんでした。
バイト代を貯めて、内地の安いスキーツアーに行くのが精一杯で、
一度友達に北海道スキーに誘われたけど、お金が足りず諦めていました。
就職してようやく少し余裕ができ、初めて北海道スキーに行けたのがニセコで、
あまりの雪の良さ、広々したゲレンデに感激して、時々行くようになりました。

結婚してから、スキーシーズン以外にも行ってみよう、ということになり、
初夏や秋などもニセコに行くようになりました。
豊かな自然、美味しい空気にすっかり心惹かれ、実は北海道も、
移住先として真剣に考えていました。
北海道、沖縄、バリ、その3つが夫婦で移住したいと思った土地で、
どこがいいかな〜なんていろいろ話していたんです。
北海道や沖縄では、売地や売家も見に行き、地元の人や移住した人に話を聞いたり、
私は就職試験も受けてみたりしたけど、結局決定に至るご縁がないままでした。
そうこうしているうちに、私はバリでガムランと運命の出会いをしてしまい、
他にもいろいろあって、バリに住むのがいいな!と心に決めました。
でも、北海道や沖縄に頻繁に行くうち知り合った人たちとは時々会いたいので、
こうして出かけた時、また会って話すのも楽しみです。

思い出話が長くなりました。
今回のニセコの話に戻ります。
帰る前にランチを食べた後、有島記念館の中にあるカフェで、お茶をしました。
arisima14/05/17
香り良いコーヒーだけでも良かったのに、ついモカソフトクリームを食べちゃいました。
これも美味しいんですが、この日は外気温が5℃くらいしかなくて、
館内は暖かいけど、外に出た途端体が冷え切ってしまいました。
あまりの冷えに耐えきれず、最後に寄った道の駅”ニセコビュープラザ”で、
なんかあったかいもの〜と、思わずコーンスープを買ってしまいました。
私は小さい頃からコーンスープって大好きなんですが、
この時買ったコーンスープ、熱々なだけでなく味も絶品でした。
やっぱりトウモロコシの本場、缶詰で作ったのとは違うな!と感激して、
また寒くなくてもリピートしたい!と思いながら、ニセコを後にしました。

さて、だらだらと思い出話を交えて長くなってしまいましたが、
今回の北海道編はこれでおしまいにします。
明日からまた、1月のバリ島編の続きに戻ります。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
関連記事

《北海道編》2日目③森林公園<2017年5月>

sinirnkouen5-13/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
2日目の土曜日午後、森林公園を散歩しました。
曇り空でフリースを着ても寒いほどでしたが、水辺にはぽわぽわと、
エゾノバッコヤナギの雄花が可愛く目立ちました。
※普通のバッコヤナギ(ヤマネコヤナギ)もよく似ていて見分けがつかないんですが、
とりあえず北海道なのでエゾノバッコヤナギ、ということにしてます。
”キツネヤナギ”というのも似てるんですが、バッコヤナギ(エゾノバッコヤナギ)だと、
新芽の葉が外側に巻くのだそうです。
写真で見ると、確かに新芽の葉のふちが、微妙に外側に巻いています。

エゾノバッコヤナギは雄木と雌木があることも、調べて後で知りました。
花の雰囲気が違うこちらは雌花、つまり雌木ということになります。
sinrinkouen8-13/05/17
受粉すると子房が大きくなり、また違った感じに見えるようです。

雌花はうぶ毛のような短い毛に覆われて、何となくふわっと白っぽく見えます。
sinrinkouen6-13/05/17
雄花と雌花が咲いて、まだ寒い水辺のヤナギにも春が来ています。

足元の枯れ草に、おや?と思う不思議な塊がありました。
カエルの卵でした。
sinrinkouen7-13/05/17
きっと、産卵した時はここもまだ雪解けの水たまりだったのでしょう。
周りの雪がとけ、水が引いてしまって、このままで大丈夫かな?と思いました。

枯れ枝の中に、散りかけの黄色い花が見えました。
sinrinkouen8-13/05/17
この特徴ある葉、たぶんフクジュソウと思います。
花が散ったところには、実ができかけていました。

今回、あちこちでちょうど桜が咲いていたのですが、森林公園でも、
エゾノヤマザクラが花盛りでした。
sinrinkouen1-13/05/17
まだ寒い曇り空の下でも、健気に精一杯開いていました。

桜の花と淡い新緑の向こうには、ニセコアンヌプリ山の山肌が
ちらりと見えています。
sinrinkouen2-13/05/17
まだ雪が残る山は、ほとんど雲に隠れていました。

この辺りは豪雪地帯で、10月末から5月初めくらいまで、すっぽり雪に覆われます。
木々の枝や幹も、雪の重みで折れたり、曲がってまた伸びたりしています。
sinrinkouen3-13/05/17
この桜の木も、ぐにゃっと曲がってまたそこから伸び上がり、
見事に花を咲かせているので、すごいなと思いました。

冷えた体を温めに、散歩の後コーヒーを飲みに行きました。
cake13/05/17
コーヒーも豆の種類で風味が違いますが、私は割と酸味があるのが好きです。
自家焙煎のコーヒーが何種類もあって選べるこの店で、
酸味があるタイプを選んだら、ガトーショコラにもよく合いました。

夕方遅くにまた温泉に行くと、ちょうど宿泊客の食事時間だったせいか、
浴場は空いていて、のんびり入ることができました。
戻ってきて、お待ちかねのサッポロクラシックビールと夕食です。
サラダやジンギスカンの他、”季節野菜の天ぷら”を頼んでみました。
tempura13/05/17
嬉しいことに山菜がいくつか入ってました。
山うど、こごみ、たらの芽、ふきのとう、それに行者にんにく、
ほろ苦い味と山の香りが、ビールによく合って最高でした。

明日は3日目、ニセコから帰る日のことを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!

 ※植物については、次の本とサイトを参考にしています。
   本:「新版 北海道の樹」辻井達一、梅沢俊、佐藤孝夫著 北海道大学図書刊行会
   サイト:秋田県の植物図鑑サイトより「ヤナギ楕円形葉《ヤナギ科》」
          http://mrkoma.fc2web.com/Gyanagioval.htm
      「木のぬくもり・森のぬくもり」より「ヤマネコヤナギ」
          http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-yamanekoyanagi.htm
関連記事

《北海道編》2日目②雪どけ<2017年5月>

snow2-13/05/17
こんにちは。今週は北海道編、先週末行ったニセコのことを書いています。
2日目、まずは午前中、1回目の温泉です。
山中の五色温泉も、駐車場の雪はもうすっかりなく、あちこちにフキノトウが
顔を出していました。

それでも、まだ山や谷にはかなり雪が残っています。
snow1-13/05/17
左側が五色温泉旅館の建物、右奥には展望台が見えます。

前日と違い、この日は温泉も空いていて、露天風呂ものんびり浸かれました。
お湯から上がって着替えていると、家族連れ(日本人)が数人入ってきて、
ちょうど入れ違いになり、いいタイミングで入れた感じでした。
温まった勢いで、展望台にもちょっと寄りました。
snow3-13/05/17
展望台への橋を渡ると、谷筋にたっぷり残った雪が間近に見えます。

木々も芽吹きかけていました。
snow4-13/05/17
この辺りでよく見かける、ミヤマハンノキと思います。

五色温泉はニセコアンヌプリ山(標高1,308m)の登山口の一つになっていて、
山の姿も間近に見えます。
snow5-13/05/17
山肌のダケカンバの木々が芽吹くには、あと少し時間がかかりそうです。

一方、麓まで降りるとダケカンバやカラマツなども既に芽吹き、淡い新緑がきれいです。
mt.annupuri13/05/17
草地のアキタブキもフキノトウの時期をとうにすぎて、
大きな葉を広げ始めていました。

五色温泉は標高750m、この写真を撮った辺り(ニセコ町曽我)は標高約300mです。
同じ日でも山と麓では全く違う風景が楽しめ、面白いです。
羊蹄山(標高1,898m)の山肌にも、まだかなり雪が残っていますが、
それでも例年よりは残雪が少ない気もします。
mt.yotei13/05/17
”蝦夷富士”とも呼ばれる美しい姿の羊蹄山、今回は残念ながら、
山頂はずっと雲の中で、全体の姿は見えませんでした。
この時が一番見えていたように思います。

いつものカフェでお昼を食べた後、森林公園を散歩しました。
森林の中を流れる小川は、雪どけ水で勢いが増しています。
water1-13/05/17
川のほとりにシラネアオイの花を見つけ、しゃがんで写真を撮っていると、
耳元で轟々と川音が鳴り、ドキドキしてしまうほどでした。

スキー場のゴンドラ乗り場近くも結構お花が咲く穴場で、
行ってみるとエゾリュウキンカ(ヤチブキ)が群れ咲いていました。
water2-13/05/17
冬の間山を覆っていた雪が緩み、雪どけ水となって勢いよく流れくだるこの時期、
北国の生命が少しずつあふれ出し、一気に春へと向かっていきます。

明日は、この日散歩した森林公園のことなどを書きます。
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
明日も良い一日でありますように!
 
 ※余計なお話ですが・・・。
  ここしばらく、文章の書き方を変え普通体で記事を書いてました。
  バリ島のガムランのこと、植物のことなどを書いているとどうしても文章が長くなってしまい、
  自分でうまくまとめられず、どうしよう〜なんて思った末、試してみたんです。
  でも実は、あまり考えず書くとつい今まで通りの文章になっていて、後から直したりしてました。
  やっぱり自分が自然に書ける方がいいかな〜と、ここでまた文章を元に戻しちゃいました。 
  また内容によって文体を変えることもあるかもしれませんが、気まぐれで失礼しました。
関連記事
プロフィール

里花

Author:里花
花々と緑あふれる大好きなバリ島に、17年ほど前から通い続けています。
神々への感謝と祈りとして芸能を捧げるこの島で、ここ数年の滞在中は伝統音楽ガムランの楽器グンデル・ワヤン(上写真)を習っています。
現在東京在住ですが、近いうちバリ島に住むつもりでいます。

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
☆お願い
素人写真ですが、写真の無断使用はご遠慮ください。 記事文を引用される場合は、引用元明記の上、なるべく当方へご連絡ください。 質問や不明点等ありましたら、お気軽にコメント欄でお問い合わせください。